やりたいコトは何か。勉強そっちのけでハマったことから探してみよう。

整理・整頓

スポンサーリンク

 

自分がやりたいコトって何だろうか。
「やりたいコトを仕事にせい」とよく耳にする昨今ですが、何がやりたいのか、自分ではよく分かりません。

切り口はいろいろとあるのでしょうが。
まずは、学生時代のテスト勉強そっちのけでやっていたことから探ってみました。

 

本当にやりたい事。テスト前の勉強をサボってやってしまった事。

“本当にやりたいことが分からない人は、テスト前の勉強をサボってやってしまったことを思い出そう”

あるセミナーで、あるスピーカーから出た言葉です。
なるほど、そういう探り方があったか…
ちょっと考えてみました。

マンガ? ゲーム?

タシの場合、勉強そっちのけと言うより、勉強が嫌い過ぎました。
主に、ゲームしたり、マンガ読んだりしてサボっていましたが、勉強するフリしてボケーっとしていたこともよくあったのです。

あとは音楽。
大学受験の浪人時代、大学生時代 以降は「ミスチル」「サザンオールスターズ」「桑田佳祐」ばっかり聞いていましたが、高校まではゴチャ混ぜでいろいろ。
「バック・トゥ・ザ・フューチャー」など、映画関係であれば洋楽も。

これも聞くだけですし、仕事になるんかいな。。

「宇宙」「三国志」は勉強になってもスキ

それでも絞って何とか出てきたのは「宇宙」(中学のときの「理科」限定…)。
それから、世界史の「三国志」限定…。

三国志ズキが勉強に役立ったのは、世界史の中間テストか期末テストか。
1回だけです。しかもそのうちの10点分くらいだけ。

うーん…
もっと深掘りするか。。

小1のとき「先生になりたい」と書いた

過去にさかのぼると、小1のとき、将来就きたい職業に「学校の先生」と書いた記憶が。

“ムリだろwww”

みたいな感じで担任に言われた記憶もあり、今思うと、なかなかにヒデー担任だなと。。
ドラマに登場するモンペさんみたいなのが出てきたら喧嘩しちゃいそうだし、その担任の目は間違っていなかった気もしますが。。

まぁ形は違えど、近々、青色申告会で確定申告についてしゃべってきます。
「先生とお呼び!」
なんてことはまったく思っていないですが、しゃべる仕事はやっていきたいですねぇ。

(開催一週間前に「2時間しゃべって」と通知され、あせって構成企画中です。)

 

 

簿記だけはオモシロかった

「学生時代」というククリを外しますと、27になって初めて勉強した簿記は楽しかったです。
そこから悪ノリ・勘違いし、税理士にまでなってしまい(?)ました。

ただこれについては、「税理士試験→税理士」というレールに乗っただけな感もあります。
(あくまでワタシの感じ方です。)

フリーランス(個人事業主)はレールがないゆえ、むずかしくもあり、それが楽しくもあるのですから。
自分の道を見つけなきゃ、なった甲斐がないですよね。

 

 

というわけで

以上、頼りない例を出してきましたが…
参考になったでしょうか。

「勉強そっちのけで夢中になったというより、勉強がキライすぎてサボっていただけ。。」
みたいな場合、やりたいこと探しのヒントにはならない気がします。

それでも、

  • ムリヤリ探す、
  • さらに掘ってみる、
  • 過去にさかのぼってみる、
  • 学生時代という縛りを外す

といった具合にさぐってみると、何とか出てくるもんです。

用意された道以外の「道」探し。
意外な発見があるかも知れませぬぞ。

 

昨日記

ジムで筋トレ・ストレッチの後、都留文科大学へ。
セミナー(というか講演会?)参加のためです。
大学生の若さ、まぶしー。

昨日の1日ひとつ

都留文科大学コミュニケーションホール