地方フリーランスの上京にプラスアルファ。違和感から行動を開始しよう。

独立

スポンサーリンク

 

「おや?」と感じたら、感じた原因を考えてみましょう。
新しい道が見えるハズです。
(たぶん。)

 

違和感を感じたら原因をさぐる

違和感を感じたら、そう感じた原因を探ってみましょう。
探った結果、↓こんな風になるかと思うのです。

  • 原因がわかる
  • 解決策が浮かぶ
  • 新たなアイデアが浮かぶ
  • ブログのネタになる

近づいては行けない「モノ」「人」 も見えてきます。
こういう仕事の受け方はイカンなと、反省もできたり。

 

 

仕事の依頼。イワカン。。

仕事の依頼は嬉しいものでございます。
そりゃそうです。
フリーランスにとって生き死にがかかった話しですから。

で。
1月の終わりに数日、仕事の依頼をいただきました。
と言いたいところですが、仮の予定です。
つまり未定。
お笑い芸人さんでいうところの、「バラシ」(=キャンセル)の可能性があるわけですね。

仮の予定でカレンダーが埋められ、決まるまでの間、他に依頼があっても断らねばなりません。
これはストレス。。
「ストレスどころか、ヤバイでしょ」って話しです。
こんな当たり前のことに、ワタシはすぐ気づけませんでした。

ハイ分かりました、と、OKをしてしまい、

「なんだ? このイヤな感じ?」

となる。
そうなって原因を考えました。

まぁさすがに… スグに気づくことが出来ましたが。。
違和感を放っておくと、それが単純なことでも、気づけなかったりするかも知れません。

 

 

ベストセラーを読んじゃダメなの?

“ベストセラーを読んでいるようでは、人との違いは作れない”

ある人にズバーンと言われました。
なるほど。。
確かにそうかも…。
(いや、そうなのでしょう。)

じゃあどうやって本を選ぼうか。。
と考えてみました。
考えてみると、新たな視点が見えてくるもので。

「あれ? ベストセラーのビジネス書を読んで、書いてあることを実行に移す人、どれくらい居る? あんま居なさそうじゃない?」

と思えてきました。
まぁ、これもよく言われているような答えですが、自分で「答え」(というかある種の結論)に到達することが大事なのです。

これまでどおりビジネス書ベストセラーは読む。
1つでいいから実行にうつす!

今まで行動できていなかったら、ずいぶんな進歩じゃございませんか。

 

 

東京はタイクツ?

半年ぶりに都内でセミナー受講してきました。

唐突ですが、地方に住む者にとって、都内開催のセミナーのネックとなるのは移動です。
セミナー受講のお金以外に交通費がかかるし、移動の時間もかかる。
チョイチョイ都内へ行く人であれば、いまさら観光もナイですよねえ。。

と、そんな風に思い込んでいるうちは何も見えてきません。
たとえば「○○駅 博物館」で検索すれば、けっこう発見があります。

セミナーの他に観光も楽しめる。
もしかしたら仕事につながるような発見もあるかも知れません。

 

以上、ちょっとしたことではありますが。
まったく新しいアイデアを出すのは難してくてもですね。
違和感の原因を探ることは、多くの場合それほど難しくないのではないかと。

放ったらかしにせず、探り、考えてみてはいかがでしょう。

 

1年数か月ぶりの八丁堀の景色。
AIカメラ(nova3)スゲー。
観光のタマモノです。

 

昨日記

昨日はひさびさ都内でセミナー受講。
先月の旅行がなぜ楽しかったのか考え、セミナー前に茅場町と八丁堀を探索しました。
いつもならラーメン屋か、カフェで暇つぶしか。
福岡が楽しくて、東京が楽しくないワケなかったです。

昨日の1日ひとつ

  • コワーキングスペース茅場町
  • 警察博物館
  • 兜町・茅場町まちかど展示館