予習は大事-福岡で感じたこと-/予習がムリでも挑戦-PythonBootCampで感じたこと-

勉強法

スポンサーリンク

 

授業前(講義前)に予習しておくと理解が深まる。
そりゃそうです。しないよりは。

予習がムリな新たな挑戦は。。
周りの目は気にせず、自分がやりたいかどうかで決めましょうぜ!

[speech_bubble type=”fb” subtype=”L1″ icon=”ORE.png” name=”タナカ”]山梨県で税理士やってるタナカです。
手数、出してますか?[/speech_bubble]

 

予習ナシで福岡へ

交通手段の手配、ホテルの手配、などなど。
必要最低限の準備のみで初めての福岡へ。
2018年11月の3連休中、最初の2日間です。

イイワケは山ほどありますが、見知らぬ土地と、この秋一番の寒さ(福岡の)にやられ、グッタリ。
(トドメを刺したのは暴飲暴食ですが。。)
到着してから観光地を調べる体力が残りませんでした。

同行者の予定に9割がた乗っかり、ある程度観光を楽しむことはできたものの。
限られた時間を思いっきり使うには、予習は欠かせないです。

 

 

勉強も予習で濃さがUP

教師だとか講師だとか、教えてくれる人(しゃべる人)がいるなら聞く前に予習すべきです。

手元の資料(教科書など)に何が書いてあるか。
ある程度わかっていれば、話しに集中できますから。

この場合の予習はサッと目をとおす程度でOK。
ぜんぜん違いますよ。

 

 

『Python Boot Camp in 山梨』

準備すらできていない状態で参加したPythonのセミナー。
↓この記事の中でちょこっと書きました。

【過去記事】
freeeという税理士ウケしないものを使って得したこと・感じたこと。

事前インストールなど、主催側からの連絡をもらっていました。
が、中途半端にしか準備ができておらず。。

リフレッシュ。恥をかいて初心あらた

予習したつもりが出来ていなかった。
予習したくても出来ない。
そういうこと(モノ)もあります。

「出来ない」ケースについては、それはそれで。
恥をかいてしまうこともあるかも知れませんが、まぁ恥をかきながら覚えたらOKです。

Python Boot Camp は、参加者の半分は理系大学生(山梨大の)。
若者たちの中で、ワタシはかなりダメな中年オジサン状態でしたが。。
ありがたいことに、講師以外に、サポート専門の方がいました。
(他の参加者のジャマにならない程度、スキあらば教えてもらいました。)

講師も、サポートの方も、ダメ受講者を白い目で見たりしません。
恥ずかしいという感情は、まぁだいたい本人しか感じないものですから。

 

 

編集後記

プライドって何でしょう。
捨てるor持っておく の2択なら、捨てたほうが良さそう。
「プロとしての」「譲れない」が頭に付くと変わってきそうですが、間違えると損しますし、カッコ悪いなぁと。
気をつけます。

昨日の1日ひとつ

  • 地球の走り方 ~世界ラリー応援宣言~
  • 義風堂々 月語り