しっくりくる学習スタイルの早期確立のススメ<2017.2.27更新>(元ネタ→)【税理士試験】勉強(復習)する場所はどこが良い?

中小企業診断士試験

スポンサーリンク

受験生のみなさん、勉強の調子はいかがでしょうか。

確認テストや実力テストなどの答練は、科目によって1回か2回、終わったところでしょうか。

今回のブログは、講義や答練の復習をする「場所」についてです。

タナカ
山梨県で税理士として開業予定のタナカです。
大原生、TAC生なら、自習室が一番でしょう。
通えないから通信という人は、メインは自宅でしょうか。

 

 

 

自習室

大原やTACの近場に住んでいたり、ライブ通学生の人は、自習室を使う機会がおおいと思います。

よく利用する人には当たり前のことだと思いますが、集中しずらい席は次のとおりかと。
こちらはなるべく避けましょう。

  • 出入り口の近く (人の出入りのたび、ドアの開閉がうるさいです。)
  • 講義終了後に自習室になる自習室は、一番前の席
    (チョークの粉が、机やイスに積もっていることがあります。)
  • 自習室の後ろに近い席
    (視界が広くなり過ぎると、気が散る原因になります。)

自習室の良い点としては、飲みものOKなところでしょうか。
図書館はダメな場合がおおいですよね。

 

 

図書館

勉強していい席かどうか、確認は必要だと思います。

飲食は一部スペースを除いて、ほぼNGだと思います。
(OKな場所としては、自販機が置いてあるスペースなど。)

自習スペースが設けられている図書館の場合、混雑時は、ほかの利用者と向かい合わせになる図書館もあります。

近くに大原やTACがない。
自宅は誘惑がおおいのでイヤ。
家族の迷惑になるから外で勉強したい。
図書館は不思議と集中できる。

という人向けでしょうか。

でも、自習室もそうですが、行っただけで勉強した気になってしまう人は危険です。
本が好きな人も、あぶないですよね。

タナカ
図書館は、けっこう子供がうるさいです。
わたしもそうでしたが、多くの人がイラッとくるのが、そういう子供を注意しない親です。
「子供はうるさくても仕方ない、でもお前(親)は注意しろよ!」って思っちゃいます。

 

 

自宅

悪い点
  • PCなど、誘惑がおおい。
  • 家族がいる場合は、じゃまされてしまうことがある。
良い点
  • 自習室や図書館は外出準備が必要だが、自宅なら不要。
  • 時間を気にせずいつでも勉強できる。
  • 横になって休憩できる。

 

 

自習室の外(廊下)

廊下で立った状態で理論サブノートを読んでいる人を、大原の水道橋校でよく見かけました。

このスタイル、私もおススメです。

 

 

自宅で立って勉強

前にも書きましたが、机を高くして立って勉強するというスタイルです。

【税理士試験】消費税法、Web通信でどうやって合格したか

これをやるようになってから、自宅で勉強するようになりました。

 

電車

座っちゃダメです。

立って理論暗記すれば眠くなりませんし、はかどります。

タナカ
山手線にぐるぐる乗って暗記する人もいるらしいですね(笑)

 

 

バス

バスは座った方がいいかもしれないですね。

けっこう揺れますし。

 

 

旅行中

理論サブノートを持って行っても、読んだためしがありません・・

 

 

病院の待ち時間

いつ呼ばれるか気になったり、なかなか呼ばれないとイラっとしたり、勉強できそうでできません。。

 

 

おススメは

自宅です。
外に出ての勉強は、準備時間、移動時間がもったいないです。

休憩中パソコンを立ち上げない! と決めていました。
「休憩は体を休めるから休憩なのだ」
と自分に言い聞かせて、パソコンをいじりたくても昼寝しました。

休憩中に、パソコンをいじる、スマホをいじる、マンガを読む という選択肢は封印したほうがいいです。
そのときだけ気はまぎれるでしょうが、目が休まりません。

私の場合は、集中して勉強できているときは、軽く頭痛になりました。

昼寝で疲れもとれますし、気持ちの入れ直しもできます。

自宅で勉強、休憩は昼寝! おススメです。

(プロスポーツ選手の休日は、外出せず、ひたすら寝たり、マッサージを受けたりなど、体力回復につとめるそうです。)

タナカ
法人税法2年目にお世話になった北村先生。
「自宅じゃ集中できないなんて言ってるようじゃダメだよ」と、よく言っていましたね。

 

 

 

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】

Kindle本の出版に向けて動いていると、ブログ更新をちょっと忘れてしまいます。

私にとって良かった勉強法をほかの人が試した場合、果たして良いものとなるのか・・

Kindle本として出すことに怖さはありますが、楽しみでもあります。