PHP7.1へバージョンアップ。+高速化プラグインでWordPressを軽やかに。

Wordpressブログ

スポンサーリンク

 

WordPress、「重い」と言われています。

特に本日(2018.4.26)は、さくらインターネットが行う作業とのダブルパンチ。

どうせトラブルに見舞われているならと、若干リスクがある、PHPのバージョンアップを行うことにしました。

タナカ
山梨県で税理士やってるタナカです。
この日のさくらインターネットは、PHPどころじゃないようですが。
まぁそれはさて置き、打てる手は打っておきましょう。
何かあったら、それはそれで。
レベルアップのチャンスです。

 

 

PHP7.1にバージョンアップ

できました。
とくにトラブルもなく。

7.1は、2017年1月か2月にリリースされています。
わたしがまったく知らなかっただけで、新しさのない情報でございます。

どれくらい軽くなりますか。
期待です。

以下、事前準備→バージョンアップの手順 です。

 

 

PHP7.1にする前に、プラグインを最新バージョンにする

PHP7.1は、基本的には悪さをする要素はありません。

トラブルが起こるとすれば、古いバージョンのプラグインです。

PHP7.1へのバージョンアップ前に、WordPressのバージョン・プラグイン全部のバージョン を最新版にしましょう。

 

 

PHP7.1へのバージョンアップ手順(さくらインターネット)

コントロールパネル左側のメニュー。
そのメニューの中にある「PHPのバージョン選択」をクリックします。

 

↓注意事項です。

何かあっても、ユーザーの責任です。
(よろしくお願いします。)

↓PHP7.1を選択し、右側の「変更」ボタンをクリックします。

これで終わりです。
非常にカンタン。

サイトが正常に開いてくれるか、確認してみましょう。

 

 

高速化のプラグイン

「BJ Lazy Load」と「WP Fastest Cache」というプラグインを導入しました。
速度(数値)は計っておりませんが、体感できるほど軽くなってます。

両方とも、少々設定が難しいです。
具体的な手順を書いてくれているサイトがありますので、ググってみていただければと。

 

 

余談コーナー

本編がカンタンに終わりすぎましたので、サイズ調整の余談です。。

 

さくらインターネット重たし。頁ビュー半分(2018.4.26)

SSLがらみで、本日作業が入ったようです。
13時半には作業完了したようですが、その後、30秒は待たないとブログが開かず。

PHP7.1へのバージョンアップは、まったく体感できません。
それどころか、いつもより重い状態。

頁見数は、いつもの半分です。
待たせるサイトなんて、わたしだってイヤです。。

 

PHPをめぐるナゼ

PHPは、バージョン5リリースのあと、バージョン7がリリースされています。
「6」飛ばしです。

5→7 まで、11年の間があること。
(5→7の11年というのは、メジャーバージョンアップです。マイナーではなく。)
大幅に機能改善されたことが理由のようです。

次に。
わたしがWordPressでブログを書き始めたのが、2016年9月。
このとき、既にバージョン7がリリースされています。

さくらインターネットが推奨しているのも、バージョン7。
(最新は7.1ですが、推奨は7。)

本日15時までずっと、バージョン5.6を使っていました。
時間を経て「7」が推奨になった、ということなのでしょうか。

経緯はともかくとしまして、ただでさえ重いと言われるWordPressです。

PHP7.1にすることで改善する(軽くなる)なら、一考の余地はありましょう。

 

編集後記

2月に注文したZOZO SUIT。
いよいよやってくるようです!
うれしい!
すこしはスーツ(特に上着)が似合うようになると良いのですが。。
ほとんど着ないですけど。

昨日の一日一新
  • あずき甘納豆チョコ
  • KISSジーンシモンズのME Inc