お金がないと生きて行けない。人間は弱い。けどCrowdWorkerにはなるな。

働きかた

スポンサーリンク

CrowdWorks(クラウドワークス)というシロモノ、昨晩初めて知りました。

昨年、似たようなサービスに、似顔絵の依頼をしたことがあります。
(返事が来ませんでしたが。)

CrowdWorksも、絵をはじめ、キャッチコピー製作やチラシ製作など、様々な依頼ができるものです。

その中には、記帳代行、税務申告書の作成・提出 といったものまで。
スゴイ時代だよね。

タナカ
山梨県で税理士やってるタナカです。
CWで仕事受けるなら、「山梨県の田中です」なんて自己紹介はアホみたいです。
「ニセでもええがな」なんて言う依頼者もいそう。

 

 

税理士を食うネット募集(CrowdWorks)

↓こんなメニューから、専門的な仕事を、専門家に依頼できるようになっています。

一番上の「税務相談・確定申告」のメニューをのぞいてみますと、

“○万円+税 で法人税申告・提出 お願いします!”

みたいな依頼が見つかります。
(条件など指定して、依頼を出せます。)

中には、
「経理丸投げ+法人税申告書作成・提出→6万円+税」
なんてものもあります。

会計ソフト、申告書作成ソフト の用意がなかったら、その分残るお金が削られるわけで。
税理士としては、なかなか泣けてきます。。

(CrowdWorks、昨年とかに知ってなくて良かったな…)

 

CrowdWorksの取り分→20パーセント

↓見づらいと思いますが、いちおう。
(超過累進税率みたいな手数料。じゃないですね。逆か。)

上の「6万円+税」の場合ですと、CrowdWorksに2割もっていかれます。
なかなかですよ。

これ、税理士の悲哀だけを書きたいワケではありません。
他の仕事でもいっしょです。

さらに、ひとつの依頼に対して、受注したい人がたくさんあったら。
依頼者は、応募者から、誰かひとりを選ぶことになります。

タナカ
税理士紹介会社の、紹介手数料50パーセントとかよりはマシですが。。
貧困ビジネスみたいでコワいわ。

 

 

武者修行の場としてのCrowdWorks

今回の記事(CrowdWorks)は、昨晩の「コワーキングスペース・ラボこうふ 3月交流会」で話し合われたのテーマの1つでした。

仕事を受けたい税理士だと、競合した結果断られても、失うものはまぁナシです。
(疲れますし、落胆するでしょうけれど…)

しかしこれが、キャッチコピー作成・チラシ作成だと。。
完成形を依頼者に提示した上で、依頼者に選ばれることになります。
(→ラボこうふ管理人、熊坂さんに聞きました。)

選にモレるのは、なかなかの地獄。
覚悟は必要でしょう。

 

実績づくりには致しかたナシか

しかしですね。。
独立当初などは特に、プライドもクソもなかったりします。
食って行かにゃならんのですから。

基本的には単発の仕事ですし、物は試しという考え方もできます。

ゼロから独立したての税理士だと、他の税理士に使われる「外注」なんてものがありますが。。

外注はキホン継続するもので、辞めたいと思っても、すぐにとは行かないケースもあるでしょう。
その点は、CrowdWorksに軍配が上がりそうです。

手数料とられた上に、申告書ソフトなどの用意も必要なんですけどね。。

 

 

フリーランスはCrowdWorkerになるな

ハイ、なったらあかん。

競争して選ばれるか腕だめし、とか。
遊び感覚なら大いにアリでしょう。

そうではないなら、期間を設けるべきです。
半年だけやる とか。
フリーランスが価格破壊で勝負しちゃいけません。

開業税理士でいえば、外注もどうかと思っています。
(ホントは去年やりたかったけど… でも疲れるじゃんけ。。)

逆に、相続税申告できない税理士が、できる税理士を安く使おうとする行為。
これにも、非常に腹がたっております。
(報酬ほしけりゃ自分で勉強して、自分でやれや!)

思い出したように取り乱してスミマセン。。

フリーランスの皆さま、せっかく独立したのです。
CrowdWorksで、バイトし続けるのはやめましょう。

 

編集後記
  • 買ってツンドクになっていた本がPrimeReadingの対象に。。
    読了後でもちょっと悔しいですが、前だとなおさらです。
  • 昨晩、4月から税理士法人に就職するという大学生と話しをしました。
    税理士試験に挑戦予定とのこと。
    「独立したほうが楽しいよ」と、余計なお世話だったかも知れませんが、言ってしまいました。
    (反省してます。少しだけ。)
昨日の一日一新
  • 研修→ブルーアース
  • フォレスト森のソーダ
  • ラボこうふのトイレ