【社長失格】冒険だから、ベンチャー。冒険だから、失敗もする。

読んだビジネス書など

スポンサーリンク

「社長失格」、読んでおります。

「失敗から学べ!」という本でもあり、「ノンフィクションをそのまま楽しもう」的なスタンスが合う本でもあり。

位置づけはビジネス書ですが、斜め読みせず、じっくりお読みになることをおススメします。
ドラマ(映画)にしたらいいのに。。

タナカ
山梨県で税理士やってるタナカです。
ネタバレあります。
よろしくお願いしまッス!

 

 

インターネットプロバイダ接続料0円

1999年ごろ、0円プロバイダが存在していた記憶があります。
あっという間に消えてしまったなぁ、という記憶もあります。

その0円プロバイダを世に送り出したのが、「ハイパーネット」です。

その頃わたしは、年間500円だか800円だかのプロバイダーを使っていました。
ハイパーネットが世を席巻していたせいなのか、年間数百円のプロバイダーはマイナーだったようで。
快適に動いてくれて「こりゃいいな」と思ったものです。

 

0円プロバイダ崩壊/年数百円プロバイダも崩壊

1年ほど年間数百円のプロバイダーにお世話になりました。
やめることにしたのは、月額料金への料金改定がキッカケ。

当時のわたしは、「ハイパーネット」という会社を知りませんでした。
突然あらわれて、あっという間に消えた0円プロバイダ。
そういうものがあったなぁという、記憶だけがあります。

やっていけなくなったから、0円をやめた。
外からは「やめた」くらいしか見えませんが、実に濃いドラマがあったんですね。

タナカ
ホントどうでもいい話しなのですが、やめたつもりが、やめられておらず。
1年ほど経ったところで、まったく使っていないプロバイダ料をゴソッと支払い、正式に退会しました。
過去のお得が帳消しに。

 

 

なぜ優秀な人は組織を去ってしまうのか

会社を辞めるときー。
上司がイヤになったときー。
(どんだけ下手くそ。。)

会社を辞めるとか、サラリーマン辞めるとか。
そういうのって「上司がイヤ」「仕事が不満」「給料が不満」など、ネガティブな場合がほとんどだと思うのですよ。

しかし、いわゆる「できる人」は。。
スゴイ人を目の当たりにしたとき、「自分も!」ということがあるんですね。

 

ハイパーネットのデキる人

0円プロバイダ。
いよいよ米国進出という時に、板倉社長の左腕とも言うべき人がハイパーネットを去ります。。
それは、ハイパーネット内の、とある人事をキッカケに起こったこと。

その方、

人事(他の人の大抜擢)に嫉妬しているのではない。
わたしが嫉妬しているのは、板倉さん、あなただ!

と言って、会社を去ってしまいます。
社長が不甲斐ないから去ってしまうのではなく、走り続ける社長を見て、辞めてしまいました。。

ドラマのような展開に、スラムダンクの作者、井上雄彦さんの言葉を思い出しました。

事実は時として、フィクションよりドラマチックなんだ。

破壊的イノベーションを起こす社長。
それを間近で見て、闘争心に火がついてしまった優秀な部下(→たぶん独立)。

なんてドラマチック。。

タナカ
井上雄彦さんの話しを補足すると、
「事実がマンガの上をいくことが悔しい」と。
プロです。ヒーイズ漫画バカです。

 

 

誰も気づかなかった落とし穴

0円で提供できるのは、ネット広告(スポンサー)のおかげ。
しかし、当時のネット広告って安かったのです。

ビックリするのは、メガバンク・上場企業 を巻き込んだ壮大な計画であったにも関わらず、誰も失敗を予想しなかったこと。
(わたしは気付いた!ってんじゃないですよ。)

プラス、ベンチャー企業をガンガン支援していこうという当時の風潮もね。
いろんな企業が手さぐりで動いていた時代だったんです。きっと。

失敗が必然だったとしても、板倉社長の前に進むパワーはすごいし。
「ハイパーネットの失敗から学ぼう」は違うと感じつつ、人間ってスゴイもの作るし、ぶっ壊しもするんだと。

事実は、ドラマよりもドラマです。

 

編集後記

届いた日・その翌日 と、2日もほったらかしたiPad。
ようやく初期設定→iOS10用のムック本見ながらいじっています。
「新iPad買って、ApplePencil買わないなんてアホですよ」なんて書いている雑誌もあり、ちょっとした万年筆並みに高いペンをどうするか。
揺らいでおります。

昨日の一日一新
  • OneDrive
  • Microsoftアカウントの設定いろいろ