global cabin 五反田 をレビューしちゃうよ!

失敗

スポンサーリンク

本日から3日間、品川でお勉強です。
宿はけちって五反田です。

[speech_bubble type=”fb” subtype=”L1″ icon=”ORE.png” name=”タナカ”]山梨県で税理士やってるタナカです。
ホテルには求めるものが少ないわたしですが、プライベートスペースに鍵がかからないのはキツイっすね。[/speech_bubble]

 

 

フロアの廊下

エレベーターを使うのにカードキー使用。
エレベーターを降りて、個室エリアへ入るのにも、カードキーが必要です。

↓しかし、エリア内の各個室はアコーディオンカーテンのみ。防災法の関係で鍵がかかりません。

 

8階浴場に入るのもカードキー

8階にお風呂があります。
(シャワーだけなら各フロアにもあり。)

この8階お風呂の「自動引き戸」もカードキー。
脱衣所には鍵のかかるロッカーがあるので、自分の部屋より安全です。

狭いけど、きれい。
安全なロッカーありますし、スマホ持っていけば良かったです。

 

 

キャビンタイプカプセル

↓先に服をかけてしまい、お見苦しい写真ですみません。

カプセル部分以外の床面積は、1.5畳といったところ。

↓この机の上にMacBook Proを載せてブログを書いておりますが、悪くありません。

ただし、椅子は背もたれが20センチ弱といったところ。
少々腰がしんどいです。

↓セキュリティーボックス。4桁の暗証番号でロックをかけることができます。

ここにMacBook Proを預けるつもりでいましたが、入りません。
10インチのiPadも入らないくらいの小さなもの。

↑写真に写っているのは、Appleの高速充電器です。
スマホ、財布など、小さなものしか入らず不便。。

8階浴場に行っている間、MacBook Proを部屋に残すのが怖く、リュックに入れてフロントに預けました。
(8階浴場に持っていって、ロッカーに入れる手もありますが。。)

 

寝床(カプセル部分)

↓横幅けっこうあり。ロールカーテン降ろせます。

↓枕の手前に置いてあるのはヘッドホン。

 

 

騒音問題はどうか

普通のカプセルは耳栓必須

カプセルホテルで何が一番ツライかというと、うるささです。
わたしの場合、耳栓なしではまず寝られません。

寝ついたところでクシャミで起こされたり、イビキで起こされたり。
ほかにも、ドアの開閉や、ロールカーテンがバシッと戻る音で起こされます。

耳栓を忘れたりすると、もう無理ゲー。
あきらめます。

安さと大浴場以外は、最低レベルです。
それがフツー。

 

キャビンタイプカプセル

キャビンタイプは、1フロアに入れる人数が少ないです。
通常のカプセルの「2分の1」から「3分の1」といったところ。
それだけでだいぶ静かです。

エレベーターなどのエリアからカプセルエリアに入るには、上で書いたとおりカードキーが必要で、(半)自動ドアです。
手動ドアではないので、これまた静か。

唯一気になるのは、自分でコントロールできないエアコンです。
これはちょっとウルサイ。。

 

 

さいごに

2泊で10,460円です。
普通のカプセルホテルより快適ですが、同フロアのお客に左右されるのは致し方ないところ。
安いのだから我慢しろ、ということです。

机はなかなか良し。
椅子との高さの相性がいいのか、楽にMacBookのタイピングできました。

荷物は、セキュリティーボックスに入らないものは、素直にフロントを使ったほうがいいでしょう。
盗まれたなんて、シャレになりません。

 

また使うか?

たぶん使いません。。

内装が新しくきれいなのは気に入りました。
ですが、ちょっとトイレに行くだけでもノートPCなど、セキュリティーボックスに入らないものは盗難リスクがあります。
歯を磨きに行くだけでも同じく。

 

編集後記

今日から3日間品川です。
夜は都会の税理士と会ったり、都会の受験生と会ったり。
Macでブログ書くときの話しで、誤情報を広めてしまいました。
弁解はまたいずれ。。

昨日の一日一新
  • 「キングダム」原作
  • 「ドラゴンボール外伝 転生したらヤムチャだった件」
  • Echo Dotの招待リクエスト(一番安いヤツでOKです。)