「起業1年目の教科書」はマニュアルじゃない。1年生への提案書だ!

読んだビジネス書など

スポンサーリンク

ラボこうふの交流会の題材で、読みたくなった「起業1年目の教科書」。
サクサク読めて、スッと頭に入ってきます。

起業したてが上手くいっている人のマネをしても、残念ながら同じようにはなりません。
この本には、「じゃあ、こうマネしてみよう」「こうプラスしてみよう」というヒントがあります。

タナカ
山梨県で税理士やってるタナカです。
1年未満の方に、かなりおススメできます。
実績ある人が、ここまで降りて来てくれる本。
なかなかありません。

 

安くしない

  • サービスに掲げる価格は、とことんサービスする覚悟の対価

わたし、事務所サイトの方にお値段を出しています。
高いと言われてしまうこと、しばしば。

安易に安くすることを考えてしまうのですが、“とことんやらせていただきます”という覚悟を価格設定に出していかねばと。
自分が悲しくなる(安い)価格設定では、早晩断ることになりますもんね。

顧客満足とはどういうことなのか、考えなおすのにもバッチリなセクションでした。

 

 

安くする

  • サービスを一部削る(ディスカウントの理由づけ)
  • ビックリなクオリティー提供で値上げしてもらう(紹介も狙う)

紹介が必ずしも良いわけじゃありませんが、お客さんにとって、「紹介したくなる」人になりたいものです。
お値段については、言われるがままに安くしたのでは、メニューに価格を掲げる意味がなく。

「うちは○○円でやってもらってる」
と外で言われても慌てる必要がなくなるよう、サービスを一部カットするなど、理由がほしいところです。

 

 

自分以外の人に価値を感じてもらう

  • 最初の一件を丁寧に

お客さんゼロでは、自分の価値は自分にしかわかりません。
最初の一件は、たとえ安くても丁寧な仕事をする。
そして、価値をわかっていただく。

自分の成長もねらいつつです。
継続的なお付き合いの場合、「どうもちがうな?」と思ったら断ると。

タナカ
著者曰く、
「最初の一件だけは効率度外視でもいい」
とのこと。
上手くいっている人だけを見ていたら、最初に断っちゃいますね。
(過去、わたしも断っています。。)

 

 

ちょっとずつを毎日やる

  • 分厚い本を1日1ページ読む
  • 事務所サイトを少しずついじる(←わたしの書き足しです。)

やり手の人を見ると、ついつい高く飛ぼうとして、やっぱり飛べずに落ち込んだり。
分厚いビジネス書を買って、途中で挫折したり。。

そんなに簡単なはずありません。
毎日1ページを続けられる人が、気づいたら… ってことになるのでしょうね。

 

 

孤独で地味な作業が価値を生む

  • サイト
  • SNS

フリーランサーが、孤独に家に閉じこもって、自分サイトをいじったり。
SNSに投稿したり、コメントに返事を書いたり。

しかし、

価値があるものは、ほとんどが地味で孤独な作業から生まれている

と著者氏。

わたしにしても、やっぱりそれしか出来ません。
なんか嬉しかったです。(励まされます。)

タナカ
だからと言って、ずっと孤独でOKということではありません。
交流会などは「仲間づくりのつもりで出てみましょう」と。
気の持ち方についても、参考にできる内容です。

 

関連起業1年目の教科書 で起業を議論する(ラボこうふ’18年1月交流会)

 

編集後記

この本の第2段、先月(2017.12)出てます。
「今井さんうまいなー」と思うのが、見出し(目次)で興味を誘うこと。
試し読みよりもっと手前(電子書籍サイトだけ)で、目次が見れるようになっています。
読みたくなる。

昨日の一日一新
  • Zoom動画のレコーディング(テスト)