よってけし!山梨県中央市タナカジムショ

ニガテを “半分、強い” に。山梨県中央市の税理士

『芸人式新聞の読み方』は、プチ鹿島さんの読み方の提案その他の本

time 2017/08/25

『芸人式新聞の読み方』は、プチ鹿島さんの読み方の提案その他の本

スポンサーリンク

今年(2017年)6月3日に、Amazonの日替わりセールで購入した「芸人式新聞の読み方」。
興味を引かれるタイトル、評価(レビュー)の高さ、日替わりセールの安さにつられて買いました。
(長らく読みかけになっていましたが、昨日から再開しました。)

中身は「新聞を多読するとこんなにおもしろい!」という本。
実際に試すとなると、新聞代と時間がけっこうかかりそうですが。
(^_^;)

タナカ
山梨県で税理士やってるタナカです。
試すかどうかはともかく、「情報の選別力が身につく」「プチ鹿島さんは頭良さそう」「あの新聞はめちゃくちゃ書いているようで実はそんなことない」など、新聞の魅力その他がギッシリつまった一冊です。

 

 

右側・左側、両方の新聞を読む

右側の代表格は「産経」「読売」、左側の代表格は「朝日」「東京新聞」(東京新聞だけ全国紙ではないですが…)でしょうか。

わたし自身、政治を見る目にちょっと偏り過ぎていた時期がありました。
(ちなみに、このブログでは政治を語る気はありません。語れませんし…)

その時期は「価値ナシ!」と決めつけて、反対側の新聞は視界に入れませんでした。
もちろん、出どころが反対側の新聞社のネットニュースもです。
(;´Д`A “`

しかし、何かについてバッシングしたいなら、その「何か」も知っていないとダメ。

ガラケーで十分と言いたいなら、スマホを十分に使った上で言う。
Android使えないと言いたいなら、Androidを使ったうえでダメなところを語る。

「Androidつかってるけど、あいつのダメ出しはうなずくしかない!」なんて(誰かに)言わせたら最高です。

(わたしはAndroidのみ使っているので出来ないことですが。。)

 

 

東スポはすべてデマ記事なのか

25か26歳のころ、数か月だけ「東京スポーツ」を買っていたことがありました。
都内在住のころです。

ある人に「お前は面白みに欠けるから読め」と言われて。。
(^_^;)

どんな記事が印象に残ったか… まったく記憶にございません。。
(やらされ感がダメだったのか。。まぁ、わたしなんぞの記憶はどうでもいいですね。)

 

では、ここからこのブロック(東スポについて)の本題で。
(;´Д`A “`

プチ鹿島さんによると、東スポはこんな感じです。
(わたし独自?のまとめなので、ちょっとズレがあるかも。。)

東スポは取材しています。
そして、裏がとれなくても、東スポ独自の基準をクリアした時点で掲載。
(他紙よりは、ハードルが低い。)

もちろん、空振りに終わることもあります。
空振りだけをピックアップして、「東スポに載った記事、イコール、ガセネタ」が独り歩きしている。

しかし取材はしている。
これが、他紙にとっては脅威。
裏をとるのに懸命になっている間に、東スポが先を行く可能性がある。

東スポはいつもガセだと言う人の多くは、東スポを読んだことがない。

一時的とは言え、かつて読んでいたわたしは、ちょっとうれしかったです。

タナカ
聞いた話しでしかありませんが、日本で一番読まれている新聞の新聞社は取材をしないとか。
特に政治ネタは、記者クラブで登壇した人の話しをそのまま書く。
これが本当であるならですが、その新聞よりも、わたしは「東スポ」を読みたい!
(甲府駅まで買いには行けませんが。。)

 

タナカ
芸能記事だけなら、月額300円前後でガラケー・スマホで読めるみたいですね。
残念なことに、読めるのはキャリアだけ(格安SIMはNG)っぽいですが。

 

 

お笑い芸人も本格的に多様化

ありきたりな流れで申し訳ないですが、プチ鹿島さん以外にも、変わったお笑い芸人さんがいらっしゃいます。

  • iPhone芸人であり税理士: かじがや卓哉さん
  • 京大卒のクイズ芸人: ロザン宇治原さん
  • お笑い芸人大好きなお笑い芸人: 平成ノブシコブシの徳井さん
  • 手相占い芸人: 島田秀平さん
  • 占い芸人: ゲッターズ飯田さん

他にもたくさんいると思いますが、思いつかずスミマセン。。
(あと、ノブコブ徳井さんだけ異色ですね…)

お笑いから離れたお笑い芸人さんは、知的なイメージがあります。
元々、クリエイティブな要素強めの業界だとも言えそうですが。

違いを作るって、大きいです。

 

タナカ
わたしが毎週欠かさず見ている番組、TBSの「マツコの知らない世界」。
様々な道に特化した方(タレントやプロスポーツ選手などではない、いわゆる一般人の方)が出演し、マツコ・デラックスさんにプレゼンします。
出演後はTwitterなどのフォロワーがケタ違いに増えたり。
「好き」が「仕事」になってますね。

 

タナカ
以上、まとまりのない内容になりましたが、「本」はおもしろいです。
気が向いたら是非に。(←日本語が変。。)

 

執筆後記

本日12時から13時の「Evernoteオンラインセミナー」、途中で離脱しました。
わたしのPCの音量をMAXにしても、ボリュームが低い。。
聞くのに疲れ離脱→抗議メールもしました。
届いてくれることを願います。

昨日の一日一新
  • Evernoteオンラインセミナー
  • Cisco WebEx Meeting
サービスメニュー

書いている人

田中雅樹

田中雅樹

山梨県中央市の税理士・相続診断士。 ブログ毎日更新。 中央市商工会会員。 中央市消防団団員。 [詳細]

最近のコメント