ストレス解消から「ひとり仕事の健康管理」へ。+[十人十色のひとり税理士という生き方]の健康管理

独立

スポンサーリンク

 

健康診断、おそらく十数年ぶりに2年連続で減量してました。
体重がすべてではないけど、客観的な目安にはなる。

健康管理は思い込みでなく、客観的にいきたいものですな!
(カッコよく書くとね。)

でも今回はそういう話しではナイ。。

タナカ
山梨県で税理士やってるタナカです。
猛暑・極寒関係なく運動できるスポクラ。
ワタシには一番合っています。

 

 

運動はストレス解消(サラリーマン時代)

ですです。
今でも発散の手段。

雇われていた頃、そりゃーもう筆舌につくし難いことがありましたね。
ボス(税理士)にヒドイこと言われたり。
残業なしの話しが1週間でホゴにされたり。
お局様のイビリもあったり。
(まぁワタシも悪いのですが。)

そういう時、救ってくれたのは運動でした。
そのうち、ウォーキングマシン、バイクマシンで税理士試験の理論暗記を始めたり。

この時代「仕事に穴をあけたらどうする?」という思いはありません。
健康管理は自分の「心」のために必要でした。
小さな事務所でしたけど、誰かが休んでも何とかなりましたし。
(マンパワーで。。)

 

 

体調管理と自己管理(フリーランスの今)

やってることは変わりなし。
「バイクマシン中は難しい本でも捗(はかど)る」
「だから本を読む」
のも変わらず。

変わったのはストレス解消が第1の目的でなくなったこと。

腹を出さないように。
少しでも外見を若く保つように。
足腰弱くならないように。

こんなところが目的です。
健康管理はもちろん、自身が看板ですから。

運動が風邪とかの予防になるかは分からないので、人が多いところはマスク。

うーん。
なにか「これぞ!」なところを紹介できればヨカッタ。。
スマセン。

 

 

十人十色の税理士の本にも

まだ読んでおりまして。
(おそ…)

で。
↓コチラの著者(税理士)の多くが書いている健康管理。

仕事や勉強以外で外に出る機会にもなりますね。
運動って。

著者たちがどういったスタンスで体を動かすことにしているのか。
健康管理視点から見ても勉強になります。

で、余談。
大蔵財務協会さん、本がでかいので電子版を出してくれ。。
(買い替えるから!)

 

 

ジムスタッフと仲良くなるのヤメタ(おまけ)

新卒入社した会社は横浜市にありました。
(退社後は品川に移転。)

その当時通っていたスポーツクラブは、現在のメガロス近くの小さいところ。
そこでジムスタッフと仲良くなりすぎました。

人と仲良くなるのはイイこと。
悪いことじゃーありません。
器具の使い方を教えてもらう、ちょっとしたメニューの提案をしてもらうなど。
メリットもあります。

しかし。。
今は「サッと運動」「サッと帰宅」したい。

話し出すとついつい長くなりがちです。
向こう(スタッフ)もシンドくなることもあるでしょうし。

ドライすぎるかも知れませんが、目的もって行くようにしています。
(カッコよく書けばね!)

 

↓客観的かつ気軽に管理するならコレ。
Renpho体重・体組成計で丸裸にされてみよう。

編集後記

ヤ○ダ電機ヤフー店。商品の発送が遅いとコメントがたくさん。
それを承知で「マイクラSwitch版」(しかも「取り寄せ商品」)を注文しましたが、割とすぐ届きました。
遅いケースもあるのでしょうが分からんものです。
百聞は一見に如かず。されど一見は一見にすぎず。

昨日の1日ひとつ

  • ドラマ「重版出来!」
  • ダイヤのA act2(12)