よってけし!山梨県中央市タナカジムショ

ニガテを “半分、強い” に。山梨県中央市の税理士

過去は気にしない。謝罪はいらない

time 2017/06/27

過去は気にしない。謝罪はいらない

スポンサーリンク

いつもは見向きもされない「消防団」の記事。
ここ数日は割と見てもらっています。

それはなぜか。。
「中央市消防団」で不祥事があったからです。

それを受けての謝罪記事、、、ではありません。
(わたし、何も知りませんし。ホントに。。)

もっと今を考えてみませんか、という記事です。

タナカ
山梨県で税理士やってるタナカです。
中央市も、中央市消防団も、「コメントなし」というのが現状です。
山梨日日新聞に掲載されたことがすべて… 団員一同、新聞記事を超えるものは聞かされていません。

 

 

謝ってもらって果たして何になるか

消防団のトップからの「事情説明」「謝罪」を求める団員がいます。
わたしは、興味なし…
(当の本人、すでに罰を受けています。)

3月まで“部長”だったため、わたしのことを“団長”と勘違いする近所の方がおられたようで、少し迷惑はこうむりましたが。

 

モチベーションの維持を人のせいにしない

「トップからの事情説明がないと士気に関わる」という話しも出ました。
気持ちは分からないでもありません。

でも、やる気を出すかどうかは自分次第。

「誰かに説明してもらわないと」「謝ってもらわないと」やる気が出ない。
それって、他人にコントロールされているのと一緒では?

タナカ
消防団、「頼まれたから入った」という人がほとんどです。わたしもそう。
でも、外に理由を求めて「やる」「やらない」と言うのは違う気がします。
悪いクセが付きますよ。。

 

人を責めたくなるのは不満を解消したいからかも

飲食店の店員に厳しく接する人とか、よく聞く話しです。
「お客さまは神さま」という考え方が日本に残っているせいか、立場が上なのをいいことに強気で出る人がいます。

消防団はボランティア精神的な面が強いです。
(ちょっとだけ報酬もらえますが。)

だからと言って、「士気が下がっちゃうよ」と噛み付くのはちょっと違うのかなって。

 

本音は「時間がもったいない」

と、カッコつけて書いてしまいましたが。。
本音を言いますと、時間がもったいないです。

トップからの「説明」「謝罪」がなぜ無い? と、中間管理職を責めてもね。。

その時間があれば、

  • 本が読めた
  • 早く寝られた
  • ブログが書けた

かなぁと。
(わたしの場合ですよ。)

何かやりたいことがあれば、他人ごとにかまっている場合ではないはずです。

 

 

「今指向」「目的志向」

謝罪が不要な世の中にしたいわけではありません。
「わたしは謝りません」なんてことは言いません。
迷惑をこうむったら謝ってほしいとも思います。

でも強要することはできませんし、今回のことについて謝罪されたところで、気が済むかどうかくらいの話し。。

「過ぎたこと」「他人の気持ちがからむこと」「自分ではどうにもならないこと」には時間(とパワー)を使わない。

“今” と “自分がしたいこと” が、一番大事じゃないかなと。
٩( ”ω” )و

 

 

執筆後記

昼寝して起きたら「Macbook Pro」が1万円も安くなっていました。。
初めてのネットショップだったので、慌てて ユーザ登録→ポチり。
楽しみです。

昨日の一日一新
  • ジットプラザ甲府
  • 税理士会の研修で本購入
サービスメニュー

書いている人

田中雅樹

田中雅樹

山梨県中央市の税理士・相続診断士。 ブログ毎日更新。 中央市商工会会員。 中央市消防団団員。 [詳細]

最近のコメント