Kindleの試し読み0円を使おう!(→他サイトでもたいてい0円だけど

読んだビジネス書など

スポンサーリンク

マンガ!
最近読み過ぎています。

読んで楽しいから読むのですが、他にも理由はあります。

タナカ
山梨県で税理士やってるタナカです。
フィクションを活字で読むのは避けています。時間がかかるので。
そこへいくとマンガはいい! 読む以外に目から情報が入ります。
電子書籍の試読のおかげで、読ませすぎるマンガを避けることができます。
活字(文庫本など)よりお金がかかることが難点ですが、時間をかけずに長編フィクションが楽しるのは大きいっすね。

 

 

ワールドトリガー

期間限定(2017.10.20まで)、1巻から4巻が無料という太っ腹。
集英社のマンガ雑誌は買っておりませんから、試し読みは貴重な情報源です。

ネイバー(近界民)と呼ばれる異次元からの侵略者に攻撃を受ける地球。
それに対抗する、ボーダーと呼ばれる選ばれた地球人(キホンは自薦かも…)。

ボーダーそれぞれに個性があり、その個性を生かせる武器を選んで、訓練し、ネイバーと戦います。
実に、子どもウケしそうな内容。
わたし的にもウケています(笑)

能力の面がやや複雑ですが、話しはサッパリと分かりやすいです。
ありがちだ! との意見もありそうですが、ボーダー組織内部の派閥争いの今後も気になるところ。

5巻まで読みまして、今のところテンポもいい感じです。
「ランク戦て必要?」とか、冷静に読み過ぎてはいけません。

 

 

刑事ゆがみ

今晩(2017.10.12の晩)から、テレビドラマ版が始まります。

絵柄は昭和なニオイのする同作。
テレビドラマの刑事モノのおもむき。→中身も昭和です。

2016年10月に第1巻が出ておりますが、なぜ今、昭和の刑事ドラマなのか。
理由は分かりませんが、不思議と引き込まれるコテコテ刑事ドラマです。

昔は優秀だったと周囲に言われる、現在さえない感じの刑事弓神(ゆがみ)が、勘と足と愛で、事件を解決に導く。
1話完結ならぬ、1巻完結の構成になっております。

 

ところで、
↓前作の主人公も、魅力と能力あるオッサンだったようですね。

「弁護士のくず第二審」は、1・2巻無料となっています。
お早めに!
(ダウンロードだけじゃダメですよ。期間過ぎると読めません!)

 

 

ダーウィンズゲーム

表紙のダークな雰囲気に期待して試読。
→期待にこたえてくれました。

謎のスマホアプリ(ゲーム)で始まる、オフラインの殺し合い。
賞金目当てに参加するプレイヤー、事故(偶然)で始めてしまったプレイヤー。。
キッカケは違っても、相手を殺すか、優勢勝ちにより勝利しなければ、人生がゲームオーバーになります。

カスタマーレビューの投稿の少なさから察するに、あまり読まれてはいない感じ。。
もっと読者が増えても良さそうです。
(1巻を読んだだけですが。)

 

 

亜人

↓「1巻から3巻無料」+「11巻99%ポイント還元」 でまんまと釣られ、けっきょく4巻から10巻も買ってしまいました。。

今さら亜人の紹介ですかー?
と聞こえてきそうですが、今さら「亜人」の紹介です。

アニメ版はすべて見ております。
あえて原作は読まずにいましたが、原作、いいっすね。。
亜人佐藤のぶっ壊れっぷりは、原作のほうがやや上でしょうか。

「デスノート」のブラックで知的なところが大好きだったわたし。
「亜人」もいい感じです。
こういうちょっと大人向けの、駆け引きの要素がいいのです。

いいマンガに出合うためには、アニメチェック、評判チェック、Kindle試読チェックが欠かせません。
(遊びたいイイワケみたいですね…)

死角が見当たらない佐藤に、永井圭は勝つことができるのか。
12巻、はよ出してください…

 

 

マンガを読む理由

まず最初に書きました、「フィクションの活字は読むのに時間がかかり過ぎる」こと。
おもしろいですし、ハマれます。大好きです。
しかし、時間が。。

マンガは時間がかからないの?→そうでもない…
なんですが、視覚にうったえる効果があります。

読ませすぎるマンガは、時間がかかる以外にも、息苦しさを感じてしまうので避けています。
セリフがなくても、「絵」や「間」で、読者に伝えてくれるものが読みたい。
活字よりもサクッと、フィクションを楽しみたいのです。

それからマンガは、児童・学生・20代社会人など、若い世代にも読まれるもの。
今のハヤリを知ることができます。
(好みでマンガを選んでいますが。。)

「今の若いもんは。。」なんて、こちらから接点を絶つような思考は持ちたくありません。

もちろん、マンガを読んでリターンがあるなどとは思っていません。
その辺は、フィクション小説といっしょです。

ま、アレです。
マンガは日本が世界に誇る文化ですからね。

 

編集後記

昨日に続き、本日も夏日。
一度はしまった空調ざぶとん、再び引っぱり出しました。
ミニスーファミのゼルダは、異世界の「蛾」に苦戦しています。
ボス自体より、床が動くことに苦戦なんて。。

昨日の一日一新
  • マンガ「将棋めし」「あなたのことはそれほど」