『弟の夫』1巻。価値観のはなし。(NHKでドラマスタート)

読んだビジネス書など

スポンサーリンク

「弟の夫」、第1巻が安いので買ってみました。

著者の田亀さんの、少しでも知ってほしいという思い。
価値観は人それぞれで、それは個性だと伝えたいのかなと。
そんな風に感じました。

タナカ
山梨県で税理士やってるタナカです。
タイミングよく、ブックウォーカーの双葉社コイン50倍が始まります。
完結の4巻まで買っちゃおうかと。

 

 

弟の夫1巻・あらすじザックリ

カナダからやってきた、弥一の弟(涼二・故人)の結婚相手マイク。
不自然なほどすんなり、弥一・娘のカナ との共同生活が始まります。

弟の同性婚相手ということで、色眼鏡で見てしまう弥一。
一方でカナは「おじさんが出来た」と大喜び。
そんなカナを見て弥一も、「俺もそんな風に、単純に考えればいいのかな」と、少しずつ変わっていきます。

ある日マイクは、アメリカ人の友人に会いに出かけます。
泥酔状態で帰宅したマイクは、弥一を抱きしめ、「リョージ…なぜ死んだ」と大泣き。

この辺りの描写、グッときます。
(日本語訳を読むより、マイクの英語のまま読んだほうが来ました。)

 

 

セリフ少なめ。間の見せかたが秀逸

サラリーマン金太郎シリーズ、先月(2018.2月)読みまくっていました。
政治経済の話しで、どうしてもセリフ多めの金太郎シリーズ。
おもしろいのですが、疲れました。

一方「弟の夫」は、セリフ少ないです。
でもその分? いい間があります。

ドラゴンボールの擬音まみれは、当時評判低めだった気がしますが。。
ヒューマンドラマは、セリフよりも、表情や仕草の要素が大事なのかもしれません。

 

 

著者:田亀源五郎 氏

“マンガ家/ゲイ・エロティック・アーティスト。”
(アマゾン 著者ページより)

一般誌ではタブーとされる話しで、田亀さん、編集者を信用できなかったそうです。
それが雑誌の表紙をかざり、ドラマ版はNHKで放送。

わたしとしても、斬新なマンガです。
ドラマ版も見たくなってきました。

編集後記

最近Kindleの日替わりセールをホイホイ買っちゃいます。
今日は、羽生善治さんのAIの本。
けっこうボリュームあるみたいなので、うまく読んでいかねばと思っています。

昨日の一日一新
  • toto登録(買いませんが)
  • Readers Storeアプリ