相続診断士とは。その他「試験」「使命」など

相続対策

スポンサーリンク

先月後半から始めた相続診断士の勉強。
勉強に使用しているテキストは、そろそろ3回転し終わるところです。

試験日は今月23日。
あと二週間です。

タナカ
山梨県で税理士として開業予定のタナカです。
試験と名のつくものは、昨年8月以来。
相続診断士は合格率が高いだけに、また違った緊張感があります。

 

 

相続診断士とは

相続診断協会のサイトによると次のとおりです。

「相続」のことは、誰に相談しますか?「今まで、誰に相談したらいいのか、分からなかった。」相続診断士がお客様からよく聞く声です。相続診断士は、相続に関する広く多岐にわたる問題を理解し、一般の方への啓蒙活動を行います。 相続診断士とは、相続の基本的な知識を身につけ相続診断が出来る資格です。生前から相続問題や思いを残す大切さを伝えていき、お客様と一緒に相続と家族の問題に向き合っていきます。その中で、相続についてトラブルが発生しそうな場合には、できるだけ事前に税理士、司法書士、行政書士・弁護士などの専門家(パートナー事務所など)と一緒に、 問題の芽を早めに摘み取ります。相続を円滑に進める『笑顔相続の道先案内人』として社会的な役割を担います。

(一般社団法人相続診断協会サイトより)

とまぁ、こんな感じに書いてあります。

要約すると、こんな感じでしょうか。

  • エンディングノートのすすめ
  • 相続対策の紹介
  • 相続開始後の税理士などの紹介

個人的には、相続開始前から税理士を紹介してはどうかと思いますが。
(;^ω^)

しかし私が考えるもっと大事なことは、
「相続対策をなにかしないとなぁ」
と考えている方々に、相続診断士の存在をいかに早期に知ってもらうか。

ついでに税理士も敷居は低いよと、知ってもらうことが仕事でしょう。
(個人的には。笑)

 

プラス、こういう悩みを解決する

解決できると信じて、やっていくしかないでしょう。
٩( ”ω” )و

【相談をしたい側のなやみ】

税理士などに相談してみたいが、敷居が高い感じがして相談できない。

【士業側のなやみ】

「士」側からすると、申告期限まで時間がなかったり、争続(そうぞく)になってからなど、差し迫った状況になってから相談を受ける。

 

タナカ
そもそも「診断士」が「士」より敷居が低いと思ってもらえるのかどうか。
そこからすでに、少々の疑問はあるんですけどね(笑)

 

 

相続診断士試験

受験料が37,800円(税込み)と少々高いですが、受験対策のテキストとDVDが付いてきます。
それと、合格後2年間の登録料が込み。

 

テキストの中身

うすく広く、といった感じです。
税理士試験の受験勉強のおかげで、ずいぶん読みやすいです。

でも、成年後見制度(保佐人、補助人も)など、わたしには若干なじみ薄めの論点もあって、勉強になっています。

財産評価の解説はかなり薄め

たとえば、「取引相場のない株式」について。
類似業種基準方式、純資産価額方式という評価の方法があります。

それぞれの公式は掲載してありますが、解説が不足しすぎて使える内容ではありません。
(これだけの情報で算定できる人はいないでしょう。。)

と言ったところで、実はそもそも相続診断士が評価するのはNG。
一般的な相談レベルの話しはできても、相談者の会社の株を評価するのは税理士法に違反します。

なので、財産評価のページは不要な気がします。
(すみません、余談でした。)

 

DVDの中身

実はまだ見ていません(^_^;)

テキストの解説らしいので、見なくてもなんとかなるかなと…
それでも、試験までには一回は見ておこうとおもいます。

 

 

さいごに

試験を抜きにしてもホントに勉強になります。
まぁ、相続診断士のテキストに限ったことではないのですが。

同じようなことを書いた本でも、著者によって切り込みかたが違う。
(今さらですが。)

お金はかかりますし、実務向けの本は疲れますが…
(^_^;)

一生勉強の仕事を選んだ以上、同業の方々、そしてこれから仕事をさせていただく方々からも、学ばせていただきたいと思っております。

 

【編集後記】

アメトーークの「ビビり-1グランプリ」が大好きで、たった今も先月特番の回を見ていました。
3回目です(^_^;)
その3回目を見る前には、直前SPの「ビビり-1グランプリ」まとめの回を。。
病気です(;^ω^)

【昨日の一日一新】

黄金ゆずこしょう