ニンテンドーラボ・バラエティキットで遊ぶ。(Nintendo Labo Variety Kit)

ゲーム

スポンサーリンク

ニンテンドーラボ・バラエティキットです。
買ってみて大失敗。
となる可能性も覚悟しつつ、遊んでみました。

(楽しいです。ご心配なく。)

タナカ
山梨県で税理士やってるタナカです。
全部作って、バラエティキットの全部について書こうと思ったのですが。
組み立てるだけでも、1日ではムリでした。

 

ニンテンドーラボ・バラエティキット中身

外箱。にぎやかでいい感じです。

開けるとダンボールだらけです。外箱もダンボールですけどね。

組立てかたについては、ソフトが動画で教えてくれます。

↓ピンボケで申し訳ないですが、セット内容です。

ダンボールシートだけで28枚。なかなかです。

↓ダンボール以外の付属パーツ。アナログですね。

 

つくる練習。Toy-Conの組み立て

組立ては動画(ソフト)にしたがって進めます。

↓「すすむ」にタッチしたままの状態で動画が進みます。
(若干、わずらわしさアリ。。)

ダンボールは手で簡単に切り離せますが、破損しないよう丁寧にいきましょう。

折り曲げ方についても、親切に指示が出ます。

スポッと納めて完成です。
↓この箱(Toy-Con)、意味があるんだろうか。。

普段ジョイコンにケースを付けている方は、ニンテンドーラボで遊ぶ間は、ケースがじゃまになります。
外さないと、ダンボールに収まらなかったり、ダンボールにくっつけたりできません。

 

 

ニンテンドーラボ、本番(リモコンカー)

ソフトのおススメに従って、リモコンカーから作ることにします。

↑よく見ると、組み立てまでの時間の表示が。
「おうち」に関しては、2時間から3時間です。
なかなか。。

↓はい、ビリっとやってしまいました。。

切り取りやすいですが、くれぐれも丁寧に作業しましょう。

↓「組み立て10分」という表示のとおり、リモコンカーがサクッとできあがりました。

続いてアンテナですが、どう考えてもタダの飾り。。
お茶目な演出、キライではありません。

そして、ジョイコンの取り付けです。
↓ジョイコンは、ダンボールに引っかけているだけです。

リモコンカーを操作

リモコンカーは、ジョイコンを振動させ、その振動がダンボールに伝わって移動します。
机の上などのツルツルな面で。凹凸のないところで遊びましょう。

まっすぐ進みませんね。。
たぶん、ジョイコンの引っかけ方(左右のバランス)が悪いのでしょう。

 

 

ソフト以外のニンテンドーラボ自作は可能?

可能です!
本当にダンボールなので。

ただし、根気も必要でしょうね。

実際手に取っていただければ、細かさが分かります。

 

編集後記

上の動画ですが、「千鳥のオールナイトニッポン」の音声が入ってしまいました。
YouTubeで聞きながら撮影していたため。。
バラエティキットの残り、出来上がったら動画UPします。

昨日の一日一新
  • iPad(2018モデル)
  • iPhone近づけてiPad初期設定