ブック放題・Kindle Unlimited・dマガジン・楽天マガジン・マガジンウォーカー比較。何を求めるかで選ぼう。

雑誌(dマガジン)斜め読み

スポンサーリンク

雑誌(マンガ)読み放題サービスの記事です。

読み放題プレミアムを使って1か月半。
その感想など。

…だけだと話しがもたないので、他社サービスとの比較もしてみました。

タナカ
山梨県で税理士やってるタナカです。
「マガジンウォーカー」「読み放題プレミアム」「PrimeReading」を使っています。
なかなか贅沢な話しです。

 

 

読み放題プレミアムbyブック放題

読み放題プレミアム、使い出してから1か月半が経ちました。
Softbankスマホユーザーは無料で使えます。

雑誌100誌・マンガ1万冊

雑誌100誌とのことですが、ガジェット系・パソコン系をたくさん読みたい立場から言わせてもらえば。。
物足りないです。
(ファッション雑誌をたくさん読む方には良さそう。)

マンガ1万冊は。。
Kindle Unlimited もそうですが、古い作品ばかりです。

↓そんな中、キラリと光る佐藤秀峰さんの作品が。
(『ブラックジャックによろしく』の作者です。)

 

『特攻の島』佐藤秀峰 (著)

↓全9巻のうち、8巻まで読めます。
(Kindle Unlimited は最新巻9巻まで対象。)

中身は、神風特攻隊より先に計画されていたという、魚雷の特攻隊を描いたものです。

人間クサさを描かせたら佐藤秀峰さん。
『ブラックジャックによろしく』もそうですが、『特攻の島』もキテます。

 

 

プレミアム会員+540円/月⇒「ブック放題」

ヤフープレミアム加入で使えるのが「読み放題プレミアム」。
追加で540円支払うと、「ブック放題」が使えます。

ブック放題は、雑誌170誌・マンガ2万冊。

ラインナップを見ますと、総合週刊誌・「日経○○」など。
dマガジン・楽天マガジン あたりに並ぶラインナップになっています。
(dマガジン・楽天マガジン は、雑誌200冊。)

お値段は、
プレミアム会員費(498円)+540円⇒1,038円
です。

読み放題サービスの中では、高いほうですね。

 

 

読み放題比較

月額の利用料から見ていきましょう。
(PrimeReadingは省略します。)

  • dマガジン:432円
  • 楽天マガジン:410円
  • ブック放題:1038円
  • Kindle Unlimited:980円
  • マガジンウォーカー:540円

↓ザックリ中身で分けるなら、こんな感じです。

  • 雑誌(マンガ以外)なら「dマガジン」「楽天マガジン」
  • マンガ雑誌中心+雑誌(少なめ)なら「マガジンウォーカー」
  • 雑誌+ビジネス書+古めマンガ なら「Kindle Unlimited」
  • 古めマンガ+雑誌 なら「ブック放題」

楽天マガジンは使ったことないですが、dマガジンとほぼ同じだと思うので。。
(完全に同じではなく、ラインナップに若干の違いがあるので注意しましょう。)

 

えらび方

dマガジン・楽天マガジン は、ラインナップはほぼ一緒(ちょっと違う)。
1か月ずつ無料で使わせてもらった後、好きなほうを選ぶのが無難でしょうか。

マンガ雑誌をよく読む方であれば、マガジンウォーカーです。
「週刊少年ジャンプ」「週刊少年マガジン」「週刊少年サンデー」など、老舗のメジャーどころは読めません。

が、ヤングエースが読めます。
↓『僕だけがいない街』の、三部けい氏の作品が連載中。

バックナンバーが前号までというのが、マガジンウォーカーの弱点でしょうか。

Kindle Unlimited は、ビジネス書をたくさん読みたい・雑誌も読みたい 方に向いています。
雑誌は、バックナンバーもかなり読めます。
30日だけ契約してガッツリ読むのが、賢い使いかたかも知れません。

ブック放題は、古めのマンガ(単行本)をたくさん読みたい方向け。
個人的には、+540円はせず、ヤフープレミアムのオマケとして考えるのがいいのかなって気がします。

 

おススメは「ブック放題」以外

ブック放題以外は、強みがハッキリしています。
お好みでどうぞ。

と言いながらも、Softbankスマホユーザーならヤフープレミアム会費が無料です。
540円払うだけで「ブック放題」が使えるとも考えられますので、ソフバンユーザーにはアリな選択かも知れないですね。

 

編集後記

花粉の影響で、一晩とおして寝ていられません。
薬を飲んでいませんし、自業自得です。

昨日の一日一新
  • アマゾンmusicでエミネム
  • LINEで雑誌のプレゼント応募
  • 『ダイヤのA act2』11巻