どうする?ブログネタに窮したとき。続けたいなら泥臭く

Wordpressブログ

スポンサーリンク

ブログが書けないとは、ブログのタイトルが決まらないということ。
ほとんどのブロガーにとって、「書けない」とはそういうことでしょう。

見苦しくも何とかした(ごまかした)これまでについて、書いてみます。

[speech_bubble type=”fb” subtype=”L1″ icon=”ORE.png” name=”タナカ”]山梨県で税理士やってるタナカです。
何とか続けたいので、泥臭くやっております。[/speech_bubble]

 

 

書くために思いついたことをメモする

いいこと思いついても、ビックリするほど忘れます。
わたしだけではないハズ。

1日で1週間分くらい、ブログネタを思いつく調子のいい日もあったりします。
そんなときは(そんなときじゃなくてもですが)メモ必須。
記憶の彼方(かなた)に消えてからでは、なかなか引っぱり出せません。

[speech_bubble type=”fb” subtype=”L1″ icon=”ORE_ase.png” name=”タナカ”]なんですが、スポーツクラブ中はスマホを持っていないわたし。
汗がつくのがイヤだからなのですが、それってどうなの?と最近考えます…[/speech_bubble]

 

 

とにかくインプットとか

  • input がなければ output もない
  • 過去の体験を記事にすればいい

とか、よく耳(目)にします。

 

本を読む→書評が書ける

アウトプットのためのインプット目的で、一番分かりやすい読書。
実際、ネタに困ったときに助けてくれます。
(ブログのために読んでいるんじゃないですが。。)

ビジネス書の「評」は、ブログ記事にしやすいです。

こんないいこと書いてあった!+自分の体験
で、なんとか書く。。
(;´Д`A “`

まぁ、書きやすいと言っても実は難しく、ネタとして賛否もあるのですが。。
書くとなれば、そこは気にしないでいきましょう!

 

誰かのブログを読む→違う観点から書く

ブログを書くのに「パクリ」が悪いとは思いません。
(コピペは論外ですけれども。)

他ブロガーのブログを読むのは、

  • 最新情報を得る
  • おもしろい表現があれば参考にする
  • 自分でも書ける題材に気づく
  • 自分ですでに書いた題材の他の観点を知る
  • 研究

その他、のため。

たとえば「ドラクエ11」について3回ほど書きましたが、内容はわたし独自のもの。
書き手が変われば見かたも変わります。

発売日当日にプレイできなかったため、ブログにしたのは翌日から。
発売日当日の気合の入った記事を読み、「11」の記事はやめようかと。。
でも書きました。
けっこう読んでもらえました。
→やっぱり書いてよかった(わたしの存在を知ってもらえたかも)、となったりするのです。

ミニスーファミについては、山梨県内のゲオ(GEO)で買ったという内容がネットで見つからず(Twitterでも見つからず)。
だったらそこ(プラス地元情報)で書けます。

スタートはパクリでも、自分の視点をプラスすればOK。
「誰か一人の役に立てばOK」と言うじゃありませんか。

誰かに遠慮して、書ける範囲をわざわざ縮小することはありません。

 

過去の体験から書く

掘って掘って、掘りまくれば何か出てきます。

追い込まれる前に、掘っておきましょう。
(;´Д`A “`

 

 

わたしの好きな言葉→泥臭く

いろいろ書いたところで、やはり続けるには泥臭さが必要なのかなと。

毎日「いいネタ」で「カッコよく」書ければいいのですが、力不足です。

昨日も書きましたが、毎回おもしろく・毎回カッコよく が出来ないなら、泥臭く。
書かないとそこでブログ終了ですから。。

(終了じゃなくても、復帰するのに時間かかりそうです。)

 

編集後記

Amazon、honto、Bookliveなどで、「インベスターZ」1巻から20巻が各5円のセールとなっています。
5巻まではKindle Unlimited で読了済み。
今回6巻から20巻を買いました。
うち10冊については、クーポン使って20円引き(1冊当たり3円)。。
使えるものは使っておきます。
普通に買った人、イヤになりますよね。
(^_^;)

昨日の一日一新
  • 日税連に振り込み