イケダハヤト著「武器としての書く技術」。KindleUnlimited対象じゃないのは売れるからだと思った

読んだビジネス書など

スポンサーリンク

 

ブロガーイケダハヤト。
有名な方です。
名前は知っています。
なのにブログは読んだことなし。

よく炎上するということは風の噂で知っていました。
イコール、影響力のある人。
じゃあ一度ブログを読んでみよう。
ではなく、本を読んでみました。

タナカ
山梨県で税理士やってるタナカです。
イケハヤさんの本。読み放題対象のものは読んだことあります。でも刺さらず。
この本はグサグサ来ました。

 

 

感想。ホントに5年前の本? 今でも通用する

感想は次のとおり。

  • ブログをやる人なら読む価値あり
  • 15分で1000文字書くなど「効率的に書くべきだ」という提案に納得
  • 22か月前に読みたい本でした
    (今読めて良かったという思いもアリ。)

22か月前というのは、このブログのスタートです。

この当時で、イケハヤ氏のブログの稼ぎが月50万。
今では「月500万稼ぐ」とかいう本出してます。

わたしにゃ出来ませんが、書き手として見習うべきポイントもり沢山の本です。

 

 

月間4万文字

イケハヤ氏の吐き出す文字数です。
2013年の数字ですから、今現在はもっと多いのかも。

わたしが1日1500文字ほど。
(このブログです。)
たったそれだけのボリュームで、90分ぐらいかかったりしています。

全く話にならん…
時間のこと(効率)も考えねば。

 

1000文字あたり15分

2013年のイケハヤ氏の数字。
1500文字だったら22、3分。

 

一日5、6記事

いくら質より量だといっても、なかなか書ける量じゃないです。
でも1日1記事で質の低い記事を書くぐらいだったら…
チャレンジしてもいいのかなと。
(チャレンジというか、明日にとっておこうとか、変な出し惜しみもなくなりそう。)

「スピード感の練習にもなる」と書かれています。
こんな記事を投稿したら恥ずかしいな。からの脱却も図れそうです。

  • 1年10か月も毎日更新していて、
  • しかも、ブログに興味ありの税理士の集まりで、
  • 誰ひとり、わたしのブログを読んでいないという。。

おごりなんて無いですが、久々の軽い屈辱。
先月末(2018年6月末)の出来事でした。

「質」どうこうなんて言う資格ナシ。
「恥」なんて感じる暇ナシ。

思いついたら書いてみますわ。

 

 

リズムが大事。「、」を減らし「。」を増やす

文章を短くする。
これは常に心がけています。

しかし「、」は。。
多すぎだったかも。

「、」を増やすと誤読が減ると思ってのことでした。
でもリズムが悪くなるのは、いいことじゃないなぁ。。

小学生時代、国語のテストが苦手でした。
「、」をつける場所に正解なんてないだろと。今なら言ってやりたい。
イイワケ、ヤツアタリ でした。

 

 

炎上・批判は人気者の証

たまに「顔出し+実名 でブログを書くと批判が怖い」とか書いている人がいます。
税理士でブログをやっている人だと、浮かぶのは1人くらい。

なぜ批判されるか。
それは、その人の才能がうらやましいから。
それしか無いっす。
無名人なんて、誰も相手になんかしやしません。

人の批判なんて時間のムダですけど。。
一見そんなムダをする人も、無名人(無能人)を相手にするヒマは持ち合わせていない。
嫉妬しちゃうから批判しちゃう。

わたしだったら批判が届いたら大喜びします。
おぉ、コヤツには刺さったのか って。

大学教授のような専門家からの指摘であれば、それはそれで歓迎すべきで。

中身のないバカだのカスだの、そんなものはスルー。
スルー力(りょく)の鍛錬になると考えればOKです。

 

この本オススメ。
おしまい。

編集後記

エアコン無しで過ごしておりますが、さすがに命の危険を感じてきました。
甲府の予報、今日が37度。明日が38度。
まずリモコンに電池入れます。

昨日の1日ひとつ
  • 配送タイプAmazonギフト券(ボックスタイプ)
  • Amazonビジアカにギフト券追加