寒くなると腰痛がコワい。腰痛ベテラン流、腰との付き合いかた

働きかた

スポンサーリンク

夏を中心とした暑い時期(あたたかい時期)は、2週間に一度マッサージを受けています。
しかし寒くなってくると1週間に一度。

なんともイヤな話しですが、寒さは痛みを運んできます。
昨日の「休日」記事に重なるところがありますが、悪くなりきる前にメンテナンスしましょう。

タナカ
山梨県で税理士やってるタナカです。
マイナスイメージになりそうな腰痛記事ですが…
誰かの役に立つと思えば書きます。

 

 

定期的にマッサージを受ける

整体のようなバキボキやるところではなく、マッサージを受けています。

8年ほどストレッチを続けているおかげで、股関節などは大分やわらなくなりました。
が、腰や背中自体は硬いです。
(硬いと言われます。)

ほぐしてもらうと血流が良くなる。腰の疲労もとれます。
(動けなくなるほど悪化させてからでは、時間もお金も痛いことに。。)

 

「針」はバクチ。鍼灸師の「腕」か?「相性」か?

針、5回か6回、経験があります。

最初の鍼灸師がすごく良かったのですが、同じ鍼灸院でハズレの鍼灸師に出会ってしまいました。
そうなってしまうと、その院ではバクチです。
(5割のバクチ。)

「腕」なのか「相性」なのか分かりませんが、合わない人に打たれて腰が青アザだらけになったことが。。

合う人であれば効果テキメンです。
試す価値はあります。

 

 

下腹(腹筋)に力を入れて天然のコルセット

腰が痛いときは、下腹にグッと力を入れています。
そうすると、ぎっくり腰を避けられます。
(ちょっと痛いときに、更なる悪化を予防できる感じ。)

100%力みっぱなし というワケではなく、そこそこです。
4割から5割くらい。

軽い腹筋運動にもなります。
イスに座っているときでもおススメ。

 

 

くしゃみに注意。受け身をとる

くしゃみ、コワいです。
大リーガーであるイチロー選手も、くしゃみを警戒するおひとり。

くしゃみが出そうになる→実際に出る まで、

  1. 余裕があるなら、まずは地べたにしゃがみ込みます。
  2. ヒザを抱えるような体制で、地べたに向かってくしゃみしましょう。

立った状態で急に出てしまうこともありますが、ヒザを少しでも曲げられると良いです。
腰に来る衝撃が軽減できますので。

タナカ
まっすぐ立った状態でのクシャミは避けましょう。
周囲への配慮も忘れずに。

 

 

床座りは「体育座り」で。ストレッチになる

床に長時間座るのは苦手です。
飲食店の畳(たたみ)の席、けっこうイヤ。。

もし、そういう席になってしまったら。
食べるときは足(ヒザ)がジャマですが、体育座りがおススメです。

↓飲食店の席でやることではないですが、

  1. ヒザを浅く(少し)曲げて、
  2. 上体を前屈のようなかっこうにする
  3. 上体を下にもっていくのではなく、前方にグッともっていく(背中・腰を伸ばす)。

まぁこれは自宅でやるとして、「ドリンク」「話しをする」ときなら、体育座りが負担軽減になります。

カンタンにできますので、この腰のストレッチはおススメです。

 

「あぐら」は腰に負担・正座はヒザとスネに負担

「あぐら」はやっかいです。
楽なようで腰に悪い。
猫背にもなります。

「正座」は腰が楽です。
しかし、足がしびれます。。
さらには、ヒザが悪いかたにはおススメできません。

わたしの場合、床は「正座」から入ります。
限界が来る前に「体育座り」。
あぐらは避ける。

 

 

さいごに

お風呂で体をあたためるのもおススメです。

 

関連記事休み時間は「休む」時間。効率よくこなすために寝る。

 

編集後記

ニンテンドーSwitch本体、Amazonのサイバーマンデーでねらってみます。
おそらく即完売となるのでしょうが。
「どうしても今!」ではないので、ゆっくり構えていこうかと。

昨日の一日一新
  • Androidアプリ「Wantedly People」
  • マンガ「中間管理録トネガワ」