Evernote挫折経験者は「タグ」付けから始めてはいかがか?

Macなど

スポンサーリンク

Evernoteプレミアム、40%オフのセールで始めました。
ずっと無料プランで使ってきましたが、整理のしかた、ノートブックとノートの違いなど、さっぱりなまま。。

そんな視点から、まずは一番のキホンと思われる、ノート整理のしかたを書きます。

タナカ
山梨県で税理士やってるタナカです。
どうせなら手持ちの パソコン2台・タブレット2台・スマホ1台(計5台。無料版は2台まで。)で使いたい。
プレミアムだけの機能もありますし、“ちゃんとやろう”の投資です。

 

 

ノートの整理

まずは「タグ」でごまかそう

「新規ノート」でノートを作成すると、そのノートがデフォルトで格納される「最初のノートブック」。
初心者はここにノートが溜まりガチです。
わたしもそのクチで、実に230ものノートが並んでいました。。
(名前変更しなければ「最初のノートブック」に溜まります。)

ノートに「タグ」を付けると、とりあえず整理できます。
ノートを1つ選択して、Windowsなら「ctrl + alt + T」でタグ付け。

スマホやタブレットなら、
↓こんな感じの絵をタップすることで、タグ付けが行えます。

↓整理されて探しやすくなりました。

 

複数のノートをまとめる「マージ」

  1. 複数のノートを選択して、
    (「ctrl + クリック」または「クリック → shift + クリック)
  2. ↓「マージ」をクリックします。

で、複数のファイルが一つのファイルに。
選択対象となった元のファイルは削除されます。

「マージ」ではなく「ノートブックへ移動」をクリックすると、選択したノートが一気に他のノートブックに移動できます。
ノートブックで仕分けするほうが、なんとなく気持ちはいいですね。

 

無料版→スマホは「writenote」

Evernote無料版は、1人2つまでインストール可能です。

貴重な「2」のワクは、パソコンやタブレットにまわす。
そして、スマホはメモ専用と割り切れるなら、「writenote」アプリがおススメです。

出先で浮かんだアイデアの忘れどめなど、とりあえずwritenoteへメモ。
帰宅後、パソコンのEvernoteで整理。

溜めこまないよう、習慣づけしましょう。
(ほぼ自分に言っています…)

タナカ
iPhoneだと「FastEver2」(480円)がいいのでしょうか。
(持っていないので不勉強です。)

 

 

メモをめぐる者の悩み

Evernoteは覚えるまでの時間がもったいない。
じゃあ紙のノートにしよう。
→書いた後の整理がつかない。。

じゃあやっぱりEvernoteか。
しょっちゅう見直すわけではないので、整理に時間かけるのも違うような。
でも思い出したいからメモを見たい。
でも見つからない。

どうしたもんでしょう、、となります。

Evernoteをバリバリ使いこなしている人からすれば、まったく理解できない悩みでしょうね。
しかし、最初がとにかくメンドクサイのです。

ノート?ノートブック?(→が分からないのに)
ノートの新規作成?ノートブックの新規作成?
ウェブクリッパーのスクショは便利だけどノートが増える…

そんな状況。しかし、、

とりあえずタグからやってみた→光明

タグです。
タグを付けてみました。
(Evernoteの書籍から、そこだけひろって試しました。)

「おぉ!これだけで探しやすくなったぞ!」
と、ちょっと感動。
(いつの人間でしょうか。。笑)

その後はヘルプで「複数のノート」→「1つのノート」にまとめる方法を知り、
「マージ」ボタンの下にある「ノートブックへ移動」ボタンで、ノートブックに整理する方法が分かり。

いまさらEvernote。
しかもこんな基礎的なブログはどうなの?
と、思ったのですが、これまで恥ずかしくてEvernoteを避けてきた方、わたしだけではないはずです。

パソコンでもスマホでも、支持を集めているEvernote。
気になっている方は、まず「タグ」から始めてみましょう。
٩( ”ω” )و

 

編集後記

Huaweiのタブレットを充電する間、Fire(HD8)で電子書籍を。
ついでにEvernoteをインストールしました。
人生半分に達しただろうという今、基本の大事さをあらためて感じております。

昨日の一日一新
  • Mediapad M3 Lite でEvernote
  • Evernoteの名刺スキャン