MacBookProを自宅でもっと快適に。MagicKeyboard買うたった。

Macなど

スポンサーリンク

 

自宅でMacBookProをもっと快適にしたい。
そんなワケでマジックキーボードを購入です。

MacBookPro本体は台座で高くする。
猫背にならんぞなもし。

タナカ
山梨県で税理士やってるタナカです。
Apple製は高いけど、高いだけのことはあります。
安物買いの銭失いにはならない。
たぶんね。

 

 

Magic Keyboard(マジックキーボード)こんな感じ

↓小さい。ウスイ。軽い。そしてオシャレだ。なんとなく。

 

↓電源のつまみ。緑色が見える状態でONですよ。
(写真はキーボードカバーが乗っかっている。)

 

↓マジックキーボードの向こう側。この穴にライトニングケーブルをさして、ペアリング・充電 を行う。

 

↓MacBookProのキーボードとの比較。MagicKeyboardがデカく見えるのは、マジックキーボードのほうが手前にあるからだね。

 

MacBookとMagicKeyboardのペアリング

ライトニングケーブルで繋ぐだけ。
いや、繋ぐだけは言い過ぎでした。

繋いで、マジックキーボードの電源はON。
そして↓これ。

Apple メニュー >「システム環境設定」の順に選択し、「Bluetooth」をクリックして、Bluetooth の環境設定ウインドウを開きます。デバイスが Mac とペアリングされている場合は、デバイスのリストに表示されます。

Appleのサイトから抜粋。
これで、ライトニングケーブル抜いてOKっす。

 

 

Magic Keyboardでホントに快適?

残念ながら、残念なことがありマース。

トラックパッドが遠くなっちゃった。。
そらそーだ。
MacBookProが遠くなったんだから。

MacBookはやっぱスゴくて、キーボード叩きつつ、ちょっと指伸ばせばトラックバッド。
いい場所にあるんすよ。

台座に乗せて、MacBookProのディスプレイが高くなって。
猫背になりようがなくなって。
キーボード叩いているときは文句ナシ。

トラックパッドをわざわざ単体で買うとか、ありえなくね?
なーんて思ってたけど、そんなことはねぇです。

マジックトラックパッド、欲しくなっちゃうな。。
(1万3千円…)

 

 

アイテムはコチラ

↓マジックキーボード。2015年から新しくなっていないのですね。

「ワイヤレスキーボード」(←という商品名。Apple製)だと半値以下で買える。
だけど、充電式ということでマジックキーボードをチョイス。
ワイヤレスキーボードは電池が必要っす。

 

↓台座はコチラ。

底にゴム足。4つ付いています。
当たり外れがあるようで、ワタシのは少々ガタつく。。
4つのゴムが平らな面にフィットしていない状態。

トラックパッドの手前側、MacBookを支えるところ。ここにもゴムが2つ。
開封したらMacBookProを支えるゴムが外れてましたよ。。
ま、両面テープだし、グッと押し付けて再接着で使ってます。

2017年のサイバーマンデーで買ったものだし、まぁOKっす。
値段で納得しておく。

 

↓買ったキーボードカバーはエレコムね。

編集後記

「恋は雨上がりのように」を昨晩から見てます。
原作は人気のようで古本でも安くない。
プライムビデオで見れるので、それで。
素朴なストーリーだけど、オッサン心にキュンキュン来てます。

昨日の1日ひとつ

本日のもうひとつの記事に。)