アマゾン「プライム・ビデオ」おすすめ『吉祥寺だけが住みたい街ですか?』

気になったテレビ、ニュースなど

スポンサーリンク

森三中の大島美幸さん、メイプル超合金の安藤なつさん、お二人が主演の「吉祥寺だけが住みたい街ですか?」がおもしろいです。

GYAO!で目に入ったときだけ見ていた同ドラマですが、アマゾンプライムで全話見られるではありませんか。。

本日知りましたが、原作はマンガなんですね。

タナカ
山梨県で税理士やってるタナカです。
「バカリズムの30分ワンカット紀行」もそうですが、都内のあちこちを紹介する番組、おもしろいです。

 

 

お客さんのニーズを探る→「じゃあ吉祥寺やめよっか」

オープニングテーマ前の決めゼリフが、「じゃあ吉祥寺やめよっか」です。

賃貸物件を探して来店したお客さんの「悩み」「希望」などを聞き、吉祥寺以外の場所を提案します。
吉祥寺の不動産屋なのに。。

そして半ば強引に、「以外」の街へ移動します。

タナカ
なんとなく吉祥寺→ニーズを満たしてくれる街を紹介。
これって…

 

 

内見前に「街」を楽しむ

以外の街へ到着後、飲食店(かき氷屋、カフェなども含めて)は必ず、ほかには「公園」「図書館」「書店」「古本屋」「雑貨店」など(「秋葉原」の回ではメイド喫茶にも)、その街を見て回ります。

お客さんは「吉祥に住みたい」ということで店を訪ねています。
なので、この時点では不動産屋の二人に対する不信感はマックス。

しかし、街を歩いて回りながら、徐々に「この街しかない」と考えだすお客。

お客さんと一緒になって(仕事を忘れて?)楽しむ不動産屋。
たのしいです。

タナカ
本日、遅ればせながら思いました。
この番組の主役ふたり、実は生活(生き方)コンサルタントなんではないかと。
(ナチュラルにコンサルになっています。)

 

 

普通の不動産屋にないもの

「駅近」とか「内見」とかはオマケ。
その街で生きていきたいと思うかどうかで、物件を決める。

こんな不動産屋、ほかに有りません。
現実世界の不動産屋には「縄張り」がありますから。
(^_^;)

「現実」はさて置き、縄張りの枠内でも、お客さんの希望をいろいろと聞くことはできるだろうなぁと。
(それは不動産業じゃなくても。)

勉強になるドラマだなぁと、思ったのでした。
(;´Д`A “`

 

 

おまけ(わたしの失敗)

わたしが最後に賃貸物件を借りたのは、20代終盤のころ。
選ぶ基準は「部屋が気に入った」くらいでした。

「寮」「社宅」住まいもあるので、いざ自分で借りるとなると、選び方が本当に未熟で。。
会社が池袋なのに、杉並区方南町に住んでしまったのはかなり失敗でした。
地下鉄(新宿駅・方南町駅 間)は終電が早め。何度タクシー自腹で帰ったことか。
(-_-;)

もしまた会社員やることがあって物件を借りるなら、通勤徒歩2分以内の物件にします。

会社付近が家賃が高くて無理なら、スポーツクラブまで徒歩2分。
(広い湯船につかれる。風呂掃除しなくていい。運動もできる。などの理由です。)

税理士受験生のときだったら、都心を外して、「大原」か「TAC」まで徒歩2分以内とか。
(ねらい目は「立川校」「大宮校」辺りでしょうか。)

タナカ
物件選びにも参考になるドラマです。全部抜きにしても、おもしろいドラマです。

 

執筆後記

14日夜、空調座布団の予備(USB&シガーアダプター無し)をAmazonでポチリ。
急ぎではないので、プライム会員ですが、あえて「通常配送」を選択。
発送の予定は18日。そこまで後まわしにされるかと思いきや、本日(16日)発送した旨のメールが届きました。
1、2日遅くなるだけなら、まったく問題ナシです。

昨日の一日一新

机に本を置かない