フリーランスのメリットを忘れずに、他人と比べすぎないようにする

独立
cof

スポンサーリンク

昨日(2017.5.1)、横浜の税理士会館に行っていまいりました。
税理士の身分証明を受け取るための、「証票伝達式」の参加のためです。

今回のブログは、「独立したてのかた」、「不器用だけど独立を考えているかた」に読んでほしいかなぁと。

[speech_bubble type=”fb” subtype=”L1″ icon=”ORE.png” name=”タナカ”]山梨県中央市で税理士やってるタナカです。
伝達式の最中、外は雷雨。
かなりの雨足で、印象深い門出(?)となった気がしています。[/speech_bubble]

 

 

前日夜に刺激もらって、改めて考えた

前日は、「年齢は7つも下ですが税理士としては3年先輩のFさん」、「税理士試験受験生(合格間近)のGさん」とお酒を飲みに桜木町へ。

 

 

Fさんは所属税理士としてバリバリ、Gさんは大手税理士法人でバリバリ。

わたしはどうかと言えば、ノンビリ準備中です。
(;^ω^)

 

 

 

比べても仕方ない。刺激だけもらう

お二人のバリバリっぷりに、わたしはしばしポカーン。。
(;゚Д゚)

「自分もそうじゃなかったら悪いんじゃないか」という錯覚におちいりそうでした。
(というか、その場ではおちいりました。汗)

“背伸びする必要はない”なんて聞くこともありますが、背伸びする必要も時にはあるでしょう。
それとは別に、あがいても仕方ないことに悩んでも無意味です。

悩んでも意味ないし、消耗するだけですからね。
不確定な未来の不安と戦っても意味ナシです!
٩( ”ω” )و

 

 

初心を忘れずに

  • 始業・終業時刻が自分次第(会社などにしばられない)
  • 内勤の日はスエット、ジャージでもいい(スーツを毎日着なくていい)
  • いつでも昼寝(^_^;)
  • 平日昼に自由に動ける

わたしの場合、このあたりをメリットと感じて独立開業の道を選びました。
(あまりに度が過ぎるのは考えものですが、甲府の税理士会館にパーカー・ジーンズで足を運んだりも。。)

会計事務所の職員時代、早く帰る工夫は地味にやっていました。
さらに工夫して、仕事は減らさず週休4日を所長(税理士)にお願いするなどしましたが、事務所の都合でそうはいかなくもなります。
(3か月だけ週休4日でした。)

定時を超えて自分の時間を確保したかったら、独立するしかないでしょう。
もちろん、決まったお金をもらえなくなるのはリスクですが。

 

背伸びできる人はする、できなければ今できることから

「背伸び」も時には必要だと思っています。
たとえば、「やったことはない仕事だけれど、できそうなら受けてみる」とか。
やりきれれば、まちがいなく成長できるでしょう。
(もちろん、肝心のお客さんを最優先で考えたうえで。)

そのまえに、お金をもらうよりはるか以前の、地味な準備も少なからずあります。
わたしはとりあえずそこから。

せっかく独立したんですから、

  • 忙しく仕事をしていないとダメ
  • 給料が高くないとダメ
  • 大きな仕事をしていないとダメ

わたしにとって、これらの「ダメ」は幻想。
気のせいです٩( ”ω” )و

「こうなりたい」に近い人のスタイルは参考にする。
今現在ももちろん大事ですが、将来をにらんだ動きもする。

今だけで比べてしまうと苦しいだけです。。

 

 

証票伝達式、当日(2017.5.1)

この日、新たに東京地方税理士会で税理士登録となったのは8人。
わたしを含め、です。

山梨ではわたし一人だけでした。神奈川県内でも7人なんですから「そりゃそうか」ですね。

式については特になにもありません(笑)

書いたところで、税理士受験生が「へー」と思うだけ。
(ご自身の目で確認してもらいたいですし、税理士会によってけっこう違うみたいですので。)

なにより、日記は極力やめておきたいので。(短めに書きますけどね。)
(^_^;)

 

 

 

同期の同業者にあいさつできるチャンス

相模原市の会計士さんとあいさつさせていただきました。
独立・開業のかたで、名簿をみたときにあいさつしたかった方のお一人です。
(わたしはまだ名刺も作っておらず、もらうだけになってしまいました。LINE交換できればいいかと思っていたのが甘かった。。汗)

それにしても、みなさん終わったら帰るのが早くて。。
わたしの場合だと今回の伝達式ですが、同期の同業者とあいさつできる機会があったら、「早めに自分から」をおススメします。当たりまえですが名刺も用意しましょう。
(^_^;)

ところで、わたしより遅いのは弁護士さんだけで、ほとんどの方が入会金とテキスト代だけ支払ってお帰りに。
トイレ休憩のときに、ちょっと勇気を出しておけばよかったかなぁ。。

[speech_bubble type=”fb” subtype=”L1″ icon=”ORE.png” name=”タナカ”]わたしは入会金のほか、協同組合に加入金を支払ってきました。
それにしても皆さんドライ。。いろいろなお誘いに乗らず、帰っていかれました。[/speech_bubble]

 

ここでもあせりは感じた

ここで感じたあせりは、「こんなにやることありますか…」という焦りで。
昨晩とは種類がやや違います。
(^_^;)

そんなこともありまして、会場の会議室を出た後の営業関係はお断りで。。

今すぐの(直近1か月以内くらいの)必要はないが、やると今すぐお金がかかる。営業マンと会う必要がある。

こういったことは後まわしです。
(;´Д`A “`

 

 

すぐ独立するか、用意周到にするか

すぐ独立したほうがいいのか、じっくり力をたくわえてからするか。
議論が分かれるところ。

「独立してなにか成し遂げた」わけでないわたしには、何も言えません。
(;´Д`A “`

用意周到にやれれば、それが一番よさそうではあります。
ただ、今のわたしから見ても、「雇われていれば安全に独立準備できる」かというと疑問です。

  • 動ける時間が少ない分、スキマでどう動いていくか
  • 与えられて仕事をする環境からどうスイッチするか
  • そもそも、本当に準備できるのか

けっきょく、能動的にならないといけないのはどちらも同じです。

とりあえず飛び込んだ人は、

  • 飛びこまないとできない体験ができる。
  • 今この瞬間の時間は大事。でも、今この瞬間の他人の給料をモノサシにしない。

なぐさめかも知れませんが。

もちろん、飛びこんだ結果ダメだった人もいるでしょうが、その失敗が自分にも当てはまると決まったわけではありません。
ダメだったから雇われるほうに戻った。これが悪いこととも思いません。

さまざまな人が、さまざまな情報を発信します。でも決めるのは自分。
流されて決めるのは避けたいところです。

 

 

おまけ写真<ラーメン二郎に並ぶフリ>

一瞬並んで、すぐ離れました(笑)

 

執筆後記

だいぶ体力をつかった二日間でした。
伝達式では大量の紙類をもらい、その荷物だけで行動を制限されるほどの量。
「終わったらすぐ帰る」の予定で正解でした。

昨日の一日一新
  • 紀伊国屋書店横浜みなとみらい店
  • 東京地方税理士会横浜中央支部
  • バッヂと証票