Kindle Unlimitedの使い方。おススメ対象は大人。勉強に使う!

勉強法

スポンサーリンク

また、やってしまいました。。

以前、無料で相談に応じた人からの電話。
こちらの番号だけ一方的に教えていたので、発信元がわかならいまま出る。
結果、5分ほどとは言え、また無料です。

大人だったら(ましてや経営者だったら)自分で勉強。
人から時間だけ奪うようなことしちゃイカンです!

タナカ
山梨県で税理士やってるタナカです。
電話対応は顧問契約の場合だけ。
プラス、出られないことが結構あるという前提で、やらせてもらっています。

 

 

Kindle Unlimitedでキホンを学ぶ

約1か月ぶりに、Kindle Unlimited を始めました。
少し前に書きましたが、Windows10・Microsoft Word 2016 の勉強をするためです。
(Excelは紙の本を最近買いました。)

これらについて手取り足取り教えてくれるのは、山梨県内だとパソコンスクールでしょうか。
(都内であれば Excelセミナー というものもあるのでしょうが、地方ではパソスクくらいでしょう。)

わたしの場合、いちおう、Windowsとの付き合いは長いです。
Wordについては、感覚だけで、長く付き合ってきました。
(^_^;)

分かっている部分は省きたい&お金の問題で、パソコンスクールは選択肢にありません。

不明点が明確になっていれば、Googleなどで検索してもいいでしょう。
しかし、網羅的に学びたいなら「本」。
(分からないところがワカラナイ場合も、本がいいですね。)

網羅的といっても、例えばパソコンで音楽を聞かないなら、Windows10の本の該当部分は読みとばす。
それで良いのです。

 

Kindle Unlimited じゃなく、買ったっていい

「本は紙でないとダメ!」という食わず嫌い、もったいないです。
と書きつつも、紙の本を買って学ぶことにケチをつけたいワケではありません。
まったく問題ナシです。

2,000円くらい出す!
そして、その本に書いてあることを自身のものにする。
安いものです。

もしダメな本をつかんでしまっても、「パソコンスクール失敗した!」「つまんねぇセミナーに出てしまった!」なんてことになるよりは。。
失敗しても、投資額が少ない分、あきらめがつくのも良いところです。

と同時に、『人が直接教えてくれるモノにはお金がかかる』という常識も知っておくべきでしょう。
(自分で読み解くより教えてもらう方が楽 → 高いのは普通です。質問だってできます。)

 

 

手続きを知りたいならネット

株式会社(合同会社)をつくりたい、個人事業主として仕事をはじめたい。
が、何をしたらいいか分からない。。

であれば、インターネット。
調べればワンサカ出てきます。

税務署や地方公共団体にする手続きであれば、ネットでガセネタをつかむことはないでしょう。
本当に便利な時代です。

電話する・直接訪ねる のもアリです。
税務署は、税理士には冷たいですが、税理士以外の納税者には優しいです(笑)
(二度手間になる可能性があるので、事前に調べたほうがいいケースがほとんどかと思いますが。)

電話で聞きたいなら、お役所に電話すべきでしょう。

 

自分で調べるのが普通、だと思っていると…

このブログを読んでいただいている皆さまからすれば、「ふつうはネットで調べるでしょ?」とお考えになるかと。
当たりまえのことばり書くなよ、と。
(^_^;)

普段からネットをつかっているから、ブログだって読むことはある。
わたしもそうです。

「当たりまえ」と思った方は、今後も自身で調べ、自身で学びましょう(キホン的には)。
それが大人です。
(その方が自分のものになりますし。)

 

しかし、、

そうでない方には通用しない話しで、冒頭のようなことが起こります。
(ブログに書いても、読んでもらえません。。)

だからと言って、知らない人が最強なんてことはありません(ないハズです)。

いつでもどこでも教えてくれる人なら、ずっと甘えていてもやっていけるのかも知れませんが。。
(通常、そのような「人」には、お金を支払うハズです。)

パソコン(スマホ)が使える、ネットが使える、だけで、かなり戦えます。
「使える」皆さんは、自分の力で戦いましょう。

腕前も上がります。
٩( ”ω” )و

 

 

執筆後記

新iPhoneが発表されましたね。
興味はあるのですが、買えません。。
好きな人は8を買う。→すぐXを買う?
「つかいこなしている芸人」の、かじがやさんの動向が気になります。

昨日の一日一新
  • PC版LINE