調べるチカラ 「情報洪水」を泳ぎ切る技術

読んだビジネス書など

スポンサーリンク

 

本のハナシです。
情報の集めかた、接しかた がヘタクソだと思ったので、そういう本です。

[speech_bubble type=”fb” subtype=”L1″ icon=”ORE.png” name=”タナカ”]山梨県で税理士やってるタナカです。
■←こういう文字化け多すぎですよ。
日本経済新聞出版社さん![/speech_bubble]

 

調べるチカラ 「情報洪水」を泳ぎ切る技術

今日買った本です。
読み始めてまだ2割。
著者は特許関係の調査をナリワイとする方です。

 

本の趣旨

調べる力をつけましょう。
1次情報に触れるようにしましょう。

そんな本です。

「まえがき」で、“検索のしかたもままならない方” みたいなことが書いてあり、失敗したか… と思いましたが。。
今のところ勉強になることばかりです。

ただKindle版は、ところどころ文字化け。。
フォントを変えても解決しません。
何とかならんものですかねぇ。

 

 

仕事と趣味がいっしょ

↑この一言が衝撃的でした。
いやまぁ、割と他の人も言ってはいることです。

でもコンビニや書店で「特許出願中」の5文字を発見しては、そこから「遊び」スタート。
調べ始めちゃうんですって!

ワタシの場合ですと、「一緒」とは言えません。
相続関係のネット記事だったり、本をよく読みますが、ホント趣味みたいになってます。
だって相続の仕事もらえてないから。。

じゃあ楽しいかというと、そこも微妙ではあります。
だって難しいんですもの。。
(税理士向けの本は、税理士にとっても読みづらい本が多いっすよ。)

とは言えです。
聞かれますし。
趣味感覚、ルーチン感覚で読んでまいりますわ。

 

 

情報マイスターになりたい!

情報って大事です。
でも、どうやったら情報を呼び寄せるようになれるのか。
それが分からない。

だからもうアレです。
ダメ元で、そういう臭いのする本を読むしかない。

そんな中「調べるチカラ」については、某100万頁Vブロガーのオススメに乗ってみました。

本を読む(→行動する)ことについても、トライアンドエラーだと思いますよ。

 

 

編集後記

だいぶ意見が割れる(というか悪い)ようですが、プライムビデオ限定の「FREEZE」オモシロイです。
エピソード4の敗者復活戦は、お腹抱えてしまいました。

昨日の1日ひとつ

中学聖日記