JavaScriptでプログラミング再挑戦!(小学生に負けんぞ…)

勉強法

スポンサーリンク

プログラミングの勉強、地味に始めました。

お金になるか?
本業とつながるか?
ITに強くなれるのか?

そうなれば良いのですが、その辺りは気にせずスタートです。

タナカ
山梨県で税理士やってるタナカです。
何でもそうですが、新しいことは最初がシンドイですね。

 

 

“やってみよう”のキッカケ

誰が何と言おうと、わたし自身には不要だと思っていたプログラミング。
税理士はエンドユーザーであればいい!
と思っていました。

ブログで「プログラム始めたよー」と書いている人を見ては、『やっても何も生まれんがな…』と思っていたのですが。。

 

プログラムを書くと頭がよくなる

のだそうですよ!

プログラムは、コードそのまま、書いたとおりに動きます。
たいていは、エラーが出たり、無限ループにはまったり。
想定外の動きをしてしまうのが普通。

カンペキを想定するまで実行しない。
なんてことはせず、書いては走らせ、修正し。
これをくり返します。
(「デバッグ」と呼ばれています。)

想定の動きまでもっていく作業。
たしかに、脳みその運動に良さそうです。

 

「巷の噺」で見た、小学生向けプログラミング教室

笑福亭鶴瓶さんの番組「巷の噺」(テレビ東京)で、小学生向けプログラミング教室に取材に入った回がありました。

5年生・6年生(高学年)向けではなく、低学年向けの教室です。
「義務教育でもプログラミングを」という声が出ているところで、教育熱心な親御さんはすでに動いているようで。

小学1・2年生に脅威を覚えました。。

 

完全なゼロスタートではない

だいぶサビつきましたが、23歳までプログラム書いています。
実に19年前(間もなく20年前)。。

エンジニア不足なんて言われている昨今。
かと言って、枯れていく分野ではありません。

それどころか、上で書いたとおり、子どもが勉強する時代になりつつあります。
10年後には「文系でもプログラムは書ける」なんて時代になっているかも知れません。

サビだらけでも、引っぱり出さない手はないでしょう。

タナカ
ヘタに経験がある分、カンタンに心が折れる可能性も。
覚悟して挑みます。
わたしと同じような状況のかた、再チャレンジいかがですか?

 

 

プログラミング言語は何にする?

Python、Ruby、JavaScript あたりが良さそうです。
(いずれも初心者向けとされています。)

 

わたしの状況

JavaScriptで再開しよう!
と、本日決めました。

今年だけで再開と挫折をくり返していますが、撤退はしません!

(↓どうでもいい話しですが、開始・中断の流れです。)

Python

とあるブログの連載を教科書にしていたのですが、1回遅れ、2回遅れ。。
そうこうしている間に落ちこぼれました。
(;´Д`A “`

Rubyは本が少なく…

1か月ほど前に考えた次の候補がRuby。
Pythonもそうですが、Rubyも初心者向け(しかもRubyは日本生まれ)です。

動画で教えてくれるサイトもありますが、わたしにはどうも合わず。
本を探すも、Rubyは少なく、心ひかれる本は見当たらず。
(→再び停滞。。)

JavaScriptに決めた

JavaScript、誕生したころ(20年前くらい)を知っています。
当時は「単にサイトに動きを与えるだけ」「サイト上の簡単なアプリ向け」って感じでした。

これからはオブジェクト指向だ!Javaだ!
という時代で、Javaのオマケ的位置づけだったように記憶しています。

しかし現在、“初心者向け”で“学ぶ人も多い” のがJavaScript。
今でも新しく本が出ています。
登場当時より、今のほうが人気者な感じです。

 

偉そうに経験者目線で言うと「何でもいい」

どんなプログラム言語だろうと、根っこは(ほぼ)一緒。
6割自分のものにすれば、他の言語にも対応しやすくなります。

だったらPythonやれよ!
なのですが…(;´Д`A “`
とにかく再スタートしたいのでJavaScriptに。
(心機一転もしたいですし。)

くり返しになりますが、やってみたいと思ったら、まずスタートです。
他言語への“浮気”は、簡単にできますので。

 

編集後記

PS4「スカイリムVR」をプレイ。
と言っていいのか、全く動けないままあきらめました。
オプション設定が「PS Move」使用になっていたかも知れません。

昨日の一日一新
  • PlayStationカメラ
  • PlayStation VR(CUHJ-16003)
  • THE PLAYROOM VR(ROBOT RESCUE)
  • バイオハザード7を「VRモード」で