【税理士試験】ライバル校の直前対策コースをどうするか など

税理士試験

スポンサーリンク

久しぶりの税理士講座についてです。

一年前の今ごろのわたしは、初めてTACの水道橋校へ足を運び、相続税法の直前対策を申し込みました。
国税徴収法は大炎上中だったので、TACの直前対策はナシ。
(^_^;)

結果論ですが、ムリしなくて良かったです。

[speech_bubble type=”fb” subtype=”L1″ icon=”ORE.png” name=”タナカ”]山梨県で税理士やってるタナカです。
願書の配布が始まって、税理士講座はいよいよ直前期。
あらためて気合が入る時期だと思いますが、欲張り過ぎないように、現状を冷静に見ることも大事です。[/speech_bubble]

 

 

「確認テスト」・「実力テスト」などの成績別進路

合格レベルにある人

ライバル校の直前期を受けましょう。
٩( ”ω” )و

前にも書きましたが、もうひとつ。
TACの「総合計算問題集<応用編>」をおススメします。
連休中に全部解ききれるといい感じですね。

 

合格レベルにない人

ライバル校は受講せず、いまの資格学校のテキストや問題集でがんばりましょう。

以上です…(;^ω^)

 

 

理論と計算、どちらかが苦手

計算がイマイチ

ゴールデンウィーク中、総合問題を解きまくりましょう!
キホン的には。٩( ”ω” )و

 

法人税法・相続税法

法人税法・相続税法は、個別の計算問題が大事ではないかと考える人がけっこういます。
でも、そうじゃないですね。。

この2科目は、わたし自身の経験の話しですが、総合問題を解かないと計算が得意にならないです。
とにかく総合に慣れないと、どれくらいのスピードで問題を解く必要があるかという感覚が育ちません。

総合を解く中で苦手な論点が見えてきたら、その部分を個別でつぶす。
そんな感じでいくのがいいと思います。
(時間がある人は、個別も片っ端からやってください。)

特に相続税法は、個別の財産評価問題集ばかりだと、「みなし相続」や「税額控除(贈与税の計算含む)」を解く機会が減ってしまいますし。。
あと「法定相続人・法定相続分」、「債務控除」も。

 

消費税法

消費税法も総合問題が大事です。

個別問題集をやるなら、次の三つですね。

  • 納税義務の有無の判定
  • 調整対象固定資産
  • 中間納付

計算が苦手過ぎてどうにもならない人は、中間納付から。
やり方さえ覚えれば、すぐに得点源です。

調整対象固定資産は、総合だけだとなかなか慣れません。
個別問題集で解く機会を増やして、総合では3つ出たら2つ、4つ出たら3つくらい、正答できるようにしたいですね。
٩( ”ω” )و

納税義務の有無の判定は、むずかしいものが出たら皆できないので、そこそこで。

前回【税理士試験・消費税法】立ち位置別、今後の過ごしかた

 

国税徴収法

配当計算がイマイチな人は、大原受講生だったら「完成テキスト」の例題が解けるように。
問題集はやらなくていいです。
٩( ”ω” )و

理論に時間かけて勉強する科目ですからね。

 

理論がイマイチ

「暗記から完全に逃げてこの時期になってしまった、しかし合格したい」という人には。。
わたしからのアドバイスはありません。
(^_^;)

簿記論以外、例外なく理論優先の学習スタイルでやってきたので、理論が追い込みがきくものなのか、正直わからないのです。
(;´Д`A “`

とは言え、あきらめたらそこで試合終了なのは確かです。

大原の受講生だったら、実力判定公開模擬試験(実判)の理論範囲表の理論をおさえて、実判にのぞむ。
それくらい出来ないようでは、合格をねらう資格はありません!
(法人・所得であっても、合格したいならやる。範囲が10題でもやる!)

それから、TAC受講生の皆さんに言いたいのは、講師が教えてくれるしぼった理論範囲は聞かない(見ない)こと!
次回の答練だけのためにラクをしても、本試験は待ってくれませんので。
(講師が受講生の足を引っぱっているとしか思えない。。)

 

ところで、消費税法は3月スタートなんていうクラスがありますし、国税徴収法は4月スタートなんてものがあります。
なので、「ぜんぜんあきらめる必要はない」という話しを。

消費税法

サボっていても、税理士講座(税理士試験)は待ってくれません。
大原は、5月の連休明けから実判スタートです。

3月スタート生はまだテキストやってます。
ここまでサボりがちで来てしまった人も、あきらめる必要はまったくナシ!

実判ですが、法人・所得に比べたら理論範囲はせまいですし、範囲を完全暗記して実判に挑むのは当然でしょう。
理解が足りなくて失点してもいいです。
理解は後からついてくるくらいのつもりでまずは暗記!
٩( ”ω” )و

計算は、難易度低めのものでいいので、総合を二日に1題は!
٩( ”ω” )و

 

国税徴収法

大原の実判は6月中旬からですね。
とりあえず配当計算はやらないで、理論に100%注力で!
理論の理解には「理論テキストの解説ページ」ですが、見なくてもいい解説ページもあるので、早めにひととおり見ておきましょう。

4月スタートの受講生は、まだまだ序盤の講義をやっています。
サボってきた人でもまだ間に合います。
もちろん、ここからの挽回はカンタンではないですけどね。
(当たりまえですね。4月スタートもカンタンではないですから。)

がんばりましょう。
٩( ”ω” )و

 

 

ライバル校の直前対策を受けるなら、通学か通信か

できれば通学!
わたしは通学を断然おススメします!
時間があって通学も可能であれば、答練の回だけ出席してみましょう!
٩( ”ω” )و

講師がちがう、まわりの受講生もちがう、完全アウェーな環境、悪くありません。

お金も時間もかかりますけどね。。
もう一年やりなおすより安い! と思って、わたしはやりました。
(相続だけですが。)

法人税法のライバル校直前対策は「資料通信」でやりましたが、理論問題までやる気になれず。。
(問題と模範解答とで、いちおう自分のモノにはしました。)

 

 

執筆後記

いろいろとやることがありますね。
「電子証明書」をもらわないと、来月16日の研修が受けられません。
間に合うのかなぁ…
(^_^;)

昨日の一日一新

本会会費と支部会費の支払い