私(バカ)は成功例より失敗例のブログから学ぼうと誓った

Wordpressブログ

スポンサーリンク

日記でないブログは、読むといろいろもらえます。

  • 発見がある
  • 気づきがある
  • 間違いに気づく
  • そういう手もあったか
  • わたしのことディスってます?
  • この言い回しいいな(イヤだな)
  • この考え方いいな(イヤだな)
  • お手本にしよう(反面教師にしよう)
  • それ買ってみよう
  • それ試してみよう
  • 失敗を載せてくれてありがとう

などなど。

特に、禁止事項を増やすキッカケになります。

[speech_bubble type=”fb” subtype=”L1″ icon=”ORE.png” name=”タナカ”]山梨県で税理士やってるタナカです。
ブログ、数多く読んでいるつもりでしたが、ただいまのFeedly登録済みのブログ→55。
意外と少なかったです。[/speech_bubble]

 

 

失敗は一番の学び

人の失敗。
一番学べます。

『あぁ確かに。良さそうだけれど、やっちゃいけないなぁ。』

と思ったら、それをやらなければOKです。

学ぶというか、禁止事項にできるというか。
即効性アリです。

 

成功例は微妙

逆に、成功例は微妙です。

まず第一に、わたし≠その人 です。
経験も違う。能力も違う。

ビジネス書なんて成功自慢ばかりで、失敗例を載せてくれよと思っちゃいます。
(わがままですかね。笑)

T○Cのリースを組んで失敗した。
Webサイトを作ってくれる会社に頼んで失敗した。
ツバメの申告ソフトで失敗した。
広告会社にお願いしたが、お金だけ消えた。

そういう失敗例を披露してくれるブログや本を読みましょう。

 

 

ブログで痛いところを突かれた

これ、よくあります。

『このやろう。。絶対わたしのことディスってるでしょ。。』と。

しかしここで腐っては負けです(笑)
その怒りをストレートにブログ等で発信→ 絶対NGです。。

わざわざ自分で自分の品性を落とすようなもの。
(わたしがそれをやっても、スルーされて、記憶にも残してもらえないでしょうが。)

 

自分と対話してみる

痛いところを突かれたら、自分と対話。
もしかしたら、新たな気づきに出会えるかも知れません。
そもそも「痛い」と感じるということは、心当たりがあるはずです。

冷静な頭でおもしろく反論できそうであれば、ブログネタにするのもイイかも。
ただし、難易度は高めです。

 

 

反面教師にする

『この人のブログ、いつ見てもつまらん。。』

これもよくある。。
でも読んでいます(サラッと)。

  • 読み手無視の専門用語
  • 一つの文章が長すぎ
  • 人まねし過ぎて個性がお亡くなりに
  • 被害者意識のクセがスゴイ…
  • なんかイヤ…

これは違うでしょーと思ったら、「これ」をしない。

人の真似をして上手くいくかどうか、分かりません。
でも、これはダメ はすぐできます。

 

ちなみにこのブロック、わたし自身のことは100%棚の上です。
(;゚Д゚)

 

 

失敗例満載の本

↓この本イイです。

失敗例がおおく、明るい気持ちにはなれない本ですが(笑)

 

執筆後記

甲府市内のセルフガソリンスタンドで給油しています。
6のつく日6円引きで。(今日は26日)
一定量以上給油するとスロットが回り、更に値引きされます。
いつもは「ぶどう」が3つそろって2円引きなのですが、本日は「りんご」が3つそろって3円引きになりました。
40リットル×1円/L=40円、いつもより安い。
これだけで得した気分に。
人の気持ちのおもしろいところです。

昨日の一日一新
  • ひかりTVショッピングでゲームソフト予約(グランツーリスモsport)