カプセルホテルを選ぶ4つの理由。覚悟があれば悪くない。~熟睡はあきらめて~

節約

スポンサーリンク

カプセルホテルの記事、意外と読んでいただいております。

割とデメリットを並べてしまった前回。
今回は、良いところにスポットを当てて参ります。
٩( ”ω” )و

タナカ
山梨県で税理士やってるタナカです。
「覚悟」につきましては、前回記事をご覧いただければと。

 

前回【カプセルホテル初心者向け】カプセルに初めて宿泊する人が知っておいた方がいいこと

 

 

1.とにかく安い!

安いですね。
ホントに。
ええ。以上ですよ(笑)

以下、ほそく。

中には、安めのビジネスホテル並みの宿泊料をとるカプホもあります。
カプセルが広かったり、モダンな雰囲気だったり、良いほうにイメージもちがうところですね。

利用者のマナーが気になるなら、ちょっと高めでも、コチラの方がいいのかなと。
うるさい人が少ない傾向にあるのかなぁと感じます。

 

テレビが壊れているなど、訳アリ値引きも

テレビが壊れているカプセルなど、何かしら難がある場合、安くなっています。

風呂入って寝るだけ。
であれば、テレビなんて不要です。

大人向けチャンネルなども見れなくなりますが。。
早送りできませんし、時間もったいないから見なくて良し!

すぐ寝よう!٩( ”ω” )و

 

 

2.大浴場ズキは「ビジホ」より「カプホ」

カプセルホテルと言えば、風呂が広い。
大浴場ですね。
ビジネスホテルのような、ユニットバス的な、狭い風呂はありません。

図体でかめだと(わたしもですが)、ユニットバスでは肩まで湯船につかれず。。
無理して肩まで沈めると、ヒザから先が出るとかですね。
(;´Д`A “`

お湯をためるのも面倒だったり。
つかる派には、サッパリ感もイマイチだったり。

大浴場を選ぶポイントとするなら、カプセルホテルという選択肢もアリではないでしょうか。

 

 

3.長居は無用なら、くつろげる環境じゃないのが逆に利点

高いホテル(居心地いいホテル)に泊まるなら、長居したくなりませんか?
チェックイン遅め/チェックアウト早め では、もったいない気分になります。

しかし、対極の存在であるカプセルホテルなら、一刻も早く帰りたくなります。
(^_^;)

スケジュールが詰まっているなど、外での予定おおめなら、ゆっくりしたくないことが利点になるのであります。

無理やり書いていないか?
と勘繰られそうですが。。
(;´Д`A “`

宿の滞在時間が短いなら、考えてもいい選択肢です。

 

 

4.電波(Wi-Fi)が具合よすぎる

ビジネスホテルだと「電波ダメ過ぎ。。」なんて聞くところもありますが。
カプセルの電波は、良好なところが多いです。

節約したくてカプセルを選ぶのは、若い年代の人も多いですからね。
(おじさん世代も多い。)
スマホのギガが節約できるのは嬉しいことです。

カプセルという構造上、人口密度高めになるので、電波の範囲が狭くて済むからでしょうか。
ま、とにかく、良いことです。

 

以上、カプホの良いとこ、4点でございました。
おっしまーい!٩( ”ω” )و

編集後記

ひさびさ、今夜はネットセミナー。
月末も、これまた久しぶりの都内のセミナーへ出かけます。
ガッツリ学んで、種まいて。
2年後くらいに芽が出るよう、動いていきたいなと。

昨日の一日一新
  • 雑誌「WD」(Web Designing)
  • 某所にAmazonカード連携