ハチワレMicrosoftキーボード。タッチタイパーなら気持ちよく打てる。

アイテム

スポンサーリンク

 

タッチタイパーの皆さん、こんにちは!
タッチタイピングに非常にしっくりくるキーボードの紹介です。

真ん中が割れているだけで、スゴく打ちやすくなりますYO!

タナカ
山梨県で税理士やってるタナカです。
↓このキーボード。税理士試験の理論暗記のために買ったものです。
PC使った暗記が自分に合わないと気づき、5年ほど仕舞い込んでいました。

 

PC変わって机が広くなったので引っ張り出しました。
少々デカいキーボードです。

 

 

ハチワレキーボード5KV-00006

最近引っ張り出して使っております、↓このMicrosoftキーボード。

特徴をあげます。

  • 肩が開く姿勢で使える
    →たぶん猫背になりにくい
  • キーボードに指を置いているだけで気持ちいい
  • BackSpace・Enter・Deleteキーが押しにくい
  • ファンクションキーが押しにくい
  • Windowsボタンが左側にしかない
    (デカいキーボードは右にも欲しいです。)

なんでしょう。
デメリットのほうが多くなっちゃいました。。

アルファベットキーに関しては、普通のキーボードよりタッチの具合が良いです。
文字を打っている分には、ほぼほぼスムース。

デメリットについて、ちょいと深掘りしてみましょう。

 

 

キーが押しにくい問題

主に右はし。
そして上の横一列。
押しにくいッスねえ。

 

ファンクションキー押しにくい…

面積が小さいファンクションキー。
そしてEscキー。

実は小さいだけでなく、キーに重さもあります。
昔のノートPCのタッチパッド(の左クリック・右クリックボタン)のような感じ。

うーむ。。

 

BackSpace・Delete・Enter 押しにくっ!

↓キーボードの右端、ゴチャゴチャし過ぎなんですよ。。

 

 

Enterキーが押しづらいなんて、人生初の経験です。
なぜか。
Enterキーは、Enterキーの右側に何もないから押しやすいんですよね。

しかしこうもゴチャっとされると、Enterキーの場所が分かりにくい。

そしてDelete。
Enterキーの右上に隣接しています。
こんなのも他に無いッスよねえ。。

BackSpaceはちょっと慣れました。
Enterキーも慣れますが、タイプミスたまに有り。

 

何故そこにいる?(Insertキー問題)

で、実は。
一番問題あるのが「Insert」キーです。
これがDeleteキーの下にあるおかげで、ちょいちょい押しちゃう。

「人間工学」も良いんですけど。
確かに肩は楽なんですけど。。
タッチタイピングは速くなるのですけどね。

でも今どき誰も使わないキー(Insert)を、こんなところに置いちゃうなんてなー。。

そして方向キーは完全に目視しないとダメ。
タッチタイパー泣かせ。

 

 

 

オススメのハチワレは10キー付きモデル

↓形だけならコレ。有線なのが玉にキズですが。

10キーがイヤ。という方もいるでしょう。
デカさも。
でも使いやすさなら、間違いなくコレなんだよなぁ。

矢印キーまでタッチタイピングとなると、ちょっと離れてくれないと。

 

 

17年前に使っていたPS2タイプが秀逸だった

プレステ2じゃありません。
昔のマウス・キーボードの接続の規格です。
そのPS2タイプのハチワレを昔使っていました。

無線タイプを買いたくなったのも、過去の使い勝手の良さがあったからです。

その当時、↓こういうのも有りました。
(↓これは2016年発売のモデルですが。)

46,000円。
高価さは昔からずっと。
さすがにちょっと買えません。
ワタシには。
(たたずまいがプロゲーマー御用達のアケコンだ。。)

マイクロソフトよりも両腕を離して使えますし、絶対ラクですね。

 

まとめます。

キーの配置に難点あります。
それでも、タッチタイパーには使いやすいこと間違いナシのハチワレキーボード。

興味ある方はゼヒお試しを。

(ビックカメラなど、大型店なら試し打ちできるかも。)

 

 

おまけ「ハチワレ」とは

ところで「ハチワレ」とはコレ↓です。
覆面タイプの顔の模様。

うちの猫もハチワレです。
(写真はpixaboyの無料画像。)

ネコラブ。

 

編集後記

昨晩は市川三郷町の「神明の花火大会」。
昔は自宅2階から見えました。
2013年の雇われ時代、お客さんに「見に来ないか」とお誘い頂いたことを毎年思い出します。
税理士試験の受験でお断りせざるを得なかったことも。

昨日の1日ひとつ

  • Office2016引っ越し(失敗)
  • 「人生を諦める技術」講座