よってけし!山梨県中央市タナカジムショ

ニガテを “半分、強い” に。山梨県中央市の税理士

ブログでやらないマイルール

time 2017/06/22

ブログでやらないマイルール

スポンサーリンク

みなさん、ブログ書いてますか?

書いているみなさん、何かマイルールはありますか?

わたしのルールは「日記書かない」くらい。
これだけだと少々さみしいので、他にも考えてみました。

タナカ
山梨県で税理士やってるタナカです。
自分をがんじがらめにするためでなく、自分で読んでイヤなものにしたくないためのルール。言い方だけはカッコいい…(か?)

 

 

書けばなんでも資産になるという考えNG

ブログは古い記事でも読まれることがあります。
TwitterやFacebookとちがい、埋もれづらい。
これが「ブログは資産」と言われる理由です。

しかし、

  • 無名人が書く日記
  • 時間がないから15分(30分)で書いた雑な記事

こんなんで、資産と言えるブログが書けるでしょうか。。
「ブログは資産」なんて言いますが、書けばなんでもOKというなら、「資産」という単語の意味が変わりそうです。

誰かの役に立つ記事が資産。
٩( ”ω” )و

誰の役にも立たない記事は、ネットの世界にたまったゴミです。。
(;´Д`A “`

 

 

書きだめNG

書きだめはしません。
出来る状況ではないのですが。。
(;´Д`A “`

もし、
「1記事1時間で、8本も予約投稿した!」
なんて得意気な人がいたら、わたしだったらそのブログ、読みたくないです…

 

出張時だけ特例

ただし、泊まりの予定があるときだけは、前日までに仕込んでいます。
ノートPCを持っておりませんし、スマホで記事を書くのが苦手だからです。

 

苦手な手段でUPしない

スマホではタッチタイピングができません。
その苦しさを無視して書こうとすれば、

  • 妥協する
  • ムダに疲れる
  • 悪い意味でサクサク感が出る
  • 考えるのが面倒になる
  • 30分くらいで仕上げたくなる
  • 読み直しせずUPする

こんな感じになるでしょう。

よく読まれているブログは、「何か1つでも読み手にメリットを」と考えながら書いているのが分かります。サクッと書いている感じもしません。

タナカ
(余談)
というワケで、ノートPCほしいです。
新発売の Macbook Pro、販売店に出回って、早くも価格競争始まってますね。

 

 

もう書きたくないテーマ

  • 日記
  • ブログ書けない病
  • ごますり記事(^_^;)

日記

日記を書いていいのは有名人だけです。
どんな内容だろうと、ファンは欲していますから。

 

ブログ書けない病

ブログ書けない病、わたしも過去書きました。
最近もずっとその「病(やまい)」です。

でも、これをテーマにしてしまうと、書くことがますます難しくなります。
(;´Д`A “`

  • わざわざ自分からムードを暗くする
  • 読み手が考えるのは「時間をかけて読んで結果暗くなるなんてまっぴら」
    →<戻るボタン>
  • 読み手が予想するのは「記事から得るものがあると思えない」
    →戻るボタン

それでも「書けない」について書くなら、序盤のうちに解決策を読み手に提示すべきでしょう。

「書けない状況でどう書く」「ブログテーマの提案」「克服法の本の紹介」「アイデアが浮かぶ体操の紹介」「アイデアが浮かぶ場所の紹介」「ブログサークルの紹介」など。
“具体的に役立つ提案”をしたいですね。

 

ごますり記事

わたしがやりがちな記事です。
(^_^;)

人生の主役は「自分」。
子どもがいる人で、せいぜい「子ども」でしょう。

誰かを称賛するばかりだと、“コイツのブログ価値ナシ”と思われちゃいます…

 

 

文字数を目標にすると誰も得しない

3か月くらい前まで、わたしがそうでした。
「最低3,000字」を目標に記事を作成。

これ、書き手はキツイです。そして、読み手の負担も考えていません。
→誰も得しません。

「削って削って、それでも3,000字になってしまった」というなら、仕方ないでしょう。
余計な文章を削った記事なら、ボリュームがあっても読みやすいハズ。
(たぶん、読み手もついてくる。)

問題となるのは、メリットを伝えるのに原稿用紙1枚で足りるところ、むりやり長文にすること。
文字数を目標にする書き手は、読み手を無視しています。

タナカ
「3,000字だ!」と提唱するプロブロガーは、10日に1記事くらいのペースで書く人たち。更新頻度が高い書き手は、そんなものにしばられる必要は無いかと。

 

 

さいごに

以上、わたしのマイルールでした。
(書きながら考えたものばかりですが。)

「ブログの書きかた本」「文章の書きかた本」「プロブロガーの意見」「同業者のブログ」など、参考にしています。
しかし、誰にでも共通して言えることなんて、ほんのわずかです(きっと)。

なので、100%言うことを聞くのではなく、しっくりくるところで線引きしたいですね。

「ダメだからまずは真似る」ことも、必要ではあるのですが。

 

執筆後記

Twitterだと、リツイートが多すぎる人をフォローしたくありません。
「リアルで知っている人なのでやむを得ず」もありますが、ツイートが流れてしまうのが迷惑…
めんどくさい人でごめんなさい。
(^_^;)

昨日の一日一新

スーツにナイキシューズ

サービスメニュー

書いている人

田中雅樹

田中雅樹

山梨県中央市の税理士・相続診断士。 ブログ毎日更新。 中央市商工会会員。 中央市消防団団員。 [詳細]

最近のコメント