『ルールを超える反則会議』おススメしません

読んだビジネス書など

スポンサーリンク

ソニーの電子書籍ストアで、ポイントの時効がもったいないので、こちらの本を買ってみました。
感想は「つまらん…」。

たまにはおススメしない本をブログにしてみよう、と思って書き始めました。
が、書き出してみると、人生を楽しむ3人の姿勢が。

おススメはしませんが、安いので、時効寸前のポイント消化にはいいかも。

タナカ
山梨県で税理士やってるタナカです。
楽しんで、名が売れて、仕事になって。
とはなかなか行かないでしょうが、入口の「楽しむ」が大事なんでしょうね。

 

 

ゲームができるやつは経営もできる

ただし、ドラクエ(10除く)など、考えなくても出来るゲームはダメだそうです。
(二重否定で分かりにくいですが、ドラクエ10・FF11など、人間味が出るゲームは3人とも好きみたいです。)

なかなか刺激的な始まり方をする3人の対談。
「“ゲームは頭良くなるし、どんどんやってみよう”って思って良いのかな?」って。。
期待はふくらみましたが、よく分からないまま終わりました。

 

 

ブラウザ三国志はクソゲー

「ブラウザ三国志for mixi」、税理士試験(消費税法)そっちのけでハマったものです。

この本のなかで、“あんなのホントにクソゲー(笑)”というくだりがありまして(笑)
ハマったわたしはクソゲーなんて思ったことなかったのですが、言われてみると、手抜きゲーではあるのかなと思いました。

自由度と対人戦のバランスが結果良かった、という感じのゲーム。
プレイヤーの賢さが試されるゲームでした。

 

<余談>記憶に残るあの人

わたしの記憶に一番残っているプレイヤーは「空白」さん。
当時(2010年くらい)彼はブログもやっていました。

手法も公開していて、つっこんだお金は25万円。
→『お金かけないとダメな仕様だから』

PC前に張り付きっぱなしなんでしょ?の 2ちゃんねる 書きこみには、
→『仕事中はやらない。夜は寝ている』

ゲームをキッチリ分析して、トッププレイヤーになった方でした。
かつ、最強グループ(同盟)の盟主でもあり。

その期が終了すると、翌期は武将カードをすべて売却→引退。

見せかたも上手い、「天才かよ!」と言いたくなる人でしたね。

 

 

鬼才ゲーマーを拾い上げたい

今でこそ国内にも存在するプロゲーマー。
この本の出版が2013年なので、出始めたころですね。

世間の普通につぶされないうちに、我々が拾っていきましょう!
って話しです。

ゲームばかりやっていたら、普通は親が止めます。
ゲームの世界で有名になれば、周囲のやっかみが始まるでしょうし。

なかなか変わったことできない世の中ですからね。

 

 

秀才3人の会話についていけない凡才

“ミニッツブック33min”ということで、あっという間に完読。

深い話しはけっきょく出てこず。
トークショーの文字起こしですし、まぁこんなもんなのかな といったところでしょうか。

「ゲームできるやつは~」は、めちゃくちゃ引き込まれる始まり方なのに。
ほとんど、“あはははは” みたいに、笑って終わるのが残念でした。

が。
それはわたしが遅れているからで、この3人が先を行っているからなのです。
(きっと。)

 

好きだからやる。飽きたからやめる。(川上氏)

川上さんは、この対談のちょっと前、ジブリに入社。

“ジブリではペーペー。まったく使い物にならない”
という風に、ネット記事に書かれていたのを思い出しました。

ご本人にしてみれば、やってみたいからやった というだけで。
成功を捨てる→チャレンジ→失敗 をまったく怖がらないんだなぁと。

それに比べ、成功も何もないわたしが何を守る必要があるのかと。
恥ずかしいっすね。

 

好きだからゲームします。(浜村氏)

ドラクエ・FF など、メジャーどころは意見を求められるからやる。
自分の好きなゲームも遊ぶ。
時間がかかるゲームも遊ぶ。

そうは言っても、普通は、なかなかそうも出来ないものだと思います。

→「普通は」に囚(とら)われない浜田さんを感じました。
(;´Д`A “`

 

編集後記

ヘビースモーカーの方に「タバコくさいっすね」と言ったら、『こいつムカつくよね』と周囲の人に。
イナカ文化と申しましょうか、地方は依然として、非喫煙者がガマンするのが当たり前という風潮があります。
(AI社会より先になりそうだなぁ。。)

昨日の一日一新
  • ホリデイスポーツ甲府退会手続き
  • かさこマガジン8