ニガテを “半分、強い” に。山梨県中央市の税理士

防災訓練、参加しましたか?

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

スポンサーリンク

8月28日(日曜日)、私の住んでいる中央市、隣の甲府市など山梨県内各地で防災訓練がありました。

私は市の消防団員として参加しました。

 

市民主導は難しい、今のままでいい

中央市の防災訓練は、1次避難場所への集合、2次避難場所への集合を除いて、消防団員主導で行われています。

3、4年ほど前に 「防災訓練は消防団になるべく頼らずに行う」 という話しがありました。
しかし、現実的にはなかなか難しいようです。

ただ私は、防災訓練に関しては、消防団員の出番が多くても良いのではないかと思っています。

 

消防団の存在意義

消防団は任意のボランティア

消防団員はプライベートな時間を消防団の活動に費やすことになり、操法大会に向けた訓練期間になると体力的にもキツイです。

実際に台風や地震などで大きな被害が出ると、消防団員も被災し、自分や自分の家族を優先せざるを得ません。

そうなると、地域の住民の皆さんからしてみれば、何のために消防団はあるの? って話しです。

火災発生時

消防団の主な仕事は付近の交通整備です。

火災発生が減少している昨今では、消防士の方々が消火に当たり、消防団員が消火に当たることはまずありません。。

消防団のあり方も変化しなければいけないように思いますが、国内ほとんどの市町村で、火災が多かった時代から何も変わっていないと思います。

 

地域住民の皆さんのために活動できる場として、防災訓練は消防団員の立場からもありがたい場かもしれません。

 

まとめ

防災訓練のほかに、年に一度の地域の祭りの裏方もさせていただいています。

実際このように書き出してみると、行事を大事にしたい気持ちが出てきました。

市や自治体から活動のためのお金を頂きますし、恩返しとは違うかも知れませんが、お返しできるところでしたいと思いました。

 

【編集後記】
消防団員って本当に時間が取られます。
平均で8年ほど消防団員をつとめて退団となりますが、新しい団員を見つからなければ、いつまで経っても辞めることができません。
周りからのイメージも悪く持たれることが多いです。

操法大会の訓練を減らすなど、現実に応じて変化しないと団員も見つからないし、地域住民の理解も得られない。。
その変化のタイミングが来ているように思います。

【一日一新】
今月から楽天オークションの新規出品ができなくなりました。
ヤフープレミアムしかありませんね。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

4 − 2 =

Copyright© よってけし!山梨県中央市タナカジムショ , 2016 All Rights Reserved.