目標・目的・ゴール、はキライだが ミニゴール は好き

税理士試験

スポンサーリンク

言葉にほんろうされる税理士、田中です。
(ウソですウソです…汗)

計画を立てないとダメだとか、
バランスをとらないとダメだとか、
正直どうでもいいっす。。

タナカ
山梨県で税理士やってるタナカです。
つべこべ理屈をこねくり回す前に「やれ!」
そういう話しでもあります。

 

 

「目標」「目的」「ゴール」という言葉遊び

目標・目的・ゴール、言葉遊びのようでキライです。

目的を達成するための目標とか、ゴールを設定してがんばるとか、使い方はわかっているつもりですが、考えすぎると動けなくなる(わたしのような)タイプには向いていません。

と言いつつ、ミニゴールの設定は好きです。
ゴールは一つではないと分かりやすい響きですし、これがんばってみようかなと思えたりするので。

話しがそれますが、もしゴールがひとつしか設定できないものだったら、どこに設定したもんでしょう。

「10年後にこれをやる!」→「達成」
となったら、あとはゴール無しでしょうか。

タナカ
昨日の記事で言えば、60点がミニゴール(とりあえずの目標)でも良いのではないかと。
税理士試験合格のたてまえも60点ですし。

 

過去記事ドラクエ11のスキルパネルは最低二刀流。リアルでも二刀以上で

 

 

意味不明なエール

「試験合格はゴールじゃないから落ちたっていいんだ」

という、残念なエールを見たことがあります。
ゴールでないなら何なのか。通過点でしょうか。

もしそうなら、ツッコミどころ満載です。

  • 通過点なら、失敗してもいいのか
  • 通過点はオマケと言いたいのか
  • 通過点だから、いつか通れればいいのか
  • 通過した後が大事だから、その通過点は通過できなくていいのか(→もはや意味不明ですが)
  • その後が大事と言うなら「迂回点を探せ」とアドバイスしたらいいのに

最終のゴールなんて誰にも分かりません。
(したいことなんて、後からいくらでも出てくるし。)

設定すればOKなはずもなく、修正しながらたどり着ける道かも知れないし、ダメになる道かも知れません。

通過点(ミニゴール)に失敗しても、ゴールはできるのでしょうか。
(ゴールのほうが簡単?)

意味不明だなぁ。。(言葉遊びスミマセン。)
(;´Д`A “`

タナカ
合格だけがゴールではない、という意味ならまだ理解できるのですが。
まぁ、ここの内容は、単にわたしがイラッと来たことを書いているだけです。

 

 

迂回点があるなら使えばいい

税理士になりたい場合、試験から完全に逃げるには国家公務員(国税の職員)になる道があります。

他には、試験負担をだいたい半減(得意・不得意によってはもっと“減”)できる「大学院」という手段も。
(あと、地方公務員が税理士試験1科目免除になるということを最近知りました。)

その後の成功が「目的」であるなら、わざわざツライ「目標」を設定する必要はありません。
迂回点をミニゴールにすればいいはずです。

寿司職人だったら、3か月でにぎれるように指導してくれる専門学校があります。
かなり厳しく指導されるだけあって、成果は出るみたいです。
「まず××年間は掃除だけ」みたいなことを迂回できるわけですね。

タナカ
キライと言いながら、あえて「目的」「目標」と言う言葉を使ってみました。
文章にするには便利な言葉ですね。

 

 

税理士受験生よ、目の前のミニゴール突破をがんばって

「試験突破しか考えていないよ」という人、半分くらいはいると思います。
わたしもそうでしたし、それでいいのではないかと。

妄想にひたって突破できる通過点ではないです。
一点集中、合格だけ考えていればOKな期間かと。

後のことは後の自分に任せましょう!
٩( ”ω” )و

 

執筆後記

NHK大河ドラマ「女城主直虎」、弱者の戦略を地で行っていて好きです。
高橋一生さんの演技にもゾクゾクしております(笑)
尻上がりに良くなってくるって、いいなぁ。

昨日の一日一新
  • ドラクエ11、主人公がやられる
  • HD8でMacFan