LINE Payのキャンペーンに駈け込み参加→スマホだけでOK

スマホ

スポンサーリンク

スマホだけで完結する「LINE Pay」の設定のしかたを解説します。

コンビニでの「LINE Pay カード」の販売は終わってしまいました。
LINEアプリから「カード」発行依頼をすると、1週間から2週間かかります。

たびたび行われる「LINE Pay」キャンペーン。
キャンペーンの条件を満たすだけなら、カードがなくてもできます。

タナカ
山梨県で税理士やってるタナカです。
2,000円チャージで1,000円分もらえるキャンペーン。
電子マネーをほとんど使ってこなかったわたしですが、いい機会にもなるかなと。

 

 

LINE Payの初期設定からチャージまで

  1. LINEアプリを立ち上げて、右上の「メニュー(・・・)」をタップします。
  2. 2列目中央の「LINE Pay」をタップです。

↓このような画面が出ます。

↑赤ワク内のメッセージが画像のメッセージと違っていたら、赤ワク部分をタップしましょう。
→6ケタのコード(暗証番号)を設定します。
設定後、上の画面に戻ります。
(画像どおりのメッセージだったら、無視してくださいませ。)

次に左上の「チャージ」をタップしましょう。

今回は、「銀行口座」からのチャージで進めていきます。

 

「銀行口座」をタップして、↓この画面です。

山梨県内の銀行が見当たらなかったので、ジャパンネット銀行を選びました。
(三井住友など、メガバンクであっても、甲府支店が一応ありますが。)

 

↓個人情報・銀行口座情報 を入力していきます。

 

入力後は、銀行口座にログインするなどの操作が続きます。
指示にしたがって入力していきましょう。

 

 

↓チャージが可能になりました。
「チャージ」をタップします。

 

↓登録した銀行口座を使いたいので、登録したてのジャパンネット銀行をタップします。

 

↓「+100」「+1,000」「+10,000」をタップして、チャージ金額を決めましょう。

「2,000円以上チャージのキャンペーン」の適用を受けたいので、今回2,000円を入金しました。
(「+1,000」を2回タップ。)

画面下の「チャージ」をタップすると入金完了です。

 

↓LINE Pay のトップ画面。残高が反映されています。

タナカ
キャンペーンは2018.2.28で終了しますが、またあるでしょう。
ネットで調べたり「LINE公式ブログ」を見ると、LINEPayカードが無いとダメそうに見えますが。。
カードがなくても大丈夫です。

 

 

LINE Pay“カード”を使うメリット

スマホだけで使える LINE Pay ですが、“カード”で使ったほうがお得です。
ポイントが2%付きますので。

一方、スマホ決済の LINE Pay だとポイントが付きません。
カード、とりあえず申し込んでみようかと。

ポイント溜めれば、Amazonギフト券にもかえられるみたいですし。

タナカ
モバイルSuica・ファミマTカード を組み合わせると、さらにポイントがお得になります。
興味のある方は、ググってみていただければと。

 

編集後記

「99.9 刑事専門弁護士」、おもしろいです。
もっぱらTVerで視聴。
GYAO!より軽いですし、使えます。
松潤カッコイイ!

昨日の一日一新
  • 昭和町のジム→後屋町のGS のルート