みうらじゅん著「ない仕事の作り方」。みうらワールドに降参。

読んだビジネス書など

スポンサーリンク

 

ずっと気になっていた「みうらじゅん」さんの本。
「ない仕事の作り方」です。

実を言いますと、みうらさんのこと、ほとんど知りません。
男性から圧倒的支持を得ていることくらいしか。

なぜこんなに、みうらさんが人気者なのか。
よーく分かりました。

タナカ
山梨県で税理士やってるタナカです。
最後の3割くらい、ずっと笑いっぱなしでした。

 

 

みうらさんの手数が多

この本を読んでいて感じるのが、みうらじゅんさんの手数の多さ。

目のつけどころも面白いのですが、全てが世の中に引っかかっているわけではありません。

 

ネーミングセンスは世の中が決める

みうらさんのセンスも良いのだけれど、手数の多さもあってこそ。
だから、そのうちのいくつかが世の中に引っかかるのですね。

もちろん世間に引っかかる前に、ごく一部に引っかかるワケです。
そこから口コミだったりで世間に広まって行くと。

 

 

〇〇ブーム

嫌な事でも、語尾にブームとつけてみると不思議と楽しそうなる。
例えば「残業ブーム」とか。
(byみうらさん)

たしかに、不思議とネガティブ要素が吹っ飛ぶ感じがします。
(残業代を稼ごうとして、わざと残業する人も世の中にはいるようですが。)

私が真っ先に思いついたのは「確定申告ブーム」。
事務所サイトの方で使ってみようかと企み中です。

 

 

意地で最後までやってみる

みうらじゅんさんの凄さに、「面白くないことでも続けてみる」ことが挙げられるかと思います。
(だれだよオレ!)

Bob Dylanがちっともいいと思わないけど、片っ端からレコード集めていたそうです。
そしたら世の中もDylanさんのスゴさに気付いてきて、その内ご本人とも会ったりして。

「つきぬけろ!」
なんて言われる昨今ですが、みうらさんこそ元祖つきぬけ人(びと)ではないかと思いました。

「誰もやっていないことをやろう」とする姿勢も、小学生の頃からあったそうで。
真似ばっかりのワタシが恥ずかしいよ。。

 

↓40%ポイントバック中(2018.9.15現在)です。うらやま!

 

編集後記

2018年8月1日に買って放ったらかしだった「ラーメン大好き小泉さん」を読んでおります。
実写ドラマ版は見ていましたが、原作は初。
これは原作がおもしろいですね。(ほとんどの場合そうでしょうが。)
キャラクターが立ってます。

昨日の1日ひとつ

  • BE→甲府富士屋ホテル
  • 研修午後のみ
  • うゑず「つけめん特」