【税理士試験・相続税法】第66回Aランク予想で出題されなかったもの<TAC編>

税理士試験

スポンサーリンク

ひさびさ、本日は、税理士試験の相続税法でございます。

 

タナカ
山梨県で税理士として開業予定のタナカです。
税理士試験の相続税法の理論は、問われかたがけっこうワンパターンだったりします。
なので、大原やTACの予想も、昨年出なかったAランクが中心になりがち。
まぁおおむね、それで予想的中しているってことなのかもしれません。

 

 

 

第66回の出題理論

ここ数年と大きくちがったのが、「意義」を問われたことでした。
債務の意義ですね。

「納税地」について書かせたのも、なかなか目新しかったですよね。
(初学のかたは「知らんがな」ですよね。すみません。)

タナカ
ここ数年は、複合理論で、わたし的には理論ドクターがよく当たるイメージでした。
祝賀会で大原の講師に聞いてみたところ、「納税地は単独で十分予想できた」とのこと。
どのへんで予想できたのかは知りませんが(笑)

 

 

 

第66回のTAC予想はどうだった?

昨年の本試験、TACさんは外しまくり。
(相続税の期限内申告だけ当たり。)

なので、おそらくは、ほぼほぼ、
昨年の予想がそのまま、今年の予想にスライドされるのかなと思います。

タナカ
大原生がかなり有利でした。。
理論の出かたが変わった66回でしたが、今年からの試験委員は新任。
今までどおりの複合理論はもちろんおさえて、昨年のような意義を問う形式にも対応できる準備が必要ですね。

 

 

 

理論マスターのAランク

  • 相続時精算課税制度
  • 相続時精算課税に係る相続税の納付義務の承継等
  • 相続税の期限内申告(66回出題 当たり!)
  • 還付を受けるための申告及び還付
  • 延納
  • 物納の要件等
  • 物納申請の許可又は却下等
  • 連帯納付
  • 農地等の相続税の納税猶予及び免除

TACのランクですが、理サブに書きこんでいたので(^_^;)
理サブベースのタイトルになっています。

タナカ
国税徴収法のときの「通xx」、「徴○○」の表記は、しんどいのでご容赦を。。

 

 

 

理論ドクターのAランク

理論ドクターはちょいちょい使っていたので、ドクターの番号でいきます。

  • 2-5 相続人(包括受遺者)関係
  • 2-6 法定相続人関係
  • 4-1 相続時精算課税
  • 6-1 課税価格に参入すべき価額の関連規定

 

寂しいので、Bランクもいきましょう!٩( ”ω” )و

  • 1-1 生命保険契約関係
  • 2-1 配偶者関係
  • 4-2 相続税と暦年課税贈与税との関係
  • 5-1 公益の関連規定
  • 7-3 期限後申告・修正申告・更正の請求の特則
  • 9-1 事業承継に関連する規定

 

「債務控除」が含まれているところもありますが、予想としはハズレですね。。

ドクターの予想は全はずし。。(=_=)

 

 

 

TAC生は

できれば、大原の予想もおさえておきましょう!
٩( ”ω” )و

意義は、「小規模宅地等の特例」を!

 

 

 


更新ホントに今さらですが、やっぱり電子はいいですよ。元ネタ→「今さらですが電子と紙は使い分けがお得です」<2017.2.22更新>

更新年明け速習・リベンジのみなさん、試験まであと5.5か月です。元ネタ→【税理士試験】開講から1か月、1回目の答練はいかがでしたか<2017.2.22更新>


【編集後記】

今日の午前中、登録前(開業前)の調査、と言ったらいいんでしょうか。
税理士会の役員の先生がいらっしゃいました。

緊張で昨日からそわそわしていましたが(^_^;)
ようやく解放されて、ホッとしております。
(おかげで、部屋の片づけがはかどりました。)

夜は、21時半まで、消防団の救命救急講習。

なかなか濃い一日でした。

 

【昨日の一日一新】

法令ハンドブック(Androidアプリ)