どこでも誰とでも働ける-12の会社で学んだ“これから”の仕事と転職のルール

読んだビジネス書など

スポンサーリンク

 

ノマド的なニオイを感じ、何となく読み始めた「どこでも誰とでも働ける」。

テンポが良くて、読んで楽しい。
ノウハウ(というか、ヒント)がギュッと詰まっている。

読んで損はありません。

タナカ
山梨県で税理士やってるタナカです。
Kindle Unlimited 読み放題対応のこの本。
大盤振る舞いです。まさにギブギブ。

 

 

どこの誰でも参考になる

タイトルから、フリーランサーのための本のよう。
ですが、サブタイトル的に「仕事と転職のルール」と書いてある。

そう!
著者の尾原さん、転職を実にうまく使ってらっしゃるのです。

「うまく」とは、スキルアップであったり、その会社の 文化・考えかた・やり方 であったり。

世渡り術とはちがいます。
転職しても元同僚と連絡をとり続け、
だから、ときに出戻ったり、
縁が切れないから、また一緒に仕事したり。

雇われていたとしても、実にフリーランサーな働きかた。
(生き方と書いたほうがイイのかも知れませんが。)

Googleで働いていたときの実体験を具体例に、ケースバイケース的な解説もあります。

企業内の具体例は不要だと考えるなら、そこは飛ばし読みしてもOK。
お釣りがくるほど、学べる一冊です。

 

 

ギブギブギブギブ

自分を成長させるギブの「わらしべ長者」は、直接的な見返り(金銭)を求めないことがうまくいくコツです。直接的な見返りがなくても、もっと大きな見返り(経験、スキル、人望、ブランド)を手に入れることができるのです。

与え続ける。
これ、聞いたことあります。

クレクレ君は大嫌いですが、ギブ上手にはなりたいものです。

 

 

Googleの使える機能

尾原さんのおススメは、次のとおり。

  • Googleアラート
  • Googleトレンド
  • Googleスカラー

いっこも使ったことねえっす。。
やってみよ!

 

 

楽しめ

相手の地位が高いほど、反対派の人数が多いほど、攻略の難易度は上がりますが、ゲームとして楽しむ気になれば、自分に対する否定的な意見は、意外と気にならないものです。

はふん。。
もう、楽しんでやってる人には敵わないッスわ。

「これは何とか楽しんでやろう!」
と、少しずつ自己暗示かけて、取り組んでいこうかと。

過程はツラいことでも、ウマくいった時は嬉しいですもんね。
ちょっとずつ物の見方を変えることで、楽しめそうな気がします。

 

 

ネット転職活動

これも聞いたことあるし、ナルホドと思いながらやっていません。。

ぼくは、いまでも毎年転職活動をしています。正確には、転職するかどうかにかかわらず、ずっと転職サイトに登録して、外から見た自分の評価を更新し続けています。

客観的にどう見られるのか。
知ることが出来るって、得しかない。。

 

 

暗黙の了解をうたがえ!

当たり前すぎてあえて誰も口に出さないような「暗黙の了解」や「職場のルール」を疑ってみると、思わぬ切り口が見つかる可能性があります。

ナルホド…
残業しなきゃいけない的な、おかしなルール(暗黙の了解)なら、ことごとく無視して来ましたが。。

独立後は、「おかしいだろ」と思うことが、減ってしまっています。
もちろん、何でもかんでもでは無いでしょうけれど。

もっと良いやり方があるんじゃなかろーかと。
疑って見ることは必要ですね。

 

 

定期的にググれ

ぼくがおすすめしているのは、自分にとって、いまいちばん大事な「検索ワード」を常時5つくらいもっておくという方法です。つねに考え、ネット上で検索を続けるから、「検索ワード」というわけです

ほほほ。。
ナルホド。。

ここ数か月“税理士”で検索してないなぁとか、ギクリとしました。

 

 

著者尾原さんと、わたし

インターネット黎明期から、ITの世界で生きてこられた著者氏。
実はわたしも、インターネット黎明期から、大学でネットの世界にいました。

どこでどう、間違ってしまったのか。
ひとえに、好奇心不足、チャレンジ精神不足です。

15年前、匿名でやっていたブログも そう。
日記ばかり書いたりせず、
コメントする人とケンカなどせず、
「意味」を考えたら良かった。

楽しむなら、トコトンやれば良かったのです。

今からでも、遅くはないハズ。

 

編集後記

「ギブ」のラジオ出演が来年3月あたりになりそうです。
「ギブ」と言いつつ、出たくて応募したので、やっぱり違うような。

昨日の1日ひとつ
  • かわせみ掲載(を確認)