「ぼっち村」市橋俊介さんの愛され術。(勝手な見立て)

読んだビジネス書など

スポンサーリンク

 

週刊SPA! で連載中、「ぼっち村」の著者である市橋俊介さん。

間違いなく、読者に愛されている漫画です。
市橋さんの野菜が欲しいと、読者から多数の応募がありましたし。

しかし、なんだかわたしに似ている部分も。
同年代、独身、どこか空回り、などなど。

応援の意味だったり、なぜ市橋さんが愛されるかだったり。
つらつら書いてみます。

 

タナカ
山梨県で税理士やってるタナカです。
不思議と魅力があって、不思議と愛される人って、どういう人なんだろうかと。
市橋さんの場合で、ちょっと考えてみました。

 

 

「ぼっち村」市橋俊介さん。だから愛される

思うところ、ズラズラっと並べてみます。

  • とにかく一生懸命
  • トライ&エラーを、ものすごく繰り返している
  • 意外とメンタルが強い
  • ネタがなくて大変と言いながらも、毎週、ほがらかな気分にさせてくれる漫画を届けてくれる
  • 行く先々で、近隣住民に愛される(たぶんキャラとして持っている)
  • 読者にも愛される(持ってるキャラクター)
  • SPA! 編集部に大事にされていない分、読者はほっとけない
  • 愛犬「ブンさん」が可愛い(バグです)
  • 主食がカップラーメンで市橋さんの体が心配になる
  • 寒い所にばかり住んでいて、冬が心配
  • 「ブンさん」も心配
  • 元女優の工藤夕貴さんに出会うなど、何か持ってる気がする
  • 自己評価がめちゃくちゃ低い(そんなことないぞ!と応援したくなる)
  • だからますます愛される
  • 最初のころ文字が読みにくかったが、市橋さん自身がそのことに気づき、読みにくかったことを読者に謝罪している
  • 「俺にはブンさんがいる」がカワイイ
  • 年越しの家の中に、自作のカカシを招待した(クリスマスだったかも。うろ覚え。)
  • 不思議と毎回根付くイチゴ
  • 蜂の巣取り名人
  • SPA! 編集部から忘れられていそうで、マンガは毎週載る
  • 耕作放棄地をなんとかし続ける
  • ブンさんに何かあったらどうするんだろう(動物病院、近くにないし。。)
  • 担当編集者とは基本的に音信不通
  • せっかく野菜が売れても、スパ編集部に没収される(没収というか返済。スパ編集部に借金があるため)

一部日本語おかしいですが、基本「ほっとけない」と思わせる市橋さんの魅力。
これからも応援します。

 

 

今日1日をガンバる

市橋さん、がんばっています。

スポーツ観戦が面白いのは、人が必死になっている姿が興味深いからだと。
そんなふうに思っています。

必死さ、一生懸命さがあると、不器用でも引力あります。
結果出せなきゃ意味がない というのも実際問題としてあるのですが、うまくいくコトを信じたく(応援したく)なるんですよね。

市橋さんがやっているのは農業で、何かないのかなと調べては、種をまく。
その土地に合わない種をまいてしまって、だいたい失敗には終わるのですが。

唐辛子など、スパイス系のものをまいた時は、飲食店から声がかかりました。
継続的な取引きを希望して、「今回(=最初)はお代は結構です」と。

「おお、市橋さん考えたな」

と思ったら、お店側は、継続的には考えておらず。
なかなか歯がゆいです。。

わたしが市橋さんを応援しなくて、誰が応援するんだと。
勘違いした読者ですが、応援せずにいられません。

(実際勘違いで、読者のほとんどが応援してます。)

 

 

「応援される者になれ」

わたしの場合、愛される素養はゼロですが。。
市橋さんの一生懸命さ、見習わねばイカンぞと。

雑誌読み放題、今現在何も契約しておらず。
週刊SPA!、しばらく読んでおりませんが。。

市橋さんの応援は、「ぼっち村」単行本にて、続けさせていただきます。

週刊ですが、1回あたり2ページなので。
なかなか単行本の量にならないのも、また歯がゆいんですけどね。

 

編集後記

約12時間のUdemyの動画講義、基本2倍速でしたが、ひとつ終えました。
10日間くらい、かかったでしょうか。
これが某資格講座でしたら、1回2時間とか2時間半ぐらいのものが、週に1回か2回。
それが、10か月間(あるいは半年間)ぐらいはあったわけです。
人間の慣れってすごい。
その慣れから離れてしまうと、こなすのが困難になる。
感覚が少々ぶっ壊れているうちですね。
厄介なものを終わらせるには。

昨日の1日ひとつ
  • トマト冷やし中華
  • HLOOKUP・IFS三つ・WORKDAY・NETWORKDAYS・DATEDIF・FV関数