【山梨・ラーメン】龍麺ふえ郎で「油そば(300g)」を食べてきました

ラーメン

スポンサーリンク

龍麺ふえ郎、行ってまいりました。
真夏の時期に来るのは初めてでございます。
(キホン、税理士試験終了直後を除き、夏場は二郎系避けています。)

前回の訪問は4月20日。
丸々3か月ぶりの訪問となりました。

タナカ
山梨県で税理士やってるタナカです。
食べたのは今回も「油そば」。最初にカウンターに座った11名中、「油そば」はわたし一人でした(笑)

 

 

先客5名

2017.7.20(木)午前10:45、祝祭日ではない平日のこの時間、先客5名に続いて並びます。
灼熱の炎天下、タバコを吸う並び客(店の前タバコOKなんです…)、つらすぎて帰ろうかと思いました。
(;´Д`A “`

ところで、最近の開店時間ですが、平日11時、土日は10時みたいです。

 

 

カウンター11席

「龍麺ふえ郎」は、カウンターのみ11席です。

開店→着席 だと、最初の5名分の麺を一気にゆでる。
その後、6名分を一気にゆでる流れ。
(1ロット目、2ロット目 というやつですね。)

6番目は2ロット目。1つ遅いだけで、待ち時間がぜんぜん違います。

タナカ
カウンター席以外の席は、店内待ち用の長イス(4人分)です。
カウンターが空いたらそこに座ります。キホン、連席はできないと思ったほうがいいです。

 

 

「油そば」は後まわし

油そば、後まわしです。
本日のわたしの場合ですと、まず7番目から11番目に並んだお客分のラーメンを配膳。
その後、わたしの「油そば」。

過去何度か書いたとおりなのでありますが、油そばは手間がかかる分、最後になるのです。

タナカ
待ってもわたしは「油そば」。
「汁なし」とか「まぜそば」が好きなんです。

 

 

油そば

助手さんから「よくまぜて召し上がってください~」と着丼。

↓中心あたりに生卵が埋もれています。

↓ニンニクマシマシ。ネギのほうにもニンニクが乗っかっています。

↓あぶり豚。うまそうです。

いつもどおりの順番で食べます。

  1. モヤシ完食
  2. ニンニク+麺 だけでニンニク食べきり

↓3. そして、まぜます。

 

↑生卵とネギが混ざって、味の変化がいい具合です。

↓豚(チャーシュー)がこれまたウマい!

↓淡々といただきました。ごちそうさまです。

久々の麺300グラム。
厳しいかと思いましたが、平気でした。
(*´ω`*)

タナカ
退店後、15分くらい過ぎたところで徐々に満腹感が。
けっこう量ありますので、これが平気だったら困ります。ちょっと安心。

 

11時35分、外待ちナシ

退店。外待ちのお客さんはナシでした。

暑いですし、外待ちしたくない人はねらい目のタイミングかも知れません。
店内待ちにはなるでしょうが、エアコン効いていますから。
お店が東向きなので、午前中の外待ちは日光にさらされます。。

ふえ郎店主のTwitterによると、金曜は割と空いているのだとか。
ただし、客足が途切れると早じまいもあるみたいです。ご注意ください。

 

<前回>【山梨・ラーメン】龍麺ふえ郎 で「油そば」(400g)を食べてきました

 

執筆後記

abemaTVの「エゴサーチTV」、西村ひろゆきさんの回がおもしろいです。
abemaTVで無料公開されていますので、興味のある方、腹をかかえて笑ってください。
٩( ”ω” )و

昨日の一日一新

エッサムのセミナー申し込み