よってけし!山梨県中央市タナカジムショ

ニガテを “半分、強い” に。山梨県中央市の税理士

iPhone(iOS)初心者は、iPhone芸人に学べ。スゴいiPhone・スゴイかじがや。

time 2018/05/04

iPhone(iOS)初心者は、iPhone芸人に学べ。スゴいiPhone・スゴイかじがや。

スポンサーリンク

買って3か月経ったiPhone8。
電話とSMSを一番つかっているという、ガラケーと変わらない使い方になっています。。

しかし!
iPhone芸人のおかげで、光明が見えてきました。

タナカ
山梨県で税理士やってるタナカです。
情けない書き出しですが、iPhoneで悩んでいるのは、わたしだけではないハズ。
iPhone芸人にお世話になってはいかがでしょう。

 

 

iOS初心者こそiPhone芸人に学ぼう

アメトーークiPhone芸人でおなじみの、かじがや卓哉さんの本。
かじがやさんは税理士でもあります。

発売当初は Kindle Unlimited 読み放題対象ではなかったですが、2018.5.4現在は読み放題対象になっています。

iPhone8をゲットして3か月が経過したわたし。
もっぱら上記の使い方と、株価しか見ておりませんで。。
(もうひとつ書いておくと、液晶の美しさに感動するくらい。)

しかし、そこへ救世主。
「スゴイiPhone」です。
iOS11使いかた系のムック本は数あれど、断トツで使える本が「スゴいiPhone」。

使えるテクニックを中心に解説してくれています。
「使える」からこそ、おもしろくなってきます。

他の本では、苦痛な勉強をしているみたいで、続かなかったわたしでも。。
(TVショッピングみたいですが。)

ここへ来てようやく、iPhone8が使えるようになりそうな気配。
いや、なります!
(たぶん。)

 

 

メール返信は音声入力で

スマホで文章作成が苦手です。
フリック入力なんてホント遅くて、ミスタップしながらでも、QWERTY配列でタップした方が速い始末。
メール返信も、スマホではおっくうです。

で、3か月も持っていて気づかなかったのですが。。
iPhoneなら、文字入力できる場面ならどこでも、音声で入力できるんですね。

Android版Gmailアプリはマイクボタン(音声入力)が無いのに、iOS版はマイクボタンがあるじゃないですか。。
認識も変換も、ほぼカンペキ。

Androidでもやり方はあるのでしょうが、どこにでもマイクボタンが出現するのがiOS。
モーレツに感動しております。

空いていれば、電車・バスからでも、ブログアップできるかも。

 

日本語音声入力は、オフラインNG

日本語で音声入力したいなら、オフラインはNGです。
英語なら、オフラインでもOK。

日本語入力は、4G・Wi-Fi問わず、オンラインである必要ありです。

かなり古いiOSだと、両方ダメだった気が。
初代のiPad miniもっていましたが、使えなかったので自信ナシですスミマセン。。

 

読書メモも音声で

場所を選びますが、本を読む→メモをとる とき。
音声入力が、スゴく楽です。
「メモ」アプリはもちろん、Evernoteも音声入力で。

こんな素晴らしい文明の機器をもっていながら、何をやっていたのか。。
悔い改めます。

 

 

読み上げ機能がスゴイ

ちょこっと設定すれば、iOSの読み上げ機能が使えます。

  1. 「設定」アプリ起動
  2. 「一般」をタップ
  3. 「スピーチ」をタップ
  4. 「画面読み上げ」をON

あとは、読ませたい画面を開いて、2本指で画面の上から下へスワイプ。
→読み上げてくれます。

Y!ブックストアの本は、どうもうまく読んでくれませんが。。
(Kindle未テスト。ごめんなさい。。)

メールやWebの文字は、十分聞けるレベルで読み上げてくれました。

 

 

メモアプリの「書類をスキャン」がヤバい

「メモ」アプリ、どうなってんすか。。
音声入力が使えるのは、上で書いたとおり。
ほかにも、スキャン機能が素晴らしいです。

フリックやQWERTY入力のすぐ上に出てくる、「○で囲った+」ボタンで書類のスキャンができます。
(環境依存文字ですが、これ→⊕)

  1. 「○で囲った+」をタップ
  2. 「書類をスキャン」をタップ
  3. ファインダーに合わせて撮影ボタンをタップ

→斜めに撮影してしまっても、補正して、きれいな長方形にできます。

Office Lensよりもキレイです。
文字がよみやすい。
(Office Lens、要らないのでアンインストールしました。)

Apple製品だけ使うなら、Lensどころか、Evernoteも要らないかも。。

 

 

さいごに

ホームボタンを押し込むのではなく、ホームボタンのダブルタップ→画面が下寄り になるとか。
「感覚でつかえる」が売りのiOSですが、教えてもらわないと分からないことも満載ですのでね。

読んで、使えるようになりましょう。

編集後記

実を言いますと、税理士試験をサボっていた時代に、ドラゴンスピーチ(音声入力ソフト)を買いました。
買って放置という、いちばんアホなパターンです。
(試験勉強の一環で、理論暗記に使おうとしたのですが。。)
買ったソフトを放置し、iOSの標準機能で、音声入力の威力を実感したのでした。

昨日の一日一新
  • スゴいiPhone
サービスメニュー

書いている人

田中雅樹

田中雅樹

山梨県中央市の税理士・相続診断士。 ブログ毎日更新。 中央市商工会会員。 中央市消防団団員。 [詳細]

最近のコメント