オッサンが変わる。読書で変わる。ニッポンも変わる。

勉強法

スポンサーリンク

本、読んでますか?

わたしはイマイチ読めていない最近。
しかし、デキる人ほど読んでいるなぁと感じます。

デキる人ほど読むのなら。。
読まない・デキない人は、置いていかれる一方です。

読まない(デキない)諸君、読もうぜ!

タナカ
山梨県で税理士やってるタナカです。
ニッポンが変わるかどうか知りませんが、とりあえず納税できるよう、ガンバっていこうかと。

 

 

「法則」「仕事術」的な本は意識アゲにもってこい

↓2017年5月に読みまして、非常にキモチが高騰した本です。

この手の本は、「具体的にこうせよ」という指針を書いているわけではなく。
(書いてありますが、具体性には欠けます。だいたい。)

読み手の職業、置かれている立場が違いますから、まぁ仕方のないところです。

中身は、経営者のマインドとか、成功者と呼ばれる人がどんな行動をとってきたかとか。
サラリーマンからフリーランス(経営者)になった人には、必読なジャンルでしょう。

と書いておきながら何ですが、天然で経営者マインドを持った人もいます。
そんな人は、「本なんか読んでるようじゃダメでしょ」と言ったりもするわけで。。

(わたしは耳を閉じます。極端に人を選ぶアドバイスなので…。)

「自分は長年のサラリーマン根性がしみついたタイプだなぁ」
と思うなら、読んだほうがいいでしょうね。
心配せずとも、ほとんどの日本人はこっちです。
学校じゃ教えてくれないんですから。

タナカ
読んで1年経つところで、「非常識な成功法則」、再読しようかと。
これはたまに読もう と思える本は、手元に置いておきましょう。

 

 

コンテンツ本で実際に動く

コンテンツ本とは、具体的な技術とか、特定の分野について書かれた本のことです。
ちょっとズレがあるかも知れませんが、だいたいはそんな感じかと。

意識高い系の本を読んで、気持ちが高まったところで、具体的にどう動いたらいいものか。
迷ってしまって動けないでいると、気持ちも下がってきます。
(わたしもそういうタイプです。。)

となれば、具体的な本で勉強すればよし!
最近のわたしであれば「Excel」です。

タナカ
コンテンツの語源は、「コンテナの中」だとか。
箱の中に具体的なブツが詰まっている。といったところでしょうか。

 

同業(税理士)がやっていないことをやる

山梨限定ではありますが、他の税理士がやっていないことがアピールになっています。

「仮想通貨の申告」「クラウド会計」「なるべく若め」というところで、見つけてもらいました。
クラウドは他に2人いるので、わたしだけじゃありませんが。

(ネットを絡めたアピールだと、わたしの他に1人だけ。あと、「若め」アピールはしていませんが、若い経営者には選んでもらいやすい感アリです。)

で。
都内在住の同業は、だいたい全国区で仕事しています。
「イナカだと目立てるぜ!」
は、だんだん通用しなくなっていくでしょうね。

 

 

そんなことで(まとめ)

意識アゲアゲな本、コンテンツ本、両方大事です。

「AIの本ガンガン読んで、時代の一歩先をいくぜ!」と思っても、
「うへぇ。。こんなの読めねえ…」となっては無意味です。
(うへぇ、となりかけて、ギリギリ踏んばって読んでいます。)

両方、読みましょう。

わたしも、両方読みます。

 

編集後記

作業中BGMはエミネム。
アルバムを6枚ほど聞いていますが、曲の区別が全くつきません。
英語の歌詞が耳に入るはずもなく、ただリズムを感じるだけ。。
それがまぁ、いい具合です。

昨日の一日一新
  • セルフガソリンスタンドのスロットで3円引き
  • 爆問ファンド!マネーの成功グラフ¥
  • Vote18ニュース