ブルーアース・スポーツスパ店(中巨摩郡昭和町)1か月通ってみた感想など

スポーツクラブ

スポンサーリンク

ブルーアース・スポーツスパ店、2月頭より通っております。

当初は欠点ばかりが目についた同店ですが、住めば都と申しましょうか。
慣れるにつれ、良いところも見えてきました。

甲府盆地の真ん中(とその周辺)に住んでいる方で、スポーツクラブを考えている方。
参考になれば幸いでございます。

タナカ
山梨県で税理士やってるタナカです。
混雑しがちな国道20号の抜け方も、身についてまいりました。

 

 

ヨソより良いところ

まずは長所からいきましょう。
1か月通って、少し慣れて、いいところが見えてきました。

 

午前中が空いている

午前中、かなり空いています。
その午前中に行くかたの多くは、スタジオレッスンが目当て。

筋トレ・ラン(ウォーキング)マシン あたりがメインの人であれば、午前中がおススメです。
ただでさえ空いているのに、一番人口密度が高いのはスタジオですから。

午前中の空き具合は、土日・祝日にも及びます。
平日よりは人がいますが、それでも午後より大分少なめ。

空いていると、マシンの待ち時間がありません。
(もちろん待つこともありますが。)

わたしなんかは、いち早く帰りたい派(?)ですので。。
待ち時間がない(少ない)のは、本当にありがたいのです。

 

デイ会員がお得。安い・土日祝OK

デイ会員、10時から17時まで利用可能です。
休館日の水曜日以外、すべての日、通えます。

他のスポーツクラブだと、デイ会員は、日曜NG・祝祭日NGなど。
時間以外に、曜日の制限もけっこう入るのが普通なのです。

さらに、ゴールデンウィーク・お盆期間 の休館も水曜のみ。
さすがに年末年始は休館になりますが、お盆期間も休みなしはスゴイです。

 

フリーウェイト(ダンベル・バーベル)エリアが広め

ダンベル・バーベルは、使い方を覚えると、一番効く筋トレです。

マシンと違って、軌道のコントロールも必要ですから。
大変ですけれども、覚えたら最強なのです。
(プロに習いましょう。)

今のところ、フリーウェイトエリアに近づかないわたしですが。。
山梨県内でも、プロに教われる場が出来てきているようで。
タイミングを計っております。

 

タナカ
箇条書きにすると、長所少なめな印象かもしれませんが。。
空いているというのは、かなり大きな要素かと思うのです。
わたしが1月まで通っていた「休日スポーツクラブ」は、会員増やし過ぎなんですよね。

 

 

ヨソより残念なところ

もちろん短所もあります。

まぁ、人それぞれ使いかたも違いますからね。
誰にとっても不満ゼロは、不可能でしょうけれども。

 

ロッカーが狭い(カプセルホテル並みに…)

ロッカー、狭すぎます。

荷物、どこに置けばいいの?
となるレベル。。

冬場、コートなどかさばるものは持ちこまないほうが良いです。
運動に必要ないものは、マイカーの中に置いていきましょう。

 

更衣室が暑すぎる

更衣室、暑すぎます。
お風呂上がり、汗かきます。

天井に設置されている扇風機は、常に回してほしいです。
これが止まっていると、ホント最悪で。。

 

筋トレマシンが少ない

背筋系のマシンが2台、
大胸筋系のマシンが2台。
(フリーウェイト除きます。)

これはさすがに寂しい。。

“休日スポーツクラブ”は、背筋系のマシン、6台あります。
大胸筋は3台。

背筋系のマシンについては、あと2種類くらいは入れてくれないかなぁと。
思っちゃいますね。

 

別料金メニュー多すぎ

有料メニュー等として、ホットヨガ・岩盤浴・マッサージ・有料器具・水素水 があります。
(たぶん、まだある?)

スタジオは全部無料?
スタジオ外のレッスンメニューは無料?

スタッフに聞けばいいのですが、まぁ分かりません。

 

 

まとめ(デイ会員・午前中派 の立場から)

アリです!
水曜日(休館日)以外、休みが無いというのがホントに嬉しい。

人を選びますが、デイ会員は本当にお得です。
(今回の記事の範囲外の話しですが、「ナイト会員」に関しては、どこを選んでもシンドイのではないかと。ブルーアースも激混みすると聞きました。)

広くても、会員増やし過ぎて、結果狭くなる“休日”さんに長年通っておりましたが。。
ブルーアースに1か月通ってみて、良いところがたくさん見つかりました。

最後に、わたし個人のメリットで大変恐縮ですが、自宅から近くてガソリンの減りが少なくなりました。
時短効果もメリット。

近さで選ぶのも、続けるコツです。

(題意とちがうシメ。失礼しました。)

編集後記

日曜もアメトーーク(2018.3.4放送)「家電芸人」。
普通に勉強になります。
雑誌などで“買うな”に挙げられている家電を絶賛するなど、100%信じてしまうのは危険ですが。。
そのまま番組で売っちゃえば、売れそうです。

昨日の一日一新
  • 池上彰さんの本
  • 丸々一冊が他の本の解説本