勉強が高くつくというなら、無知はもっと高くつくぞ。【ポケット図解・減価償却】

簿記のはなし

スポンサーリンク

 

思いっきり基本的な、減価償却の本を読んでいます。
経理に不慣れな方がどういうところでつまずくのか、それを探るための減価償却の本でしたが。

恥ずかしながら、わたしの方こそ、わかっていないことがありました。

タナカ
山梨県で税理士やってるタナカです。
ほとんど斜め読んで終わりですが、理屈が分かってよかったです。

 

 

250%定率法、200%定率法の意味

「250%」と「200%」の意味。
無意味にそんな名称をつけるわけがありません。

ありません… なのですが、知ろうとしませんでした。
(すごーく、単純なハナシなのに。。)

ホント、お恥ずかしい限り。
イイワケしたいところですが、知らなかったのは確かです。

↓いちおう、どんなものか書きます。
(なんじゃこれ? と思われたかた。わからなくても問題ありません。)

 

250%定率法の意味する「250%」とは

定額法の償却率に、250%を掛け算する。
そうしますと、250%定率法の「率」が求められるよ という意味です。

 

200%定率法の意味する「200%」とは

こちらも同様です。
定額法の償却率に200%を掛け算した数字が、200%定率法の「率」だよと。
そういうことだったんですね。

 

<例題>定額法4年の償却率0.250→「×××%定率法の率」は?

こんな風に求めることができます。

  • 250%定率法・4年の償却率
    →0.250 × 250% = 0.625
  • 200%定率法・4年の償却率
    →0.250 × 200% = 0.500

ちなみに、定額法2年の償却率は0.500です。
この0.500に 250%・200% を掛け算するので、2年で償却と言っておきながら、償却率は100%になっちゃうんですね。

減価償却費の計算は、減価償却ソフト・国税庁サイト で行えます。
計算のしかたは、知らなくても問題ありません。

 

 

簡単なこと(簡単だと思えること)にこそ落とし穴

意外なところに、落とし穴ってあるものです。

例えば、簡単だと思って暗算したら間違える。
落とし穴の代表例でしょう。
(たまにやらかすので、気をつけています。)

まあ、減価償却の例がどれだけの人に刺さるのか、甚だ疑問なところではありますが、
そんなことを思いました。

 

編集後記

ブックオフで古本を買ったり、ネットで新しい本を買ったり。
一気に買うと読む順番に迷いますが、新しい本から読むことにしました。
新刊であればあるほど、真っ先に読まないともったいないですもんね。

昨日の1日ひとつ
  • 「スタジオに絶対来られないスゴイ人」
  • 「やすとも・友近のキメツケ!あくまで個人の感想です」
  • 事務所サイト1日2記事