起業1年目の教科書 で起業を議論する(ラボこうふ’18年1月交流会)

地域行事

スポンサーリンク

乾燥しがちな甲府盆地に雨が降る中、ラボこうふ1月定例会に参加してきました。

タナカ
山梨県で税理士やってるタナカです。
人様の体験談は勉強になる。。
自分を見直すキッカケにもなります。

 

↓本は未読。(中古がやすいので古本注文しました。)

今回のお題:『起業1年目の教科書』でディスカッション

いつもは、ひとり社長・フリーランサー などがプレゼンターを務める交流会。
今回は毛色が変わり、参加者全員のディスカッションです。

内容は、『企業1年目の教科書』について、参加者目線の“実際”はどうなのか。

2時間という枠のなかで、本一冊丸々はさすがに無理です。
参加者多数決の結果、第6章の各セクションをディスカッションすることになりました。

↓『企業1年目の教科書』(かんき出版)目次より。

無料お試し は前書き部分のみで、目次は含まれず。。
目次だけなので許してください。
(;´Д`A “`

 

 

ラボこうふ1月交流会ハイライト

1.まず仲間を増やす

  • 「雇用」という意味では、なかなかハードルが高い。
    (※独立数年内の人おおめの集まりです。)
  • 得意分野がちがうので、同業者のつながり大事
  • 異業種間のつながりは刺激になる

 

2.最初の1件を大事にする

ココはあまり盛り上がらなかった話しですが。。

「物理的なモノを売るなら、最初の商品が大事」という話しがあり。

わたしの例を話した感じ、顧問契約の敷居を上げ過ぎているのかなと感じました。
(単発の敷居で調整します。)

 

3.接近戦を大事にする

  • 無名なら接近戦で
  • 顔を売る

あまり覚えてないです。
熊坂さん(交流会主催者)や、わたしのブログの話しに発展しちゃったから。

 

4.商品がなくても情報発信する

ここはわたしの話しを。
(このブロック、記憶なし。)

このブログ、2016年9月にスタートしています。
税理士登録したのは、それから8か月後。
その間、売るものなく、ブログを書いていました。

税理士試験の受験生に向けた記事をひたすら書いて、ググってもらうため。
グウグルさんに気に入ってもらうためです。

ブログに限っては、県内税理士にライバル不在なのもチャンスですから。
(アメブロガーはいますが。)

 

5.最初は効率を度外視して集客する

ここは本を楽しみにします。
(印象に残る話はなし。)

 

6.ITに弱くてもいい

交流会主催の熊坂さんは、バリバリIT系のかた。
仕事に直結するケースは、弱くてはダメで。。

本業でないなら、“最初は”ITに弱くても問題なしです。
“最初は弱くても”、克服できるよう、日々動いていけば。

  • そちら方面に強い人を雇う
  • すべて外注して補う

という方法もあるでしょうが、企業1年目でそれができるとは思えません。
(お金の面で。)

本を楽しみにします。

 

7.反応を正しく把握する

リリースした商品・サービス に対する、顧客の反応を正しく把握する。

失敗したら反省。
ほったらかしは勿体ないってことでしょう。

 

8.健全な下心を持つ

「そりゃそうですよね」
という意見多数。

「買わんでけっこう」なんて常に言ってたら、そりゃそうでしょ な結果になりますから。

 

9. 100点が無理なら部分点を稼ぐ

これは試験でも言えることで。
モノにもよりますが、0点→80点までは順調でも、90点→100点は重箱のスミをつつく話しになってきます。

  • 90点を100点にすることに時間を割くよりも、70点、80点の武器を複数もったほうが時代の変化に対応できる
  • 100点より前に、80点の時点でリリースする

そんな結論ではないかと。
(本を楽しみにします。)

タナカ
参加者に金融機関のかたもいて、やはりそちら方面の仕事は100点が求められるとのことでした。

 

10.売れている人をバカにしない

「そりゃそうだよねー」
「そんな人いるの?」

という話しが。
県内のやり手農家の話しが挙がり、実際、かなりのやっかみがあるそうです。

ネットの世界だとよくある話しですね。
今の日本「アンチ」の存在が、ある意味、人気のバロメーターなのかも。

 

タナカ
年に3回くらい、こんな感じのディスカッションがあってもいいのかなぁと。
ブレーンライティングも、脳ミソの運動になって楽しいですけどね。

 

編集後記

発信の方法は数あれど、オウンドメディアについては書いたもん勝ちです。
昨晩の定例会参加者の中に、「ラジオ」「テレビ」「セミナー講師」と、出ずっぱりの方が。
その方にしてみれば、オウンドメディア(ブログ等)は不要です。
露出する機会がなく、でも「知ってもらわなければ勝負にならない」と少しでも感じるところがあるなら、ブログをやるべきで。
「ネットやってもなあ。。」という人、まだまだ多いです(チャンスです)。

昨日の一日一新
  • ネット銀行の振替手続き
  • のんある気分グレープ
  • マンガ『恋するヤンキーガール』