「1時間でわかるビットコイン入門」で、ビットコイン入門しました

読んだビジネス書など

スポンサーリンク

ビットコインの本、ようやく読みました。
タイトルどおりの1時間では読めませんでしたが、分かりやすい内容でした。

以下、ビットコインのことを既にご存知のかたには、非常に退屈な内容となっております。
他の記事を、どうか読んでいってください(笑)

[speech_bubble type=”fb” subtype=”L1″ icon=”ORE.png” name=”タナカ”]山梨県で税理士として開業予定のタナカです。
ビットコインにかんするサイトを覗(のぞ)いてみると、この本に書かれていないビットコインの歴史を知ることができます。
なんですが、とりあえずここでは、この本から知り得たことをベースにさせていただきます。[/speech_bubble]

 

 

ビットコインは円から見ると外貨に似ている

「1時間でわかるビットコイン入門」が出版されたのが2016年の11月。
著者の小田さんの執筆時点のレートが、1BTC=6万数千円 です。
(本の中では話しを分かりやすくするために、端数を切って「6万円」で書かれています。)

で、本日時点で 1BTC=11万9千円台。。
(; ・`д・´)

このようにビットコインは、円とドル円とユーロの関係のように、変動します。

[speech_bubble type=”fb” subtype=”L1″ icon=”ORE_ase.png” name=”タナカ”]本読んで「1BTC買ってみようか」と思っていたので「いま12万かよ…」とちょっとショック受けてます。
[/speech_bubble]

 

ビットコインは発行量に限度がある

ところでビットコイン、2140年ころまで新規発行が続くのだそうです。
日銀が紙幣を刷って発行するイメージですね。

新規発行のペースはすでに落ちていて、今後もどんどんペースが落ちて、やがて(2140年ころ)新規発行は停止すると…

本来、お札(おさつ)が増えると貨幣価値は減るはず。
ですが、ここ半年で2倍の価値に跳ね上がっています。
これから欲しい人がまだまだ増えるでしょうし、長期的にはまだまだ上がりそうです。

[speech_bubble type=”fb” subtype=”L1″ icon=”ORE.png” name=”タナカ”]持っていないときの私の予想は当たります。
まぁ、「上がる」という予想は、大方の予想と一緒なんですが(笑)[/speech_bubble]

 

 

ビットコイン、信用していいのか

これはもう!いいみたいですね!
٩( ”ω” )و

まず、ビットコインのプログラム自体のトラブルは、2009年1月のスタートから現在までゼロ。
(この本を信用して書いてます。)

他の、ビットコインと比べたらずっとマイナーな仮想通貨だと、盗難トラブルが起こったことはあるらしいです。
その仮想通貨は一気に信用を落として大暴落。

ビットコインは、中国政府の意向だったり、取扱金融機関が起こしたトラブルに巻き込まれて大きく値を下げたことはあっても、ビットコイン自体はトラブルゼロだそうですよ。
٩( ”ω” )و

 

巻き添え食った値下げとは

中国政府

中国の人たちって愛国心は強そうですが、中国政府のことは信用していないみたいで(笑)
人民元が信用できないので、ビットコインを持つ人が増えているんだそうです。

で、あるとき、中国共産党さんが「ビットコイン認めないっすよ」というようなことがあり、ビットコイン大暴落…

これ、わたしもネットニュースで見た記憶があり、その時は「お気の毒に…」と思いました。

そこでパニック売りした人は大損、
そのまま現在まで持ち続けた人は、とり戻すどころかプラスですね。
(結果論ですけど。)

 

ビットコイン取扱金融機関の大失態

分かりやすく言うと、銀行の職員がお客さんのお金に手を出したのと一緒です。

ビットコインのセキュリティーには何も問題がないことが分かると、すぐ値を戻しました。

 

(おまけ)ビットコイン周辺の事件待ちも

とにかくトラブル知らずのビットコイン。
今後もおそらく右肩上がりだろうと予想されるので、金融機関などが起こすトラブルを待って、買い増す人がけっこういるんだとか。

ビットコイン自体には何もないんですから、そりゃそうですよね。

 

 

ビットコインの利点

海外送金手数料などの手数料が安い

海外にお金を送る場合、通常はザックリ5千円ほどかかるんだそうです。
(為替手数用、送金手数料など。わたしは送ったことないです…)

でもビットコインは、1%(0.1%かな?忘れました。。汗)ほど。

手数料が安いと他にもいいことがあります。

例えば寄付。
対象により大きな金額が届いたほうがいいですもんね。

クラウドファンディングも同じ。
少しでも対象に届く金額が大きいほうがいいです。

商売をする人(受け取る側)としても、クレジットカード会社に支払う手数料よりも安くつきそうです。

 

海外送金手数料が安いと嬉しい、わかりやすい例

ところで、ビットコインはフィリピンでも大人気だそうです。

フィリピンから日本へ出稼ぎに来ている方々は、稼いだお金をフィリピンの家族に送ります。
ここで、フィリピン人の国民性がアダになるそうでございまして、フィリピンのみなさんは、お金があると全部使ってしまう。。

だからと言って、少額を数回に分けて送金すると手数料が割高です。

もうお分かりですね。
ビットコインで送れば、少額ずつでも超安い!
٩( ”ω” )و

 

 

投資対象としてのビットコイン

安く買って、それより高く売れればもうかります。
(ほかのものでもそうですが。。)

今年(2017年)の何月からか忘れましたが(汗)
仮想通貨法が施行されるということで、今後ますます身近なものになるのは間違いありません。

[speech_bubble type=”fb” subtype=”L1″ icon=”ORE.png” name=”タナカ”]わたしがオジイになるころには、30万円くらいになってるんじゃないかと。
根拠はありませんが、持ってないときのわたしの予想は当たりますので(笑)
(持ったらハズレるかも知れませんが…)[/speech_bubble]

 

 

ビットコインで買い物

日本ではまだまだマイナー扱いのビットコインですが、買い物できるところもあります。

 

インターネット

Amazonや楽天などの大手の参加は、残念ながら今のところなし。。
わたし的には全然知らないサイトでしか使えません。
(三木谷社長はビットコイン決済に前向きみたいです。)

北米では、AmazonがビットコインOKらしいですね。

 

リアル店舗

都内だと、バーなどの飲食店で、使えるところが増えてきているみたいですね。

山梨県内では、残念ながらゼロ。
(;^ω^)

 

 

さいごに

以上、未経験の初心者の立場から、なるべく分かりやすく書いたつもりですが、いかがでしょうか。

わたし個人としては、少しだけ株式投資していることもあって、投資対象としてのビットコインに興味があります。
投資対象として持っていても、買い物もできますし。

[speech_bubble type=”fb” subtype=”L1″ icon=”ORE.png” name=”タナカ”]半年前に買っていたらと思うと…
まぁ、一番タラレバ言っても仕方ない世界ですね。[/speech_bubble]

 

 


【編集後記】

将棋の一手詰めのアプリ、けっこう楽しんでます。
よほどわたしがヘボだという証拠で、けっこう苦戦してます。
(;^ω^)

50問終わったら、3手詰めやりたいです。
(3手詰めアプリがあるかどうか未確認ですが。)

 

【昨日の一日一新】

笑える暇つぶしニュース!(Androidアプリ)