訓練中、ブログ書くなら声がよい。iPhone音声入力→MacBookで編集→いい感じ

Macなど

スポンサーリンク

PC・スマホと人間、これらを直接つなげるもの。
それは手(指)です。

そこに入ってきた「声」。
「顔」認証ってものもありますね。

えーと、以下、音声入力について書いています。

タナカ
山梨県で税理士やってるタナカです。
キーボードから離れられると、場所を選ばなくなります。
ま、ヘンタイ扱いが怖くて、選ぶこともありますけどね。

 

 

某団の訓練中、ブログ作成に挑戦

昨晩、某グラウンドでの某訓練中、ブログ記事の作成をしてみました。
iPhoneをトランシーバーのように構え、コソコソっと音声入力です。

訓練終了は22時。
帰宅してブログを書き始めたら、日付が変わってしまいます。
(20時開始のその前に、書けなかったのです。。)

いつもはAndroidスマホを持って出かける訓練なのですが、そうそう睡眠時間を削っちゃたまらんと。
声でブログを書いてみようと、iPhone持って出かけたワケですね。

結果、我ながら、ナイスチョイスでした。

 

 

音声入力なら文書作成が気軽に。肩も凝らん

本当に気軽です。
iPhoneを支える片手、プラス声。
必要なのはこれらだけです。

ネタさえ浮かべば、記事作成はタッチタイピング。
音声入力なんて必要ないと思っていました。
でもそこで脳みそを硬くしてしまうと、キーボードが使える場所でしかブログが書けない。
ダメダメな思考です。

スマホでブログを書くなんて冗談じゃない。
フリック入力で1,000文字とか、指つるわ。
→いやいや、iPhoneなら声で入力できるじゃないか。

でございますよ。

そして実際やってみたら、なんてこったい。。
まるで、大空を自由に飛べる、翼を手に入れたようです。

(レッドブル、好きでも嫌いでもないです。)

 

 

 iPhoneメモ帳音声入力(下書き)→MacBookで編集

iPhoneとMacBook、メモ帳が同期しておりますので、メモ帳を使うことにしました。

Evernoteでもいいし、ワードプレスで直接編集してももちろん良いです。
Gmailに書いて、自分に送るのもアリですね。
(デスクトップPCとか、ノートPCで、編集するならですよ。)

起動が早く、ラク。
記事作成に集中しやすい気がする。
そんなワケで当面、iPhoneのメモ帳を使おうと考えておりますよ。

 

 

 iOS日本語音声入力。オンラインが条件

3Gでも、4Gでも、Wi-Fiでも、ネットにつながっていれば何でもオッケーです。
日本語で音声入力ができます。

(英語だけなぜかオフラインでもイケるようです。わたしの英語、認識された試しがございませんが。。)

多分、ではなくほぼ確実に、Appleが音声データを集めたい。
それで、こういう条件なのでしょう。
(書きつつ、何かの本に書いてあったことです。)

スマートスピーカーも、そうですもんね。
各社が音声データを集めたいから、まぁまぁ安く提供されていると。
安くないところもありますけれども。
(スマートスピーカーのネット記事で読んだのかな?)

ま、私のデータでよろしければですね。
いくらでもどうぞ、てなもんです。
こちらも、素晴らしい恩恵に預かっております。

キーボードカタカタやるより、しゃべってブログ書く。
なんて気持よく、記事作成できるんだ。

(ラクなの大好き。)

 

 

Androidクンは音声入力できないのか?

まぁ、できましたね。やっぱり。
アプリがありました。

↓その名も「Edivoice」。

しゃべる→文字が現れる までは遅め。
あらためて、iPhoneの音声入力の速さに感動します。

しかし、EdivoiceはEdivoiceで。
バックスペース(BS)とか、スペースキーとか、タップで入力できるのがいいですね。

そして、どう変換したものか、選択肢が出てくれるのはウレシイですよ。

いさぎよくて好印象。
背伸びしなくていいのですよ。

文章できたら「コピー」をタップして、ヨソ(メモ帳など他のアプリ)にペースト。

iPhoneに比べたら、ひと手間かかっちゃいますが。
でも、イイですね。
選択肢が増えることは。

 

 

あらためて「スマホ、すげぇ」

以上、音声入力大絶賛な記事でした。

なかなか書けないとき、「手」って動かないものです。
しかしなぜか「口」は動くもので。

とりあえず「何かしゃべってみようかしら!」と。
そんな感じなのかも知れません。

人の特性というか、クセというか。
ITによって引き出された(気付かされた)ような、そんな気がいたしましたよ。

 

【補足】

最後に自己擁護ですが、某訓練中のわたしの役割りは「片付け」。
待っているだけの時間があるのです。
待っているだけのときに、読書したり、ブログ書いたり。
誰も損しません。
ノープロブレムです。

 

編集後記

「くやしい」って思うこと、しょっちゅうです。
おいおい、昨日の続きをまだ書くか と…
えぇ、だって悔しいじゃないですか。。
でも、明るく悔しがろうと思うんです。
どうせ世の中、ままならないことばかり。
分からないし、難しいから、ウマく行ったとき嬉しいんじゃないですか。
明るく、前を向いて、泥にまみれてレッツゴー。

昨日の1日ひとつ
  • Flamingo(WPプラグイン)
  • 柳原可奈子さんのラジオ
  • AmazonMusicUnlimited(お試し)
  • ブログを8割音声入力で書く