デブの悲哀5選。(プラス、しょいこまないサバイバル術)

失敗

スポンサーリンク

 

太るとメンドクサイ。

人の目がメンドクサイ。
動けなくてメンドクサイ。
服がきつくてメンドクサイ。

人間じゃないような気がしてくる。。

悲哀をつづってみました。

タナカ
山梨県で税理士やってるタナカです。
人の目って残酷です。。

 

 

1.太った? のイジり

太った=自己管理の失敗 である。

人は他人の失敗が大好きだ。
だからイジりたくなる。

久々の再会であればあるほど、変化のインパクトは絶大である。
(下の祝賀会は4か月半ほどしか間がないが。)

こちらとしては「久々」だからこそ話したいことが山ほどある。
でも「太った」に食われる。
出鼻をくじかれる。

だから太ってはいけない。
仕事の都合上太る必要がある場合を除いて、人は太ってはいけない。

 

合格祝賀会で「すげー太った!www」

2016年の12月。
水道橋の資格のO原、合格祝賀会。
8月の税理士試験前までお世話になった講師に声をかけた。

そやつはベロベロに出来上がっており、
「タナカさんすげー太った!」
のエンドレス。

ダメだこいつ。。
殴ってやろうかと思ったが(←ウソですよ)
「話しは出来ねえ」と、ため息付きながらその場を去った。

とは言え。
腹がたっても、これぞ第三者の目。
外からの見え方、冷静に知っておく必要はあると考える。

 

 

2.ズボンのベルトから上が裏返る

サラリーマンの夏のスタイル。
ワイシャツINのスラックスである。
これがなかなか、ミットモナイ。

ベルトの上に乗る肉である。
乗った肉に押され、スラックスの上がわのスソが裏返る。

実は消防団の活動服も同様だ。
上着をINするからね。

 

 

3.う○こ座りがシンドイ

大人になれば滅多することがない座り方。

レア活動なレアケースで申し訳ないが、消防団でたまに強要される。

これがシンドイのは、デブである。

 

 

4.上から目線の「体重落とすとラクですよ」

マッサージに行くたび言われた。
「わーっとるわい!」
と言いたくなったものである。

実際そのとおりだ。
本当のことだから、言われて悔しいんだ。

 

 

5.ラーメン二郎が悪者にされる

実際カロリーはヤバイ。
店舗にもよるが、通常盛りで2000キロカロリーは下らないだろう。

確かにジロリアンと呼ばれる人種には、新弟子を超える体格の方がいる。
一方で、激ボソガリガリ丸 な人もいるのだ。

これは一体どういうことか。
つまりは自己管理だ。
二郎一杯食ったら3日は修行僧。

あるいは体質だ。
(元も子もないが…)

そして、二郎を食っていても太っていなければ。
「スゴイね」の意味が変わる。

 

 

オマケ)オレ悪くねぇもん!系

自分の体型(管理)は自分にしかできない。
イイワケはやめよう。

  • 年齢のせいだ
  • 昔スポーツマンだったから食っちゃうんだ
  • 残業のせいでメシが遅くなるんだ
  • ヨメさんがメチャ食わすんだ
  • スポクラのスタッフが指導できないんだ

こんなイイワケ、ダメ。
と言いたいところだが、全部外のせいにしておけば、ストレスはたまらないのかも知れない。

しょいこまないサバイバル術。

 

編集後記

来週はもっと暑い
とか言っているようですが。。
愛知県のクーラー無し学校の件、悲しいです。
真夏真っ昼間の消防団の大会、副団長さまに直訴しました。
が、全下っ端の意見をまとめてから言ってこいと一蹴。
古いしきたりの打破は、人の命をもってしないとダメなのでしょうか。

昨日の1日ひとつ
  • マンゴーマシュマロ
  • Optimize Database after Deleting Revisions(WPプラグイン)
  • あずき胡麻豆腐