「詳解!GoogleAppsScript完全入門」で時代についていこうと思う

プログラミング

スポンサーリンク

『詳解! GoogleAppsScript完全入門』、少しずつ読んでおります。

約20年前、大学で主に「C言語」を使っていたわたし。
今現在すっからかん。
どこまで行けるか、誰も感心ないでしょうが、(悔しいので)がんばります。

タナカ
山梨県で税理士やってるタナカです。
「詳解GAS完全入門」、著者の高橋さんに献本していただきました。
ありがとうございます。

 

プログラミングをまたやってみようと考えたワケ

2020年、プログラミング教育必修化

オリンピックイヤーである2020年、小学校でプログラミングの授業が始まります。

大学でバリバリ理系だったわたし。
習ったことは、ほぼ全部忘れたわたし。。
(理学部情報科学科、卒業して間もなく20年です。)

オリンピックのタイミングで、エンジニアでも何でもない人たちのところに、プログラミングがやってこようとしている。。

「パソコン一人一台当たりまえ」(←古い)の次は、「プログラミング当たりまえ」(なのか?)と感じておるところです。
予感が外れるタイプですが。。

 

始めた税理士ブロガーがちらほら

触れずにおきたい気持ちがありながら、触れないのは素直じゃありません。
プログラムを習う税理士の存在、気になっています。

本業にする考えはなく、お金になるイメージもわきません。
税理士なら、エンドユーザーとしての腕を磨けば十分に思えます。

それでも(プログラミングを)やってみようと思うのは、いずれどこかで繋がる可能性に期待してしまうからです。

 

 

どうせやるなら GoogleAppsScript だ!

第1章に、高橋さんはこう書いています。

GASはアプリケーションを操作する以外にも、HTMLやCSSを使って独自のWebアプリケーションを構築したり、API経由で外部サービス連携をしたりする機能も提供されています。
その可能性は無限といっても過言ではありません。

(『詳解! GoogleAppsScript完全入門』12ページより抜粋。)

“その可能性は無限といっても過言ではありません”。。
なんとも素晴らしい響きではないですか!

約2年後、可能性が「無限中の無限」である小学生が、プログラミング学習を開始します。

無限の可能性はない「オッサン中のオッサン」だって、簡単には負けられません。

 

 

第2章からのサンプルコードと解説。ど素人でもいける!

「から」とか書いておきながら、まだ第2章の途中です。
先週金曜(2017.12.22)に手もとに届いたというのに(遅い)。。

その「途中」の印象ではありますが、初心者でもなんとかできそうに、ていねいに書かれています。
パソコンに弱い方でも、何とかなるのではないかと。
(弱いと自覚する人ほど、転換点になるかも。)

オマケ中のオマケ

ところでわたし、Windows8.1という環境です。
本の内容とちょっと違うところがあったので、少数派「8.1」ユーザーの役に立てるかも知れない情報を。

一番はじめの「メッセージボックスにコメントを出す」サンプルコードを実行したところです。
↓「詳細」をクリックして、

↓安全マジメなコードですので、「GASメッセージボックス(安全ではないページ)に移動」をクリックします。

↓「許可」をクリックすると、

↓無事、サンプルコードが実行されました!

 

GASと仲良しになる旅はつづく

「書評」という位置づけで書きたかったのですが、プログラミングど素人レベルのわたしに、この「書」を「評」するのは難しく。。

内容の難易度ですが、第1章こそ「森」(全体像)の話しでやや難しいのですが、第2章(スクリプトエディタ)は平易な表現で分かりやすく書かれています。

とはいえ、技術書ですし、プログラマーでないわたしに“すべてカンタン”は有り得ないこと。
まだ序盤。
「ん?」と思っても、とにかく読みすすめようと決めました。

読みすすめて、手を動かして。
そうこうするうち、いずれ繋がる日がやってきそうな本です。

(後日また、途中経過書きます。)

 

編集後記

「いぬやしき」、Amazonビデオで見ております。
原作1巻・2巻を持っているのですが、未読のまま。
全力受験生していたからで、アニメ版が完結したら読みます。

昨日の一日一新
  • PJ連載一気読み(全30回)